スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋のベタなもの

20070331153539
装いを新たにした、ナナちゃん人形です。昨年10月に名古屋に訪れた際は、改装のため、取り外されてました。
スポンサーサイト

テーマ : 携帯より
ジャンル : モブログ

名古屋に向けて

20070331122045
出発します。

今朝、東京ドーム(5月4日からの3連戦前売り日)に寄っていたので、東京駅からの出発です。

この時期は、青春18きっぷが使えますが、今回はこちらを使います。18きっぷより楽といえば楽です。

テーマ : 携帯より
ジャンル : モブログ

開幕戦

先週のパリーグに続き、今日からセリーグも開幕しました。我が東京ヤクルトスワローズは、ナゴヤドームで中日ドラゴンズと対戦しました。

1-2でリードされていた8回表2死3塁から、リグスのセンターバックスクリーンへの

逆転2ラン

が飛び出た時は、「よし、この試合もらった!」と喜んだんですけどね…。

8回裏から登板の木田優夫が、2死無走者から2本の二塁打で同点にされ、佐藤賢、花田真人も中日打線を止めきれず、結局、

3-7

で敗れました。開幕戦黒星は、2003年以来4年ぶりの事です。

先発の石井一久は7回を投げ、不運なタイムリー2塁打の2失点のみと好内容だっただけに、勝ち星を付けさせて欲しかったですね。

長いシーズン、「今日のような負け方」もあるでしょうけど、「今日のような負け方」を減らさないと、優勝など出来ません。今日のような負け方は今日限りにして欲しいです。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

いよいよ、明日開幕

パリーグ開幕から遅れること6日、いよいよセリーグも

明日開幕

します。

開幕相手は、昨年のセリーグ覇者

中日ドラゴンズ

場所は、神宮ではなく

ナゴヤドーム

です。ファンの数は少ないですけど、ドラファンに負けない声援を送って貰えると思います。

金曜日の明日は参戦できませんが、土日ナゴヤドームへ

遠征

してきます。ナゴヤドームは昨年の10月14日以来となります。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

開幕一軍登録選手発表

本日、日本野球機構(NPB)より公示されました。

【投手】 12名
11 遠藤政隆
13 佐藤賢
16 石井一久
18 藤井秀悟
19 石川雅規
22 高津臣吾
24 花田真人
25 館山昌平
29 セス・グライシンガー
41 高井雄平
42 木田優夫
52 伊藤秀範

【捕手】 3名
27 古田敦也
37 福川将和
51 米野智人

【内野手】 6名
*2 アダム・リグス
*4 度会博文
*6 宮本慎也
*7 田中浩康
33 畠山和洋
39 梶本勇介

【外野手】 7名
*0 志田宗大
*3 アレックス・ラミレス
*5 アーロン・ガイエル
23 青木宣親
31 真中満
43 宮出隆自
46 飯原誉士

投手については、増渕、松井が漏れ、代わりに伊藤を登録してきました。増渕については、神宮でプロ初先発する予定で開幕には登録してこなかったものと思われますが、松井も該当するのでしょうか?この辺りは分かりません。

開幕投手ですが、石川の線もありましたが、今日イースタンチャレンジマッチで3イニング投げているので、石井一でほぼ確実となりました。

野手については、3月26日付の更新記事通りの登録メンバーでした。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

グッズ売り場



2007シーズンインまで、あと3日! 神宮球場も内野の車椅子席改装や球場案内図、各売店のメニューが見やすくなるなど、ファンのみなさんをお迎えする準備が着々と整っております。

そんな中、オフィシャルグッズショップは球場内で外野の売り場改装、球場外でも球場正面入口だけでなく外野入口に新装オープンしました。

スワローズの元選手でオフィシャルグッズショップの店員・三上真司さんは「外野のショップも大きく、キレイにリニューアルされました。また、開門前にグッズを買いたい、試合は見ないけどグッズだけ買いに来たという方のために、球場外の外野方面にも新しくショップが誕生しました。店員も今年から帽子、ユニフォームを着用して、お客さんには“球場に来た”という雰囲気を味わってもらえるように変わっています。商品も増えてますし、これからも飽きない商品を作っていきたいと考えています。ファンのみなさんのご来店を心よりお待ちしております!」と話していました。

神宮球場の開幕は3日の阪神戦(18:20試合開始)です。神宮球場での応援はもちろん、グッズショップへもぜひ足をお運びください!!
(公式ページより)



すでに、オープン戦から球場へ来ていた方はご存じかと思いますが、グッズ売り場が外野の方にも拡充しました。おまけにテントが付いているので、開門前に雨が降っていても、濡れずに済みます。

後は、商売の基本

品切れを起こさない

ように、常に商品補充と注文を怠らないで欲しいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

開幕一軍ベンチ入り予想

昨日でオープン戦を終え、今年の開幕一軍ベンチ入りメンバーも見えて参りました。昨日の京セラドームに居た選手達が、ほぼ開幕一軍ではないかと思います。

投手
11 遠藤政隆
13 佐藤賢
16 石井一久
18 藤井秀悟
19 石川雅規
22 高津臣吾
24 花田真人
25 館山昌平
29 セス・グライシンガー
42 木田優夫
44 松井光介
63 増渕竜義

捕手
27 古田敦也
37 福川将和
51 米野智人

内野手
*2 アダム・リグス
*4 度会博文
*6 宮本慎也
*7 田中浩康
33 畠山和洋
39 梶本勇介

外野手
*0 志田宗大
*3 アレックス・ラミレス
*5 アーロン・ガイエル
23 青木宣親
31 真中満
43 宮出隆自(ファースト・サード兼用)
46 飯原誉士(ショート兼用)

投手については、ほぼ間違いないと思います。この中から登板予定のない先発3投手がベンチ入りしないものと見ております。

今の所、今年の先発は石井一、藤井、石川、グライシンガー、増渕の5投手だけなんですが、今年の日程は原則6連戦なので、先発は6人居た方が、戦いやすいと見ていますが、石井一がメジャー流の中4日を希望しているそうで、そこである程度カバーするようです。

捕手もこれで確定でしょう。古田「捕手」がどの位出場するのかどうかでしょうかね。個人的には衣川に期待していたのですが、打撃の方で結果を残すことができませんでした。当面はファームで、川本と争う形になるでしょう。

内野手については、リグス、度会、宮本、田中浩は確定、昨日の京セラドームにいた梶本か川端のどちらかが一軍から漏れるかと見ています。畠山については、たぶん開幕一軍でしょうが、開幕してからの数試合で結果を残し、常時一軍に残って欲しいですね。今年は何が何でも打撃で結果を残さないといけません。岩村の抜けたサードは、度会と宮出の併用になると見ています。

選手会長の城石については、開幕時は二軍で、当面は若手3選手で競わせ、脱落した選手に代わって、一軍へ合流するものと見ております。三木については、イースタン開幕戦で足のケガをしたようで、こちらも当面一軍はないでしょうね。

外野手については、昨日の京セラにいた外野手全員、開幕一軍入りとなるでしょう。ラミレス、青木、ガイエルが開幕スタメン、真中は代打起用中心、志田はラミまたはガイエルへの代走・守備固めでの起用が予想されます。

さて、飯原です。打撃・走塁面で結果を残し、ショート守備も予想以上にこなし、何処かでスタメン起用したくなるような選手になりました。当面は、志田とほぼ同じような起用(肩は良くても、守備の安定性は志田の方が上か)になるでしょうが、シーズン中、例えば中盤以降大差が付いた場面でのショート起用も視野に入れますし、宮本を休ませる為、20~30試合程度のスタメンショートもあり得るでしょう。どちらかというと、外野よりショートの方がチャンスある気がします。交流戦以外で外野スタメンを獲るには、ラミレス、ガイエル、宮出よりも打撃で勝るものを首脳陣にアピールする必要がありますしね。それから、一部ファンがサード起用して欲しい旨の事を触れてますが、キャンプと試合前の練習、オープン戦を見た限り、サードでの起用は考えてないと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

オープン戦〆を飾る

20070325164334


今日がオープン戦の最終戦、結果は

10-1

快勝でした。3回の8点で、ほぼ勝負ありました。

先発の高卒ルーキー、

増渕竜義

が5回被安打4与四球1無失点の内容で阪神打線を抑えました。被安打4本の内、二塁打が3本と長打を打たれていたのですが、その後落ち着いた投球で走者を先の塁へ進ませません。また、バントを一つ決め、バットでもチームに貢献しました。

ファンの思っていた以上の結果を残したので、

開幕一軍

しかも

先発ローテ

に入る事になりそうです。後は、1年間フルシーズン働けるかどうかとなりますが、そこは高校生のルーキー、過剰な期待をせず、じっくり見守って行きたいですね。

2番手の高井は、1失点。4年先輩のドラ1として、負けるわけにはいきません。今日の結果で開幕1軍はどうなるのか、注目です。

3番手の木田、4番手の館山は、オープン戦最終登板でキッチリ仕上げてきました。いつでも開幕OKと云った感じです。5番手の松井もまずまず内容で、恐らく開幕1軍になるでしょう。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

新世界と「GORO'S BAR」

20070324205714


試合後、その足で新世界へ。新世界は、通天閣やジャンジャン横丁が名物となっている大阪文化の濃い歓楽街で、私のような遠方客も訪れる観光地ともいえる場所です。写真は、近年乱立状態になりつつある「串焼き」店、その「串焼き」です。基本的には、2時間程度3000円以内で収まる、非常にリーズナブルな値段で楽しめます。

20070324205713


TBS系の深夜に放送されている、「GORO'S BAR」の出演者陣も訪れた事がある店で食べてました。また、地元MBSの「魔法のレストラン」、関テレの各ステッカーも貼られてましたね。

ところでこの写真、どこかが間違ってます。それがどこか気付きましたか?

テーマ : 外出先から
ジャンル : モブログ

完封シャットアウト

20070324161949


2-0

ここまでオープン戦8連勝中だった阪神相手に、勝ちました。

試合の方は、初回青木が先発下柳の初球をジャストミート、ライトスタンドへ叩き込み先制、7回にも青木が犠牲フライで追加点。

投げては、

石井一久

遠藤政隆

セス・グライシンガー

高津臣吾

4投手が阪神打線を抑え、見事な完封勝利でした。三者凡退が少なく、走者を背負う場面が多かったのですが、要所を締めました。

ここまで良い所ばかりクローズアップしましたが、課題も勿論あります。4回表無死満塁から

度会 三ゴロ
宮本 二飛
米野 遊ゴロ

と下柳から追加点を取れなかった所です。確かに、無死満塁から点が入らないパターンはよくある事ですが、チャンスを無駄なく活かす為にも、ここは最低でも1点は欲しかったですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今夜から

20070323223235


これに乗って、大阪へ行って来ます。目当ては、甲子園で春のセンバツ高校野球ではなく、

京セラドーム大阪

で阪神との

オープン戦遠征

です。土日とも観戦します。

今年の場合、甲子園の試合が夏休み最後の週以外平日ばかり、6月のオリックスとの交流戦は、週末ながら京セラドーム2連戦では魅力が薄く(昨年のようにスカイマークが1試合でも組まれていたら十分に考える余地あり)、さらに土曜日の試合は、NHK総合でも中継があるので、なおの事です。それなら前の週の松山、翌々週の秋田の方に予算を回したい気持ちです。

ということで、今年関西へ行けそうなのが、現時点で今週だけなので、行くことにした次第です。昨年の名古屋遠征と同じパターンですね。

テーマ : 携帯より
ジャンル : モブログ

今日の宇都宮

0-2

試合時間2時間5分と非常に早い展開であっさりと敗れました。

先発した石川は7回を2失点、その2失点も守備の連携ミスが引き金のものだったので、内容は充分なものだったと思います。石井一の足のケガ具合にもよりますが、

3年連続の開幕投手の可能性


も出てきました。石川自身も「いつも5回か6回辺りで捕まってしまうので、それを解消したい」旨のコメントを出しているので、この登板でようやく結果を見せてくれました。

一方の打線、先発の木佐貫の前に3安打に抑えこまれ、計4安打。その内青木だけで3本では繋がりようがありませんね。ここに来て打線の爆発力が落ちてきているので、公式戦までに戻るようにしないといけませんね。打線は水物ですから、仕方ない部分もありますけど、故障上がりの木佐貫をきっちり攻略して欲しかったなと云う気持ちです。

オープン戦も残り2試合、週末に開幕2カード目にあたる阪神と京セラドームで行います。公式戦に向けての総仕上げの意味も込めて、キチンとした試合運びで相手から今年のスワローズは侮れないものを思わせて欲しいと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日の読売とのオープン戦

2-4

残念ながら、敗れました。

2点先制され、同点にまで追いつきますが、そこから勝ち越せず、再度勝ち越しを許す結果でした。

打線の方ですが、初回無死1・2塁からのリグスのライトフライ、2塁宮本、1塁青木両者スタートを切っていたので、ランナーが進めず仕舞いで、4番ラミレスの併殺という攻撃としてはお粗末なケース、2-2の同点で迎えた6回裏、2死満塁でチャンスを活かせずなど、得点は、

ガイエル

田中浩康


のソロ2本のみと効率の良い取り方ではありませんでした。

先発した藤井は、3回に小笠原の2点タイムリーツーベース、7回2死ランナー無しから代打矢野への四球から、高橋由と谷、小笠原の連打で2点勝ち越されてしまいます。

7回を4失点

私的には7回をキチンと抑えて、打席の回る7回裏以降は、2番手投手に任せる公式戦さながら結果が見たかったのですが、一応、何故打たれたのかを自分で分かっているようなので、そこを修正して、次回登板以降はこの様なところでの踏ん張る投球を見せて欲しいと思います。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

育成選手の

伊藤秀範投手

がやりました。今日の中日とのオープン戦、

5回を被安打2奪三振3与四球3失点1

という好内容の投球を見せてくれました。数字を見ると、ややフォアボールが多いかなと思いますが、一軍合流で即先発、なおかつ昨年のセリーグ覇者の中日で、今季のベストメンバー相手のものですから、価値は大きいと思います。この結果を受けて、育成選手から支配下選手登録へ昇格することになりそうです。




好投で支配下選手登録へ ヤクルト育成選手の伊藤

 ヤクルトの背番号105が度胸あふれるプレートさばきを披露した。育成選手の伊藤(四国アイランドリーグ・香川)が、昨季リーグ王者の中日を相手に5回を3安打1失点。主力が並んだ打線をスライダーとシュートで揺さぶり、念願の支配下選手登録をつかんだ。
 「最初は緊張して浮足だっていたが、2回から無心で思い切って投げられた。いいコースに行っていた」と充実感を漂わせた。川島、ゴンザレスが故障で離脱し、先発の人材が不足。2軍での好成績が認められ、巡ってきたチャンスに見事に好結果で応えた。
 今季入団した24歳の右腕。四国アイランドリーグでは一昨年12勝で最多勝、昨年は11勝をマークし、香川の総合優勝に貢献した。昨秋、ヤクルトとの練習試合で登板した際、両コーナーを使った巧みな投球術が古田監督の目にとまり、育成ドラフトでの入団につながった。
 古田監督は「期待通りだった。中日のレギュラーにこれだけの投球をしてくれた」と喜び、その上で「彼にいいニュースを届けられるようにしたい」と断言。球団関係者によると、この日の好投で1軍の公式戦に出場できる支配下選手登録が決まった。
(共同通信社)




今夜、激励会があったそうですが(昨日の西武第二球場で試合後、マネージャーさんが言っているのを聞いていたので、知ってました)、その席では、「一日も早く、支配下選手になれるように頑張る」と述べたようですけど、その願いは、近日中にも叶うことになるでしょう。伊藤投手に吉報が届くのはまもなくです。

支配下選手になることが、まずは第一歩、そこから再び一軍定着に向けて、努力が必要です。環境が整っていない四国アイランドリーグ出身者のハングリーさに期待したいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日の高市俊

今日は、西武第二球場へ行ってました。先発は、高市でした。
詳細は下記の通りです。

1回裏 17球
柴田 1-1から二安(高市のグラブを弾く)
大崎 0-0から左飛(盗塁のサイン?)←後で相手コーチがお小言
黒田 2-3から四球(2-0からだったので、勿体なかった)
松坂 2-2から左適安
貝塚 0-1から黒田盗塁敢行も失敗

2回裏 18球
貝塚 2-1から二ゴロ
内田 2-3から四球(これが今日のポイントだったか)
原 1-2から左安
上本 0-0から右適安
星 0-2から遊併殺

3回裏 19球
柴田 0-1から中飛
大崎 1-0から左2安
黒田 1-2から左2適安
松坂 0-1から左飛
貝塚 1-1から左適安(ここは踏ん張り所だったが)
内田 2-3から見三振

4回裏 11球
原 2-2から左飛
上本 1-1から中飛(大塚、ダイビングキャッチ)
星 2-0から左飛

4回を65球被安打7与四球2奪三振1失点4という結果でした。

う~ん正直、この結果は満足できるものではありませんでしたね。球の出し入れで勝負する投手で、細かい制球がないといけないのに、ストライクとボールがハッキリしていた感じでしたね。

開幕一軍は、赤信号だろうなと見ておりますが、首脳陣がどう判断しますか、イースタンで数試合調整し、その結果如何で再度一軍昇格の判断をした方が現状良いのかなと思います。増渕があまりにも素晴らしく、高市も希望枠ルーキーの名に恥じない活躍をしてもらわないといけないので、ここからの浮上を期待したいと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

1対0

20070318153345


0-0のまま迎えた8回裏、

田中浩康

がライトスタンドポール際へ飛び込むソロホームランが飛び出し、そのまま逃げ切りました。

写真は、二次会の様子です。今年から何選手かオリジナルの応援歌が加わり、試合前と試合後に少し練習を行っています。開幕戦までに覚えましょう。

さて、試合の中身はというと、

スワは拙攻

オリは貧打

とどっちもどっちの展開でした。とはいえ、まだ日のある東京ヤクルトより、オープン戦最終戦がこの有様のオリックスの方が心配ですね。僅か2安打でしたからね。オリックスの開幕戦の相手が福岡ソフトバンク、昨日が川越、今日が吉井先発でしたので、この二人がヤフードームで登板するものと思われますが、打線が昨日のマリン、今日の神宮と低調ですから、かなり厳しい試合が予想され、コリンズ監督の采配が見物です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

新・つば九郎パペット

20070317115735


新グッズのカタログを見て、真っ先に欲しいと思ったのが、写真に写っている新ユニに生まれ変わった

つば九郎パペット

だったので、早速買いました。

今日は、11日のオープン戦が中止になったので、今年初めての

神宮初観戦

となりました。試合の方は、斉藤和巳の調子がよくない中(開幕に向けて不安の残る内容)、一時は逆転に成功したのですが、高津が2本のホームランを浴びるなどで再逆転され、

4-7

で敗れました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

川島、ゴンザレス戦線離脱…



★川島、開幕絶望

 ヤクルト・川島亮投手(25)が15日、右肩に違和感を訴え、開幕絶望となったことが分かった。古田監督は「正直いって開幕は苦しい」と話し、今後は二軍で再調整する。川島は13日のオリックスとのオープン戦(神宮)で登板(3回1失点)したが、14日に違和感を訴えたという。昨年5月にも右肩を痛め、戦列を離れており、近日中に精密検査を受ける予定だ。
(サンケイスポーツ)



昨日の一部スポーツ紙の速報で、報じられていましたが、公式ホームページにも戦線離脱と紹介されました。間違いない話のようです。

一般的に投手は、肘のケガより

肩のケガの方が厄介

と云われていて、手術しても完治は難しいとされています。ルーキー時に負傷した肩、プロ生活で悩まされているケガが、またも出てしまったのでしょう。スワファンには実力が認められている選手でもあり、非常に残念な話です。

こんな状況にもかかわらず、今夜、川島ブログが更新されました。ファンへ向けてキチンと報告出来る姿勢があるから、ファンも応援したくなるんですよね。今はじっくり療養してもらい、一日も早い回復を祈ります。

そして、もう一人の先発候補

ディッキー・ゴンザレス

も戦線を離脱してしまいました。詳細は分かりませんが、ファンレベルの話には、肘の不安が出たらしいと云われています。よくよく考えると、この投手も力はありながら、シーズン中、必ずどこかケガをするという、ケガに弱い投手でもありますからね。軽傷だと良いのですけどね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

どう見ましょうかね

今日から21日まで神宮でオープン戦が続きます。その第1弾、読売との試合は

6-6

引き分けでした。

2回までに5点リードされるも6回に追いつかれ、8回には逆転されるも、最終回に米野のオープン戦初ヒットが同点タイムリーで、引き分けに持ち込みました。

すんなり逆転負けされなかった所は、今後に繋がるとは思いますが、

素直に喜べない試合

かなと見ました。その理由としては、先発した石川が昨年同様、6回につかまるという内容からですかね。昨オフ、このことを憂慮した事を述べていたのですが、変わった所、成長した所をファンに首脳陣にアピールできなかったのが、残念でしたね。オープン戦からこの内容で、公式戦でも修正できるのか不安になります。次回登板は、今シーズンを占う正念場になりそうです。

打つ方も16安打も打ちながら6点止まり(後2点は取れるような攻撃が欲しい)、16三振と雑な攻めだったようです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日のオープン戦

(平日昼の試合なので、見に行ってません。)
横浜スタジアムで行われた横浜ベイスターズとのオープン戦、

11-0

快勝でした。

相手先発は、昨年までのクワトロKの一人、今年から先発転向の加藤武治でした。初回は三者連続三振だったものの、口火を開いたのは

畠山和洋

のツーランホームランで先制、

3回にも青木のソロで追加、圧巻は5回に真中のツーラン含む一挙6点を加え、試合をほぼ決めました。最終回には、ここまでオープン戦不振だった梶本にも本塁打が出るなど、一発攻勢で相手を圧倒しました。

投では、藤井、高津、木田、松井の4投手がランナーを出すも相手を盗塁失敗にさせたり、併殺で点を与えない見事な内容でした。ベイからすれば、今日の所は、「勝つ流れになかった」、そんな感じだったのではないでしょうかね。

さて、今年の正月、とあるベイファンの方が、

加藤の先発転向は失敗する

と言っていたのを思い出しました。2~3年前に先発で起用されたものの結果が出ず、結局中抑えに戻った過去の経緯を見ていて、今回の件にも疑問を出していたそうです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季初神宮オープン戦

日曜日が雨で中止となり、今日のオリックス戦から神宮でのオープン戦がスタートしました。流石に今日は見に行ってませんが、試合の方は、

6-1

見事、東京ヤクルトが勝利。

今日は投手を中心におきまして、
川島亮

が先発、

2番手に中日から移籍の
遠藤政隆

3番手に高校生ルーキー
増渕竜義


4番手に希望枠(この枠そのものが今、揺れに揺れてますが)ルーキー
高市俊

5番手に
花田真人

がそれぞれ登板し、持ち味を存分に出せたようです。

特に、高市の投球を見たのは、昨年秋の東都リーグ以来でした。映像で見た限り、大学時代と変わらない投球で、決して球が速くない(MAX133㎞)のですが、打者のタイミングを狂わせる絶妙な投球術で相手を抑えていたようですね。ただ、良かったときと比べると、マダマダだと思います。その辺りは、高市自身も分かっているようで、次回登板時に修正を期待したいです。

増渕について云えば、とりあえず、「いけるところまでいってみろ」という気持ちになります。今は良くても、シーズン通すとなると、まだ体力的に未知数な面が多いですからね。結果も出てますし、開幕一軍も本当にありえそうです。

遠藤は久々の登板、まずまずでした。話題を増渕に取られていて、ファンへのアピールがなかなかし辛い中、頑張ってます。

花田は、この様な展開の時は、安心してみられるので、普段通りだったのではないでしょうか?

川島は3回1失点、これから調子を上げてもらえれば良いでしょう。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ファンミーティング

東京ヤクルトスワローズ私設応援団と常連ファンによる

ツバメ軍団

主催のファンミーティングに参加させていただきました。

200703120015304


写真を見て、場所が分かった方は、「よく、ここを選んだな」と思うかも知れません。

200703120015302


今年は、4選手が追加、そしてユウイチが曲と歌詞が変更されることになりました。

20070312001530


2枚に分けましたが、新応援曲はガイエル、田中浩康、福川将和、飯原誉士の4選手です。トランペットも吹いてもらいました。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

昨日は

(正確に言うと一昨日の夜)、激震が走りました。それは、西武の

裏金問題

一言で言うなら、私も

やっぱりな

という思いでしたね。04年、現在東北楽天に在籍している一場靖弘(当時、明治大)投手への

「栄養費」という名の裏金

が行われ、これによって、読売、阪神、横浜の3球団のオーナーが辞任する騒動(古田PMが球界再編の表の英雄なら、一場は裏の英雄)が異例の事態が起こりました。

これを機に、裏金根絶を宣言をしたわけですが、結局今でも続いていた訳です。とはいえ、裏金は依然燻っていると言われ、よく特定の選手が「○○じゃないければ拒否、社会人」などと言ってますが、それは裏金をもらっているからでは?というファン・識者の声もありましたからね。その意見は間違っていなかった、そんな所ですかね。

すでに、昨年のドラフトで横浜が指名するも入団拒否した社会人投手は、その事実を認めましたし、一部報道で、現役早大選手の父親も受け取っていたこと(プロへの奨学金の一種と思っていたらしく、返還すると言ってます)そのものは事実のようです。

受け取った側も「裏金」と認識してなくても、第三者から見れば「それが裏金」と思うわけですから、安易なお金のやり取りはもらわない方が良いでしょうね。もちろん、家庭の問題のある所を突いて、裏金を続けていた西武球団の行動は、断じて許すわけにはいかず、今年のドラフト1位指名を不可にするなどの制裁措置は行うべきです。

この一件により、ドラフト制度改革は、選手会の主張である希望枠は廃止し、ウェーバー制が望ましいという流れがより加速させることになり、今度の球団側と選手会との会議は、この件で相当紛糾するでしょう。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

社長交代?

ネットサーフィン中の夜、こんなニュースが目にとまりました。





ヤクルトの多菊社長退任へ 後任に鈴木氏か

 ヤクルトの多菊善和球団社長が、3月中旬に開催される球団取締役会で退任する見通しであることが9日、分かった。後任にはヤクルト本社の鈴木正専務取締役の就任が有力視されている。
 多菊球団社長は田口周前社長の後任として、2001年3月に就任。同年、チームは4年ぶりのリーグ制覇と日本一を達成した。選手の米大リーグ挑戦にも寛大に対応し、ポスティングシステム(入札制度)により石井一久投手(現ヤクルト)や岩村明憲内野手(デビルレイズ)を米球界へ送り出した。
(共同通信)





以前から噂には上ってました、多菊氏の社長辞任が、とうとう現実的になりそうです。次期社長候補の鈴木正氏、本社の専務に就いてらっしゃる方だそうで、本社の社長に登ってもおかしくないと思われる方が、わざわざヤクルト本社の一子会社

(株)ヤクルト球団社長

に就任するのですからね。この事は同氏にとって名誉のことと受け取るのか、それとも…なのか、気になります。

まだ、正式に決まっていないので、これ以上は控えます。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

久しぶりのオープン戦

流石に今日は駆けつけてません。ネット動画で見てました。

スワローズは福岡へ乗り込み、ヤフードームでのオープン戦、2月25日以来のオープン戦となりました。結果は、

2-4

ホークス投手陣の前に、打線が僅か3安打と沈黙してしまいました。逆に言ってしまえば、3安打でも2点取れた事を評価しますね。散発ではなく、1イニング内で集中的に打つことの方が点を取るには重要だという事ですね。

結果については、練習試合という形で2日まで行っていましたので、実戦感覚が鈍っていることはなかったのですが、ホークスの方が連日試合を行っており、その辺りの差だったのかなと思います。

投手陣では、ルーキー投手が揃って好内容でした。

まずは、地元福岡出身の

西崎聡

1イニングを三者連続三振というオープン戦初登板としては、上々の内容でした。コントロールにややバラツキがあったように見えましたが、逆に良い意味での荒れ球と打者は思ったようで、各バッターが振り遅れてましたね。中継ぎで十分活躍してくれそうな気配を受けました。個人的には、増渕投手より内容を残してくれたなと思いましたね。

そして、7日に鷲宮高校を卒業したばかりの

増渕竜義

の速球が冴えてました。速球だけで相手打者を圧倒してました。前に打球が飛びませんでしたから、相当なキレと威力があったのでしょう。ただ、先頭打者に変化球を打たれていたので、変化球については、今日の所は余り良くなかったと見ています。次回は先発をやらせるらしいので、今後、力のある打者との対戦で、今の速球で通用できるのか、楽しみです。逆に打たれたら打たれたで、プロでやっていく為の良い勉強だと思って欲しいです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

教育リーグ始まる

すでに先週の土曜日から、他チームでは始まっていたのですが、スワローズは、7日からの開始となりました。

今日のロッテ浦和球場での千葉ロッテ戦、

6-3

と勝ちました。ただ、二軍のオープン戦ですから、勝敗については、一軍のオープン戦より大事ではありません。しかし、出場選手の成績と中身については、気になります。

そこで注目は、この日登板した希望枠ルーキー

高市俊

になりますね。2イニング投げたようです。

6回裏
神戸 空振り三振
新里 空振り三振
青松 見逃し三振

7回裏
角中 四球
藤井 中安
早坂 中直(トリプルプレー

と被安打1与四球1奪三振3失点0という内容でした。

最初のイニングはこれ以上ない結果でしたが、2イニング目は本人は「気持ちが抜けていた」と言ってますが、小川監督には、球が浮いていたように映ったようで、スタミナ面ではまだまだ本調子にないのかなという感じを受けましたね。

とはいえ、次回登板には更に調整出来てくると思われ、オープン戦終盤以降に一軍でテスト登板もあり得そうです。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

宜野湾キャンプ写真(4)

200703070022368


「ハマの番長」三浦大輔投手です。2枚ほど写しました。

200703070022366


地元のファンとの写真にも応じてます。

200703070022364


「ハマのおじさん」、工藤公康投手です。最終日と云うことで、地元のファンもサインを求め、長蛇の列。この日の夕方の飛行機で帰ることもあり、移動スケジュールの関係で「一人一枚まで」と声をかけてましたね。

200703070022362


読売から移籍してきた仁志敏久内野手、女性ファン(関係者?)とグランドで写真撮影を受けているところです。

20070307002236


テレビ東京のスタッフカー(レンタカー)です。どうやら、テレ東のスポーツ担当ディレクターは、東京ヤクルトと横浜、2球団を兼ねていたようです。予算の関係でしょうか?

→続きを読む

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

宜野湾キャンプ写真(3)

20070306233742


「ハマの主砲」村田修一内野手です。フリーでは、スタンド後方の網に直撃の打球を何本か打ってましたね。特有の右方向の打球の伸びもありました。

200703062337416


村田の出身高校4年後輩、吉村裕基内野手です。昨年規定打席不足ながら27本、スワの4番のラミ(昨年26本)よりホームランを打っているわけですから、更なる飛躍が期待されますよね。この日のフリーでは、村田の方が良かったように映りました。

200703062337414


ガニ股打法でお馴染み、種田仁内野手です。唯一、正面から撮影させていただきました。応じていただき、ありがとうございます。セカンドには仁志が加入し、セカンドのポジション争いが熾烈になりましたが、是非とも頑張って欲しいですね。個人的には好きな選手です。

200703062337412


キャンプを打ち上げた瞬間です。100名程度しか居ませんでしたが、拍手が起こりました。

20070306233741



その後、スタンドに向けて、ボール投げを行ったのですが、クルーンのボールを確保された方(たまたま、スタンド内で親しくしてもらった方でもある)に許しをもらって、撮影しました。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

宜野湾キャンプ写真(2)

200703060009546


新聞記者に取材を受けている昨年の希望枠投手、2年目の高宮和也投手です。昨年は2勝6敗とプロの壁に当たりましたが、今年はどうでしょう?前回のオープン戦では今ひとつの内容でした。1軍生き残りへまだまだ試練は続きます。

200703060009544


ブルペン投球を見ることが出来たのは、昨年の高校ドラ1、山口俊投手だけでした。球は速かったですけど、変化球が今ひとつ狙ったところには突けてませんでした。

200703060009542


地元のファンへ気軽にサインを応じている球界最速161㎞を出したマイク・クルーン投手です。最終日とあってか、終始リラックスの表情を見せてましたね。

20070306000954


10年ぶりにベイスターズ監督復帰となった大矢明彦監督です。野手陣の動きをジッと見てました。特定の選手への直々指導はなく、コーチに任せていましたね。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

宜野湾キャンプ写真(1)

浦添キャンプが休日の月曜日、横浜の宜野湾と中日の北谷へ行ってきました。まずは、宜野湾の方からです。

20070305230509


まずは、幟から。「チバリヨー」(頑張れ!)と沖縄の方言入りです。

200703052305082


日程表です。スワと違って、ガラス戸付きでした。

20070305230508


練習表です。この日が最終日とあって、午前中のみのメニューです。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。