スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14連勝される

北海道日本ハムファイターズとの松山2連戦の第1ラウンド、

0-2

8回裏降雨コールドで、スワローズが敗れました。

先発の館山が6回セギノールにツーランを浴びてしまい、これが決勝点となってしまいました。北海道日本ハムはこれで、

14連勝

この内のスワが3試合も貢献しているのは、凄く屈辱的です。

今日の試合について云うなら、序盤のチャンスを悉く潰したのが敗因でしょう。

明日の松山は、余り天気がよろしくないのですが、果たして開催できるのでしょうか?

→続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季、ナゴヤドームチケット概要

ナゴヤドームで行われる公式戦のチケット発売概要が、中日球団より発表がありました。

※ナゴヤドームは全席指定です。

内野S 5800円
内野A 4800円
内野B 3800円
レフト側外野応援 1800円(子供500円)
ビジター外野応援 1800円(子供500円)
パノラマA(内野) 2500円(子供500円)
パノラマB(外野) 1500円(子供500円)

ナゴヤドームでスワを応援したい方は、の太字で表示されている「ビジター外野応援」席をお求め下さい。それ以外の席では、スワファンはほとんど居ませんので、予めご了承下さい。

チケットぴあ、ローソンチケット取り扱い店舗にて発売されます。またインターネット(イープラス含む)、電話でも取り扱います。なお、昨年まで取り扱っていたCNプレイガイドは、今年より取り扱いませんので、ご注意下さい。なお、ナゴヤドーム前売り場のチケットは、チケットぴあの券と同一のモノとなっています。

※ビジター席の割り当てが変わりました。
昨年まで下段2ブロック+上段3ブロック分(計699席)が
今年から上段4ブロック分(計685席)のみになり、ビジター席数が若干減らされました。

ナゴヤドームでの東京ヤクルト戦
前売り開始日 3月3日(土)
3月30日(金) 18:00開始…早い段階で完売の可能性アリ
3月31日(土) 18:00開始…早い段階で完売の可能性アリ
4月*1日(日) 18:00開始

前売り開始日 4月14日(土)
5月15日(火) 18:00開始
5月16日(水) 18:00開始
5月17日(木) 18:00開始

前売り開始日 6月*9日(土)
7月16日(祝) 18:00開始
7月17日(火) 18:00開始
7月18日(水) 18:00開始

前売り開始日 7月28日(土)
9月*7日(金) 18:00開始
9月*8日(土) 15:00開始
9月*9日(日) 14:00開始

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ダルビッシュくんが

ダルビッシュ“言う”「うかれるな」
日刊スポーツ

北海道日本ハムのダルビッシュ有投手が、ウチの山田弘喜投手に一言述べたようです。

甲子園に出場し、実力も多くのファンが認めている斎藤佑樹(早大進学予定)、田中将大(東北楽天)の2投手に対しては、心配そうに語っているも、話題先行気味の山田弘に対して、

「何で『歌舞伎町』なんですかね」
「リタイアして(おいて)『明日、投げられます』って、ないでしょ」

と厳しいコメントを寄せました。

ルーキー時に飲酒の他、某週刊誌にパチンコまで発覚され、バッシングを受けてのことなんでしょうが、そこまでの実績がない(スワファン以外には無名に近い)山田弘にとって、ダルビッシュに名前を覚えてもらったことは収穫だと思います。むしろ、してやったりと思っているかも知れません。

ただ、この話

記事にするほどのことですかね?

山田弘喜、キャンプは二軍スタートとなってます。戸田での自主トレを見ていた限り、体力面は勿論のこと、プロとしての心構えもまだな感じがしますが、今の段階で話題を提供してくれているのは、良いことなので、早く芽が出て、実力でも話題になって欲しいですね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

あけましておめでとうございます。

新年、あけましておめでとうございます。

東京ヤクルトは、今オフ主力選手の流出など、今年はさらに厳しい環境になりましたが、

今年こそスワローズを是が非でも

セリーグ優勝

クライマックスシリーズ制覇

日本一

そして

アジア一

にさせるべく、ファンも熱い応援と後押しをしていきましょう。

どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ザ・ベストハウス123、2006年のスワローズ編

過日、観戦結果の所で、印象に残った試合を触れてますが、その中で更に絞ると結果、これだ。

第3位
3月31日の対阪神戦。

古田スワローズとして、真のスタートとなった試合。2年連続石川と井川の開幕投手を務め、ラミレスの先制、投げては石川の好投で、見事2年連続井川から開幕戦勝利。

第2位
5月14日、スカイマークでのオリックス戦。

オープン戦では2度参戦も公式戦では初。日本一だと思う球場で存分に応援し、試合も快勝。松井投手がプロ初勝利を挙げる。敵地でのプロ初勝利を見るのは、ナゴドの石堂以来。また、前日の夜も新世界等で盛り上がりました。来年、クライマックスシリーズで行くことになるかどうか?

第1位
8月26日、27日の道東(釧路、帯広)シリーズ。

道東は初めてで、時期も8月末で夏がほぼ終わっていると実感。試合以外では帯広までのドライブ(日が沈む光景と地面が一気に冷え蒸気が発生していた所に感動)と夜の食事でした。釧路より帯広の方が滞在時間が長かったので、金曜日から行っていればと今になって後悔。また、帰りの飛行機はスワとカープ選手が呉越同舟。座席待遇も若干違ってました。

基本的に、試合以外でどこまで思い出に残るかですよね。そうなると、普段通っている神宮等の関東圏より、なかなか行けない地方の方が(旅行気分も重なり)印象に残りますね。。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。