スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルヘッダー

先日の記事通り、昼間は追浜にある横須賀スタジアムへ、試合後、その足で神宮へ向かいました。ちなみに、追浜から神宮まで1時間半くらいです。

20070430233530


先発は、

高市俊

前回は4回7失点だったそうですが、この日は、前回見た猫屋敷グッドウィルドームの時よりは、詰めの甘さがあったように見えましたが、8回を投げ、110球5安打11奪三振無四死球2失点(自責点1)という結果でした。球が速くないのを利用し、相手が打つ気に逸るところを上手く芯を外させてましたね。大学時代の投球に近かったです。この投球を続けていければ、必ず一軍から声が掛かると思います。

200704302335292


試合は、最終回に同点に追いつかれます。しかし、直後の10回に4点入り、裏は丸山貴が2点を取られたのですが、逃げ切りました。

印象的だったのは、10回の弥太郎の代打

山田裕司

が、タイムリースリーベースを打った所でしたね。前進守備だったので、野手の頭を越すだろうと思ってましたが、山田の足が速かったのもあり、スリーベースになりました。本職のピッチングでは、まだまだな面がありますが、この調子でピッチングの方でも才能を開花して欲しいですね。

20070430233529


一軍の方は…、コメントは特にありません。先発が仕事しないとこうなりますよという典型的試合でした。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

気持ちよい勝利!

この日は、昼間六大学野球があり、第2試合が斎藤佑樹登板とあって、神宮は非常に混雑していました。試合が終わったのも5時過ぎで、開門が5時20分頃でした。その間、銀杏並木を超え、伊藤忠商事近くまで列が並んでいた(後から来た人の話)との事です。

本来なら、銀杏並木を越えると国道246号線にぶつかるので、その時点で六大の試合中でも外野は開門させていますが、この日ばかりは、六大観戦のお客さんが大勢いたので、それが出来なかったようです。

28000人(主催者発表)、映像で見ましたが、スワ戦に負けず劣らず入ってましたね。プロ野球と違って、実数発表で行っていない六大学野球ですが、その発表もあながち間違っていませんね。

大学野球の方を見ていたわけではないので、実際観戦していた方のブログに任せるとして、私が観戦したスワ戦、試合の方は、

6-2

読売に連勝です。

200704300147016


まずは、松井光介投手から。先発は昨年5月14日(日)、スカイマークスタジアムでのオリックス戦以来(その試合も観戦してます)、ほぼ1年ぶりでしたが、その時よりも内容は良かったですね。強気のピッチング、内角外角四隅をキチンと投げていれば、読売打線といえども、そう簡単に打てません。2回の失点も、ガイエルの甲子園同様のエラー(ボールを正面で捕ろうとしてないからです)から端を発した不運なもので、失点もそのイニングだけでした。

今やレッドソックスへ行った松坂大輔が、尊敬しているだけの投球内容だったと思います。次回登板(5月5日の東京ドームか?)も期待してます。

ナイスピッチング、松井!

200704300147014


続いて、ラミレス選手。6回裏の逆転ツーランとなる一打は、値千金ものでした。ここ数年、4月はほとんど活躍できず、ファンをやきもきさせていましたが、今年は契約最終年(!?)とあってか、4月からエンジンが掛かってます。2003年には、ホームラン王と打点王の2冠にも輝いてますし、この調子を続けていければ、今年は再度狙えるかも知れません。

それから、日本に7年もいるので、ギャグをした後のヒーローインタビューの〆の言葉が流暢な日本語になってますね。

ナイスバッティング、ラミレス!

200704300147012


残り2枚は、スタンド風景を。

こちらは、宮本が前進守備をあざ笑う、ダメ押しタイムリースリーベースでの得点シーンでの傘振りです。盛り上がるライトスタンドと奥の方が盛り下がるレフトスタンド、両方を写してみました。

20070430014701


こちらは、代打宮出のタイムリーでのスタンド。貴重な追加点でした。その後、宮出は今季初ライトへ入り、ファンからの声援を受けてました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

連敗脱出

20070428212558


6-4

初回に先制されましたが、直後に、青木、ラミレス、城石のタイムリーで逆転に成功、2回にも宮本の好判断で1点追加、5回表までにソロ2本で1点差に追いつかれましたが、直後の

城石の1号ソロ

展開的に1点差に追い上げられて、嫌な雰囲気が出てましたが、これが大きかったですね。藤井もこのホームランは心強かったと語ってましたからね。6回裏にも青木のタイムリーで突き放しに成功し、そのまま逃げ切りました。

城石のホームラン、私は割と見てますね。昨年の2本の本塁打でしたが、2本とも球場で見てますし、2003年に行われた平塚の試合は、私が見ていたすぐ近くに飛び込んだのもありました。城石のバットで勝ったと云えば、2003年6月1日、千葉マリンでの中日戦、当時中日の守護神だったギャラードからの

止めたバットでサヨナラタイムリー

ではないですかね。もちろん、この試合も球場で見てました。ちなみに、帰りの海浜幕張駅でギャラードを目撃してます。哀愁漂った表情だったのが記憶に残ってます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ゴールデンウィークの観戦予定

明日から

ゴールデンウィーク

ですね。私も明日から3連休となっています。今年は、3連休後から5月1日と2日を挟む再び4連休という日程となっていて、中にはその2日間も有給等を入れて9連休にする方もいらっしゃるでしょう。私は今の会社に入ったばかりなので、そんなことは出来ませんで、暦通りです。

もちろん、ゴールデンウィークだからといって関係なく仕事している方も(経済活動は、24時間ノンストップ)大勢いらっしゃるでしょうが、私の方は休みとなっていますので、それを満喫します。

今年のゴールデンウィークの観戦予定は、

4月28日(土) 
東京ヤクルト読売(神宮・18:20)

4月29日(日)
東京ヤクルト読売(神宮・18:20)

4月30日(月)
湘南東京ヤクルト(横須賀・13:00)
東京ヤクルト読売(神宮・18:20)
↑ダブルヘッターの予定

5月*3日(木)
東都大学野球リーグ戦(神宮←行っていれば)または、
千葉ロッテ北海道日本ハム(千葉マリン・13:00)の何れか
気持ち的には、(広島東京ヤクルト)、行きたいけど…

5月*4日(金)
千葉ロッテ東北楽天(千葉マリン・13:00)
読売東京ヤクルト(東京ドーム・18:00)
↑ダブルヘッダー

5月*5日(土)
東京六大学野球リーグ戦(神宮←余力あれば)
読売東京ヤクルト(東京ドーム・18:00)

5月*6日(日)
読売東京ヤクルト(東京ドーム・18:00)

とスワ戦を中心とした野球三昧するつもりです。

5月3日は、(日帰りで)広島へ行ってみたいのですが、あいにく、行きの飛行機夜行バスとも満席、新幹線も指定席は満席で、自由席には乗れますが、移動ラッシュで朝一の「のぞみ1号」でも自由席に座れるどころか乗れる(車内があふれていて)かどうかすら怪しいですからね…。もし、行くとすれば前日移動→カプセルホテルですかね。

甲子園、3タテされたか…

1-3

11安打5四球をもらうも、14残塁の僅か1点しか取れない拙攻で、阪神に3タテされてしまいました。グライシンガーも日本に来てから、初めての四球を取られて、苦しい投球でしたが、7回を3失点で何とか抑えていただけに、(特に)チャンス時での打線がグライシンガーに応えてくれませんでした。

5回好機で凡退に終わった宮本のヘルメット投げが心底悔しかったように映りましたが、他の選手にその悔しさがバットに乗り移らせる事ができませんでしたね。

さて、今日は、試合前から驚きましたね。理由は、

1番ライト ガイエル

打率は…ですが、出塁率はよいので、3番青木4番ラミレスの前にランナーを出す意図からだったと思いますが、結果は、

第一打席 右安
第二打席 遊飛
第三打席 四球
第四打席 見三振
第五打席 遊飛


5打席4打数1安打1四球と2度出塁(昨日一昨日と飯原の出塁は両日とも0)してますが、ベースを踏むことはありませんでした。

(個人的意見ですが)1番打者は必ずしも足の速さは重要ではない(2003年の阪神の1番打者は誰でした?)ので、悪い作戦とは思いませんでしたけど、その変わりになる長打(例えば、先頭打者ホームラン)が出ませんでしたので、成功だったかどうかは、今日の所は「?」ですね。

後、選手会長城石のスタメンですかね。浩康が徐々に率を戻してきてますが、城石がいなかった間の率が1割台では、この扱いにされてもおかしくありませんね。オープン戦の率を残していれば、スタメン落ちされることもなかったのですけどね。スタメンの城石は2安打、結果を出した以上、28日からの読売3連戦も城石のスタメンは動かないでしょう。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

投打とも全くかみ合わず

今日の甲子園、昨夜の悪夢のサヨナラ負けの悔しさを晴らしてくれるものと期待していたのですが…、

結果、

2-7

今日も完敗でした。それも、スコア以上の点差を感じた試合でもありました。

まずは、先発陣がグライシンガー以外

試合が作れていない

事が大きいですね(昨日の石川は良かったですけど、今までが今までなので)。

6回までに5点程度を取られているようでは、先発の役目を果たしたことになりません。

次に中継ぎ・リリーフ陣ですが、勝っている時でも失点をして、相手の反撃の目を許してしまい、負けている時でもムダな失点をして、点差を広げてしまってます。

打線についてもヒットが出ない上、少ないチャンスを作れど、併殺等で潰す。守備も失点に繋がるミスが目立つ、どうしてなんでしょう?

とにかく、投打とも相手と比べ

レベルの低い

野球になっています。だから、今の体たらくに繋がっていると思います。その証拠にチーム打率は.240(青木がいて、この数字では)、チーム防御率がなんと5.17、とても、上位に進出できる数字ではありません。

選手達も、「こんなはずではない」と思っているでしょうし、私もそう思っています。しかし、結果でこうなっている以上、素直に受けてもらわないとなりません。

借金5、ペナントレースはすでに崖っぷちの気持ちで明日から戦って欲しいです。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

逆転サヨナラ負け…

甲子園で行われた試合、9回表終了まで1-0とリードしていましたが、裏の守りで虎の子の1点を守りきれず、

1-2x

とサヨナラ負けを喫してしまいました。サヨナラ負けは今季初です。

雨の降る中、アーロン・ガイエルが何でもないライトフライを落球した所から始まり、その後は悪夢の数分間でした。

試合後、古田PMが、

「(9回裏のガイエル選手のエラーは)雨のせいもあったのかも知れないけど、彼は守備がいいし、足も速いし肩もいい選手。雨のせいなのかな。(以下略)」

エラーをしたガイエルを庇う気持ちから発したものと思いますが、ここまで、今日の試合と開幕戦以外の全試合を観てきたものとして、どうみても守備が上手いという風には映らないのですけどね。エラーしたあのプレー、雨が目に入ったのか、照明に目が入ったのかどうか分かりませんが、グラブと体を離して捕球しようとしたのは、何故なんでしょう?

肩が強いのは認めます。ただ、コントロールが良くないので、飯原ほどのアピールに欠けるのも事実でしょう。

足もオープン戦から見ていた限り、全然速いとは思いません。ガイエルの走塁センスが素晴らしいとも思いません。

最後に、雨の所為、これは敗軍の将として、言ってはいけないでしょう。打者だって条件は一緒なのですからね。

ガイエルのエラーばかり書いてますが、高津も高津です。味方のエラーがあっても、キッチリ抑えてこそのクローザーなんですからね。そのまま打たれるのはいけません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

増渕竜義、登録抹消

今日の公示にて、

増渕竜義

投手の出場選手登録が抹消されました。

キャンプでの評判とオープン戦から、ファンが予想していた以上の結果を出して、堂々と一軍キップを勝ち取りました。4月7日の初登板では7回1失点、打線の援護さえあれば、いきなりのプロ初登板初勝利という結果だっただけに、ファンの期待は更にヒートアップしました。

しかし、翌週の読売戦が2回1/3を7失点でプロ初黒星、そして昨日の登板は5回4失点も6安打7与四死球と内容も結果も残す事ができませんでした。

正直ここまで、

よく頑張った

と思います。抹消されたことで、ここで一旦プロで飯を食べるための力を養って、次回の昇格時には二度と落ちてこないだけの実力を身につけて欲しいと思います。増渕もこの二軍落ちという結果に腐らず、自分のためだと思って、練習に取り組んでいって欲しいです。

さて、明日から甲子園、平日なので、さすがに参戦できませんが、昨日のような繋がりができれば、阪神にも負けないはずです。良い結果を期待して、土曜日の神宮まで待ちたいと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

スワンガン打線誕生!?

20070422215804


10-6

中日に勝ち越せました。

試合は4-4の同点で迎えた6回裏、二死無走者から

田中浩 左安
度会 右安
飯原 中適安
宮本 中適安
青木 右適安
ラミレス 中適安
ガイエル 四球
福川 左適安


四球を挟んで、なんと

7連打

マシンガンでも、マリンガンでもない、これがスワローズの

スワンガン打線
↑(勝手に命名)

の誕生です。私のブログで、この言葉が何度も使われるような連打を期待したいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

先発が試合を作れず

中継ぎもピリッとしなければ、結果

7-16

という大敗になりますよね。

藤井が早い回からつかまり、3回終わって1-6、普通ならこのままで終わる可能性の高い中、6回終わって1点差となり、これはいけるぞとスタンドも盛り上がったのですけどね。7回表に悲劇が待ってました…。代打立浪から4連打、ウッズの四球を挟んでさらに3連打などで8点を奪われ、試合を決められてしまいました。

先発の藤井、前回登板と違って、立ち上がりから中日打線に粘られて、球数を相当放ってました。それだけ、苦しんだのでしょう。2回も暴投で失点し、2回裏は打席に入ってますが、次の回以降も抑えられる雰囲気ではなかったので、ここで代打でも良かったような気がします。この時点で2回5失点で、さらに3回終わって6失点では、話になりませんからね。

高井は6回は抑えましたが、満塁のピンチを背負うなど、今までとは中身が違ってました。逆に1点差にしたのだから、館山、木田など勝ちパターンで使う投手を起用するなどの「攻撃的な投手起用」もアリだったと思います。そこで打たれて失点しても多少の諦めがつけられますし、少なくとも1イニング8点も取られないで済んだと思います。

打線については、3本のホームランがソロばかりで、効果的ではなかったですね。その内2本が青木と孤軍奮闘ぶりが目立ちますね。

中軸の一人、リグスが明日、帰国することが発表されました。武内が一軍練習に合流しているそうなので、そのまま登録されそうです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

グラ様~

20070420205846


無四球完封完投勝利

最高です。

ここまでオープン戦から、グライシンガーが登板した試合は1試合を除き、全て見ていますが、開幕2戦目のナゴヤドーム以外は本当に良い投球を続けています。とにかく

コントロール

良いので、自滅することがない、これが最大の武器ではないでしょうか?この試合でもカウント0-3になることがありましたが、そこから抑えられるのですから、素晴らしいと言うほかありませんよね。

昨日があまりに酷い試合だったので、この勝利で少しは気持ちが晴れましたかね。ただ、打線の方は依然得点力に乏しいのも事実で、得点がラミレスの詰まった打球のタイムリーヒットのみで、その後、1死満塁から併殺と一気に畳かけられませんでしたからね。

とにかく、この試合は、グラ様に尽きました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

メッセージボードDay

20070419233521


古田敦也PMの

2000試合出場達成

も、試合は

1-14

大敗でした。

球場に着いたときにはすでに0-9、試合そのものが壊れていました。気温も低く、試合内容も寒かったのですが、古田PMの退場時、ライトスタンドはざわめきましたね。スポーツニュースで見た限り、村田の死球は、自ら当たり(!?)にいったような気もしますし、展開も展開で、怒るのも無理からぬ事ですね。

紙製のメッセージボードはもらなかったのですが、帰ったお客さんの席から頂戴し、7回裏の高井の打席時に写真のものをを掲げました。本当なら、もっと違うものを書きたかったのですけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日も中止

昨日に続き、

雨で中止

でした。昨日の予報で雨となっていましたので、予報通りでしたね。とはいえ、午前中はまだ雨が降っていなかったので、二軍の方は、途中から雨が降る中、試合を強行していたようです。

公式ホームページのファーム情報で、本来なら今日の戸田で、先発予定だった高市俊が19日の試合に登板するため、一軍に合流していたそうですが、昨日今日と雨で流れてしまったので、昇格は当面見合わせという事になるでしょう。来週土曜日から9連戦辺りが有力でしょうかね。それまでに一度、二軍での先発登板になるでしょうから、そこで再度キッチリ結果を出して、満を持しての昇格を期待したいですね。東都リーグでしのぎを削った永井怜(東洋大→東北楽天)が昨日、プロ初勝利をマークしてますし、高市も負けられません。

なお、明日(天気は大丈夫そう)から4連戦となったので、増渕の登板も一度飛ばされるかも知れませんね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今月3度目の雨ちゅー

200704172326202


20070417232620


今日の試合は、雨天中止でした。すでに今月3試合目、未発表カードも含めると6試合あります。6月は梅雨、9月には秋の長雨にもなるので、10月12日までに、レギュラーシーズンを終えられるのか、やや不安になります。ちなみに明日も雨予報となっています。

今日は、14日に撮影した

つば九郎

をご覧下さい。ビジター席に来ていたスワファン等にバズーカをを飛ばしてました。

警視庁の麻薬撲滅キャンペーンの一環として、東京ドームに来場してました。昨年も5月にこのキャンペーンで東京ドームに来てましたので、2年連続となります。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

アジアシリーズ2007日程発表

だいぶ先の話ですが、今年は11月8日(木)~11日(日)の4日間、東京ドームにて行われます。過去3年間と同じ週にですね。

さて、今年からご存じの通り、ポストシーズンゲームである

クライマックスシリーズ・セ

が始まる事になり、クライマックスシリーズ以降の日程の方が下記のようになっています。

10月13日(土) 第1ステージ(レギュラーシーズン2位の本拠地)
10月14日(日)      〃
10月15日(月)      〃


10月18日(木) 第2ステージ(レギュラーシーズン1位の本拠地)
10月19日(金)      〃
10月20日(土)      〃
10月21日(日)      〃
10月22日(月)      〃


10月27日(土) 日本シリーズ(パ第2ステージ勝利チームの本拠地)
10月28日(日)       〃
10月30日(火) 日本シリーズ(セ第2ステージ勝利チームの本拠地)
10月31日(水)       〃
11月*1日(木)       〃
11月*3日(祝) 日本シリーズ(パ第2ステージ勝利チームの本拠地)
11月*4日(日)       〃


11月*8日(木) アジアシリーズ予選第1日(東京ドーム)
11月*9日(金) アジアシリーズ予選第2日(東京ドーム)
11月10日(土) アジアシリーズ予選第3日(東京ドーム)
11月11日(日) アジアシリーズ決勝(東京ドーム)



甲子園球場改修のため、阪神タイガースが
クライマックスシリーズ、日本シリーズで使用する球場は、
スカイマークスタジアムの予定。

となっていて、日本シリーズが第7戦まで延びた場合で4日後にはアジアシリーズが行われます。ファンの立場からすれば、熱気が冷めないまま迎えられるので良い事ですが、選手の立場からだと大変ですね。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

プロの洗礼

20070415234721


先発の

増渕竜義

残念ながら

2回1/3被安打7(被本塁打3)失点7(自責点7)

で、プロ初黒星を喫してしまいました。今までが順調すぎたので、近い内に何処かで打たれるだろうなとは思っていたのですが、それが今日だったようです。この日は、初回から球が浮き気味で、先週よりあまり良いように見えなかったので、不安を感じていましたが、2巡目に入った3回につかまってしまいました。派手な打たれっぷりでした。

この3連戦唯一の地上波全国中継で、全国の野球ファンに増渕竜義をアピール出来る機会だったのですけど、不本意な形でアピールしちゃいました。

初回から3イニング連続して、1死2塁から2死3塁まで持って来るも後1本が出ず、後半以降は決して調子の良い高橋尚成にズルズル完投ペースにさせてしまいました。8回はガイエルの久々の鋭い打球がファーストライナーゲッツー、最終回の代打志田(鎌ヶ谷とのダブルヘッター、お疲れ様)が強い打球を放つも古城に阻まれてしまうなど、運もツキもなかったです。

それから、試合後のHIの阿部慎之助の「~ですねぇ」は、現場で見ていて、なまら(北海道の方、スミマセン)ムカツキましたね。「いつか、見てろよ」とこちらの闘争心を掻き立ててくれました。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

勝ちました

20070414213740


6-2

ナイス藤井!

ナイス飯原!

これに尽きますね。

この日の先発は、増渕かと思いきや中5日で藤井、しかし、この日はいつも以上に気合いが入ってました。昼間、早大の後輩にあたる斎藤佑樹が開幕戦勝利を挙げており、先輩として負けられませんからね。良い刺激となったようです。

また試合中、東京ドーム内のFM放送局

「G-fm」

をちょくちょく聞いていたのですが、この日の解説者、角盈男氏が藤井が躍動感あるフォームで気分良く投げていたと言ってました。

しかし、打線の方は決して手放しで誉められません。中軸を張るリグス、ボールが見えていないのでしょうか、バットとボールが離れてます。青木、飯原、ガイエル(率は低いが、四死球が非常に多い)、ラミレスとリグスの前にランナーがいることが多く、リグスがチャンスで打てていればと云うケースがあり、一気の大量点を呼べ込めない原因になってます。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

首都圏在住のスワファンの皆様

11日は中止でしたが、10日、12日の両日、残念ながらハマスタのレフトスタンド、いつも通りガラガラでした。

3000席弱しかないハマスタのレフトスタンド、スワファンで

埋めましょうよ

もちろん、皆様の家庭の事情もあるでしょうし、仕事や学校等で忙しいのは、承知の上で書いてます。

確かに、外野自由席が1800円、外野指定席が2200円と東京ドームのビジター席より高く、飲食店も寂しい(その分、内野は神宮より充実)ですけど、開門してからの買い出しが認められていますし(試合開始まで)、神宮同様、

ビジターチームのヒーローインタビュー

が場内で聞ける上、

ドラムが使える

ので、応援のテンポが乱れることがありません。ビジターで勝つのは、ホームで勝つより何倍も嬉しいという実感が持てます。

神宮だろうが、ビジターだろうが、そこで選手が試合をしているのですから、ファンなら万難を排してでも駆けつける、それが

ファンの義務

ではないでしょうか?

球団も(売上げ貢献になりませんが)、スワファンをビジターで観戦するように促してみるなど、ファンをもっと鼓舞させるようなイベントを実施して欲しいですね。ハマスタなんか、近いのですから、横浜球団ともっと連携を密にしてやってもらいたいです。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

真中~!

20070412212111


4-2

今季初のシーソーゲーム、接戦を制しました。こういう展開の試合をモノにできたのは、大きいです。

試合は同点で迎えた8回表、2死1塁2塁、

代打真中

が2-3のフルカウントから、レフトへのタイムリーツーベースヒットで勝ち越しに成功しました。続く9回もガイエルの折れたバットが吉村の視界に入ったタイムリーエラーでラッキーな追加点が入ります。

先発のグライシンガーは初回こそ3本のヒットを浴びて1点を失いましたが、回を追う毎に安定し、7回2失点で勝ち投手。勝ち越しの成功した8回は館山、最終回は高津がそれぞれ三者凡退に抑え、逃げ切りました。グライシンガーは3試合連続無四球、オープン戦から制球力の良さが光っていたので、その期待に応えてます。

それと、今日は代打真中ですね。勝ち越し打は、私も興奮しました。真中自身も「今日の一打はしびれた」と言っているくらい、記憶に残る一打になったと思います。また、

梶本のプロ初打点

もありました。

今日の試合、場内からどよめきが起こったのは、7回表から渦中の投手

那須野巧

が登板したところです。7回表は青木を空振りの三振にするなど完璧でしたが、8回表に落とし穴が待ってました。ガイエルに死球を与え、これが決勝点のきっかけとなり、負け投手となりました。

この試合は、

村田修一が先制タイムリー
   ↓
1点差で那須野巧が登板
   ↓
代打真中満が勝ち越しタイムリー
   ↓
館山昌平が3人ピシャリ

と「日大デー」だったようです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

高市俊登板

4月11日、インボイスSEIBUドーム改め、

グッドウィルドーム

へ行ってました。

お目当てはイースタンのスワの試合なのですが、メインはタイトル通り、

高市俊

を見るためです。結果は7回を投げ、奪三振8与四球2失点2(自責点0)でした。この2失点も丸山泰嗣のボールを蹴飛ばすタイムリーエラーでした。

球速は130前半(MAX134㎞)、変化球は110㎞後半~120後半も、青学の在籍時に割と近い内容で、ようやく結果を残したという感じです。相手に的を絞らせず、打者が戸惑っているのが見て取れ、この投球を次回登板以降も続けられれば、近い内に一軍からもお呼びが掛かるのは間違いないと見ています。

もちろん、高市以外も見てきました。まずは、前年の希望枠武内晋一は2安打、何れもクリーンヒット、1本は左腕から打っています。シングルヒットだったので、2安打なら内1本は長打ならもっと良しでしたけど、依然好調です。ただ、今季はファースト固定で、外野を守らせていないのが、好結果を招いているのなら、ちょっと複雑です。二軍の外野手が不足しているのに、ファーストにさせているのですからね。

選手会長の城石は、この日は3タコでした。でも、6回以降に入った丸山泰嗣のセカンド守備と比較するとやはり違います。ボールを蹴飛ばすようなエラーはやらないでしょうしね。一軍では田中浩康がオープン戦のような結果が出ていませんし、梶本も同様、競わせるため、ベテランの域になりつつある同選手の存在が必要になってますね。

最後2イニング登板しパーフェクトだった坂元弥太郎、二軍では格の違う投球を何度も見ているので、これは当然の結果です。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

石川、踏ん張りきれず

(日にちが変わってますが)今日からハマスタ3連戦の初戦、

4-7

で敗れました。

この日の先発は、石川雅規、1-2とリードされた5回表に自身の内野安打を足がかりにラミレスがライトへのタイムリーで逆転に成功したのですが、直後に

村田の3ラン(通算100号)

で浴びて再逆転され、さらに吉村のこの日の2本目の2ランで4点差とされてしまいました。ここで石川は降板、そしてこの時点で、主導権をベイが握ってしまいましたね。試合的には、

村田の3ランより吉村の2ラン

の方が、痛かったです。1点差のままなら、相手の寺原の状態からまだ可能性があったと思いますが、4点差にされてしまったことで、攻撃の選択肢を狭めてしまいましたからね。

今日の石川は、際どいコースにストライクが取れなかった為、甘く入ってしまった所を村田と吉村に打たれてしまった感じです。昨シーズンの四死球が僅か

20個

の投手が、今日の試合だけで4四球、それだけコントロールが良くなかったのでしょう。前回の登板は金本に満塁弾、今日は村田と吉村計3発を浴びて、ここまで4被弾、それも踏ん張り所で打たれているので、内容も悪いです。

さて、もう一つ

この試合、村田修一内野手がプロ入り通算100号本塁打を達成したのですが、レフトスタンドへ飛び込んだこのホームランボールを拾った方、記念のボールでもありますので、是非、横浜球団の方までご一報下さい。

試合後、出口で、係員の方が呼びかけてました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

特打

宮出、志田、米野、田中浩の4選手が行った様子。



ヤクルトの宮出、志田、田中浩、米野が9日、休日返上で打ち込みを行った。野手陣は完全休養日だったが、神宮室内練習場でそれぞれマシン相手に汗を流した。ここ4試合、先発から外れている宮出は、黙々とバットを振り込んだ。開幕でつまずいたチームは3勝5敗。まずは借金完済を目指し、10日からのビジター横浜3連戦に臨む。
(日刊スポーツ)



ここまで、

宮出 11打数2安打 .182

志田 0打数0安打 .-

米野 5打数0安打 .000

田中浩 26打数4安打 .154

宮出は、拙守からスタメン落ちし飯原に代えられてしまい、田中浩は、神宮初戦では猛打賞もその後、再び鳴りを潜めてしまっていますからね。

米野は、福川との争いに打撃で負けているためか、ここまでスタメンが1試合のみ、志田は、代走守備固めでの起用メインで、打つ機会はそう簡単に与えられそうにありませんけど、準備は必要ですからね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

統一地方選

このブログは、東京ヤクルトスワローズについての書いていますが、この記事では、統一地方選挙について、触れたいと思います。

私は、(お読みいただければお分かりの通り)神奈川県横浜市に住んでいます。という事で、

神奈川県知事選

神奈川県会議員選

横浜市会議員選

と3つの選挙が行われました。もちろん、投票はしてきましたよ。

野球観戦ばかりしているではないかと思われてしまうかも知れませんが、

不在者投票

という制度を利用してますからね。選挙権を持つようになってから、一度も投票しに行かなかったことはありません。それは、憲法で定められた国民の権利ですからね。放棄することはできません。

どうやら、神奈川県知事選は、現職候補が再選を果たしそうです。(余り報道される機会も少ないのですけど)現職候補を良しとしない政党が多数派の県議会と、なかなか上手く運営できていない部分もあるのですが、「マニフェスト」という名前を広げた本人で、横浜市長と同じ元国会議員で住民の知名度はありますからね。

後、東京都知事選も現職候補が、3選を果たしそうです。この件の報道に色々思った所もあったのですが、辞めておきます。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

打線爆発しました

200704081722322


20070408172232


15-5

今季初の二ケタ得点を取り、快勝しました。

相手の先発は、キャンプで話題となったナックルボーラーの

ジャレッド・フェルナンデス

でした。ほとんどのボールがナックルボールで来てますが、たまに投げるストレートが110キロ台という極めて特殊な投手です。序盤は打者陣もやや戸惑っている感じを受けました。

2回表に新井の2試合連続ホームランで先制されましたが、直後の攻撃で、福川の押し出し、藤井と青木のタイムリーで4点を奪うものの、その後は点が奪えず、1点差に詰め寄られた6回裏にようやく打線が爆発しました。

まずは、代打真中のタイムリーと青木の2ラン、ラミのタイムリーでフェルナンデスを降板させ、2番手の28歳でプロ入りしたオールドルーキー宮崎充登からも宮本の3ランで一挙8点を奪い、この時点で試合を決めました。

と、ここまでは良いところのみをピックアップしましたが、投手陣については、決して誉められる内容ではなかったですね。先発の藤井、打撃の方で勝ち越しのタイムリーを放ち、お立ち台にも登りましたが、本業のピッチングの方は、いつ捉まってもおかしくない内容でした。6回3失点、裏の8点があったればこその勝ち投手でしたね。それと、15-3と大量リードで迎えた佐藤賢、大量点差があるとはいえ、キッチリ抑えて、首脳陣の信頼を得ないとならないのに、満塁にして、4番の新井に左中間オーバーを打たれるという不甲斐ない内容、これでは、首脳陣も競った場面では起用しづらくなってしまいます。2番手の遠藤、7回は2人のランナーを許しましたが点を許さず、8回は三者凡退(←ここを評価)、まずまずの内容でした。

試合的には、締まりのないものでしたが、この結果には素直に喜びたいと思います。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

増渕に勝ち星を付けさせたかったな

20070407235016


タイトル通りの気持ちです。高卒ルーキーとは思えない堂々とした投球、それだけ良かったです。

今日の先発投手は、中5日の藤井かと思いきや

増渕竜義

でスタンドは大いに沸きました。7回を投げ、新井のソロのみの1失点でした。この内容で勝ち星を付けられなかったのは、

打線

の悪さです。得点が初回のラミレスのラッキーなタイムリー3塁打(嶋がフェンスに衝突した際落球した)だけでしたからね。

とにかく、この試合は打たれた花田(一度、二軍で調整した方が良いのでは)以上に

打線

に、これに尽きるんではないですかね。広島投手陣から9つも四死球を与えられ、チャンスは何度もありました。しかし、それを悉く潰してましたからね。延長戦にもつれ込むような試合ではなかったと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

連勝!

20070406210441


2-0

グライシンガー

のナイスピッチで、

来日初勝利!

を挙げました。おめでとうございます。

中日戦の時は、本人も余り調子が良くなかったとコメントしていましたが、今回は、立ち上がりこそピンチを招きましたが、2回以降は危なげなく投球してました。安心して見てましたね。先発が無失点に抑えて貰えると、打線が低調でも勝つ確率も高まります。

この投手は、とにかく、

四球を出さない

これが最大の武器ですね。

明日明後日も勝つぞ!
※明日明後日はデーゲームですので、お間違えなく。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季初勝利

20070405215234


4-1

ようやく勝ちました。

試合の序盤は、ランナーを出しながら無得点。早くも3回までに残塁が9と拙攻の山でしたが、4回に飯原が、

プロ初ホームラン

をライトポール際にたたき込み先制、6回に金本お兄ちゃんに同点弾(ちなみに阪神は、ここまで金本以外本塁打無し)を喰らいますが、7回にラミレスの1号ソロ、宮本タイムリー、福川スクイズと大技小技で3点を追加し、館山、高津のリレーで逃げ切りました。

まずは、飯原のホームラン、アウトハイのストレート、振り遅れ気味でしたが、よくあそこまで持っていったなという感じでした。リストの強さで持っていったのでしょう。スワのキャンプでは、一度もサード練習を見たことがなかったので、どうなのかなと思ってましたが、無難に捌いてました。一昨日が守備で負けた一面はありましたから、守備は大事ですよね。

そして、ラミレスの1号、兎小屋東京ドームでは、ウッズが1試合3発と打ちまくりましたから、刺激されたのでしょうか?4年前はホームラン王を分け合っているので、負けるわけにはいきません。2安打と

負け試合ばかりだったので、高津の出番は今日までありませんでしたが、阪神の代打攻勢に左打者ばかり揃えるも五者凡退で抑え、今季初セーブをマークしてます。

しかし、最終回の阪神の代打攻勢は、「??」でした。
林→葛城→藤本→秀太と段々非力な打者で勝負してきてましたからね。もちろん、ランナーが出なければ話にならないので、力のある打者から出してくるのは当然の策ですけど、秀太は、単純に左だから起用したとした思えないような気がしてます。他に居なかったの?と。

ともあれ、初勝利で満足することなく、これからどんどん勝っていきましょう。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

雨で中止になったので

今日の神宮は、雨の為中止でした。それ以上に、雨が降り出してから急激に気温が下がりすぎて、観戦するにも防寒対策を充分にしないと風邪をひきそうな程でした。お読みになっている地方在住のスワファンの皆様、昨年3月のフルスタ宮城のナイターを想像いただければ、分かりやすいかと思います。今日一軍登録された

増渕竜義投手

に悪コンディションの中で、プロ初登板をさせたくありませんし、他の選手もあの寒さで、ケガ等されたら、堪ったものではなかったでしょうから、阪神側も納得いただいたでしょう。

昼過ぎまで割と温かかったので、防寒具を来て、会社や学校へ行った方は少なかったでしょうし、前売りで買った方は兎も角、当日券の売上げは期待できなかったと思います。

というわけで、中止になったので、開幕カードだった名古屋の写真をアップしました。(雨傘番組みたい)

200704050029368


名駅にまた、新しいスポットが誕生しました。
それが、写っている今年3月にオープンした「ミッドランドスクエア」です。旧毎日ビルの所に造られ、名古屋で一番高い(僅か2メートルだそうですが)高層ビルになりました。中は飲食店や服飾店、映画館やトヨタのディーラーまでありました。

200704050029366


展望台(スカイプロムナード)です。展望料は700円です。展望台は、世界一の高さを誇る駅ビル「JRセントラルタワー」の方が、高い位置にあります。

200704050029364


このため、ミッドランドスクエアから撮影するとセントラルタワーの方が高く見えます。

200704050029362


この日は、上空霞(黄砂?)がかっていたので、近くの所はハッキリ見えたのですが、遠くの方がよく見えませんでした。名古屋城は、ズームアップしてやっと撮せました。カメラ付きケータイからの撮影は、この時の天候ではやや難があるようです。

20070405002936


下から見上げるとこんな感じです。

信号渡れば、「大名古屋ビルヂング」、少し先には1月に出来た「ルーセントタワー」という別の複合タワーもあり、現在の名駅周辺は、栄とは別のビジネス街を形成しつつあります。昔の名駅を知っているものから見れば、隔世の感がありますね。

テーマ : 名古屋だがね
ジャンル : 地域情報

神宮の新スイーツと黄金傘

200704032334292


センターバックスクリーン裏に、仮設ワゴンですが、スティック状のチーズケーキを販売開始しました。写真に写っているのは、チョコ味のタイプですが、他に2種類あり、1つ300円です。話によると、シーズン中は常設するとのことですので、一度お試しになっては如何でしょうか?なかなか美味かったですよ。

20070403233429


こちらは、傘振りコンテストで優勝した方にもらえる「傘」です。私の座っていたブロックの近くに居た方でしたので、写真を撮りました。

燕太郎が持ってきてくれました。スタンドにマスコットが来たのは、初めてだと思います。このサプライズは歓迎です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

開幕4連敗

神宮開幕戦は、あいにく気温も低く、試合の後半から雨が降り続ける中行われました。

試合の方は、

3-4

で敗れました。

10安打4四球をもらいながら、何が何でも1点をもぎ取ろうという姿勢が感じることが出来ませんでしたね。とにかく、チャンスになっても充分相手にプレッシャーを与えてられないです。

8回裏、投手ウィリアムスからガイエルが四球を選び、宮出がバント成功し1死2塁と得点圏に走者を進めるも、福川のレフト前ヒットをタッチアウトにしてしまい、点が入りませんでした。

最終回は藤川が投げるのは分かってましたし、同点に追いつくために、やや強引でも走者を回すのは私は「アリ」だったと思います。次の打者がヒットを打つとは限りませんし、レフト金本の送球ミスの可能性もありましたからね。

しかし、足の速くないガイエルのままで良かったのでしょうか?

志田なり飯原

を使って、最善の策を図るべきだったと思いませんか?「終盤の1点」を取るための準備が出来てないから、接戦を落としてしまんではないでしょうかね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。