スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日より

星野ジャパン

が戦いが始まります。すでに、北京等でプレ五輪で戦ってますが、世間の注目はあくまで明日からでしょう。北京への切符1枚を賭けて、

明日土曜日は
フィリピン

明後日日曜日は
韓国

明々後日月曜日は
台湾

と対戦します。フィリピンも気にしないといけない相手ではありますが、明後日の韓国戦がもっと重要になるでしょう。1位通過を確実にする為には、

3戦全勝

しかありません。

青木宣親と宮本慎也

のスワローズ勢が3戦全勝する為の活躍をして欲しいと思いますね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季最多勝投手

グライシンガー

が今日までに契約に合意せず、保留名簿から外れる事になりそうです。

これによって、スワ以外の球団も

自由に交渉

できるようになります。

シーズン終了から事前報道で

2年6億

から

2年8億

へと額が高騰していってますからね。今季の推定年棒

4700万円

の投手が、16勝の成績で

10倍

になるのですからね。いくら常に解雇のリスクを背負っているとはいえ、上がり方が

メジャー級

ですよね。ここまで来ると、コメントの仕様もありません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

来季の日程について

開幕戦の相手が読売だったのは、私の中で

予想通り

でした。中日と阪神の事情を鑑みれば、開幕戦なら通常に埋まるナゴヤで読売戦を開幕相手にする必要ありませんし、阪神も京セラドームで絶対に読売戦を開きたくない(今年の予備日の組み方から見ても明らか)でしょうからね。

松山は、先日新聞記事に載っていたので、8月に開催する事は分かってましたが、平日…。参戦は現時点ではないでしょう。

秋田は、今年と同じで交流戦明け、相手は阪神、2年前に同カードを観戦していた方の情報から、相当な混雑が予想されるでしょうね。

県営相模原球場は来年で最後(再来年から市営相模原球場に変更)ですからね。時期的には駆けつけられるかと思います。先日の新聞記事で、スコアボードが電光表示になるそうです。

呉、こちらも平日で参戦はないでしょう。

後、新幹線等を用いた遠征先として、日程を見る限り、ナゴヤドームには最大6試合、甲子園には最大3試合、広島には2試合駆けつけられると思います。特に広島は、市民球場最後のシーズンとなるので、是が非でも駆けつけたいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

来季東京ヤクルト戦日程発表

日程が発表されました。

3月28日(金) 対読売(神宮・18:00)
3月29日(土) 対読売(神宮・15:00)
3月30日(日) 対読売(神宮・13:00)


4月*1日(火) 対横浜(横浜・18:00)
4月*2日(水) 対横浜(横浜・18:00)
4月*3日(木) 対横浜(横浜・18:00)

4月*4日(金) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
4月*5日(土) 対中日(ナゴヤドーム・15:00)
4月*6日(日) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)

4月*8日(火) 対広島(神宮・18:20)
4月*9日(水) 対広島(神宮・18:20)
4月10日(木) 対広島(神宮・18:20)


4月11日(金) 対読売(東京ドーム・18:00)
4月12日(土) 対読売(東京ドーム・18:00)
4月13日(日) 対読売(東京ドーム・13:30)

4月15日(火) 対横浜(神宮・18:20)
4月16日(水) 対横浜(神宮・18:20)
4月17日(木) 対横浜(神宮・18:20)


4月18日(金) 対阪神(神宮・18:20)
4月19日(土) 対阪神(神宮・18:20)
4月20日(日) 対阪神(神宮・18:20)


4月22日(火) 対広島(広島・18:00)
4月23日(水) 対広島(広島・18:00)
4月24日(木) 対広島(広島・18:00)

4月25日(金) 対中日(神宮・18:20)
4月26日(土) 対中日(神宮・18:20)
4月27日(日) 対中日(神宮・18:20)


4月29日(祝) 対阪神(甲子園・14:00)
4月30日(火) 対阪神(甲子園・18:00)
5月*1日(水) 対阪神(甲子園・18:00)

5月*3日(祝) 対読売(神宮・18:20)
5月*4日(祝) 対読売(神宮・18:20)
5月*5日(祝) 対読売(神宮・18:20)


5月*6日(祝) 対横浜(横浜・15:00)
5月*7日(火) 対横浜(横浜・18:00)
5月*8日(水) 対横浜(横浜・18:00)

5月*9日(金) 対広島(神宮・18:20)
5月10日(土) 対広島(神宮・18:20)
5月11日(日) 対広島(神宮・18:20)


5月13日(火) 対中日(神宮・18:20)
5月14日(水) 対中日(神宮・18:20)
5月15日(木) 対中日(神宮・18:20)


5月16日(金) 対阪神(甲子園・18:00)
5月17日(土) 対阪神(甲子園・14:00)
5月18日(日) 対阪神(甲子園・14:00)

日本生命セ・パ交流戦

6月28日(土) 対阪神(秋田・18:00)
6月29日(日) 対阪神(秋田・13:00)


7月*1日(火) 対読売(東京ドーム・18:00)
7月*2日(水) 対読売(東京ドーム・18:00)
7月*3日(木) 対読売(東京ドーム・18:00)

7月*4日(金) 対広島(広島・18:00)
7月*5日(土) 対広島(広島・15:00)
7月*6日(日) 対広島(広島・14:00)

7月*8日(火) 対横浜(神宮・18:00)
7月*9日(水) 対横浜(神宮・18:00)
7月10日(木) 対横浜(神宮・18:00)


7月11日(金) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
7月12日(土) 対中日(ナゴヤドーム・15:00)
7月13日(日) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)

7月15日(火) 対阪神(倉敷・18:00)
7月16日(水) 対阪神(甲子園・18:00)
7月17日(木) 対阪神(甲子園・18:00)

7月18日(金) 対広島(神宮・18:00)
7月19日(土) 対広島(神宮・18:00)
7月20日(日) 対広島(神宮・18:00)


7月21日(祝) 対横浜(神宮・18:00)
7月22日(火) 対横浜(神宮・18:00)
7月23日(水) 対横浜(神宮・18:00)


7月25日(金) 対読売(東京ドーム・18:00)
7月26日(土) 対読売(東京ドーム・18:00)
7月27日(日) 対読売(東京ドーム・13:30)

7月28日(月) 対阪神(神宮・18:00)
7月29日(火) 対阪神(神宮・18:00)


7月31日(木) ガリバーオールスターゲーム(京セラドーム・未定)
8月*1日(金) ガリバーオールスターゲーム(横浜・未定)
8月*2日(土) ガリバーオールスターゲーム(横浜・予備日)

8月*3日(日) 対広島(広島・18:00)
8月*4日(月) 対広島(呉・18:00)

8月*6日(水) 対中日(松山・18:00)
8月*7日(木) 対中日(松山・18:00)


8月*8日(金) 北京五輪日本代表壮行試合(東京ドーム・未定)
8月*9日(土) 北京五輪日本代表壮行試合(東京ドーム・未定)

8月12日(火) 対横浜(相模原・18:00)
8月13日(水) 対横浜(横浜・18:00)
8月14日(木) 対横浜(横浜・18:00)

8月15日(金) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
8月16日(土) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
8月17日(日) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)

8月19日(火) 対読売(神宮・18:00)
8月20日(水) 対読売(神宮・18:00)
8月21日(木) 対読売(神宮・18:00)


8月24日(日) 対阪神(神宮・18:00)
8月25日(月) 対阪神(神宮・18:00)


8月26日(火) 対広島(広島・18:00)
8月27日(水) 対広島(広島・18:00)
8月28日(木) 対広島(広島・18:00)

8月29日(金) 対横浜(横浜・18:00)
8月30日(土) 対横浜(横浜・18:00)
8月31日(日) 対横浜(横浜・18:00)

9月*2日(火) 対中日(神宮・18:20)
9月*3日(水) 対中日(神宮・18:20)
9月*4日(木) 対中日(神宮・18:20)


9月*5日(金) 対読売(神宮・18:20)
9月*6日(土) 対読売(神宮・18:20)
9月*7日(日) 対読売(神宮・18:20)


9月*9日(火) 対阪神(甲子園・18:00)
9月10日(水) 対阪神(甲子園・18:00)
9月11日(木) 対阪神(甲子園・18:00)

9月12日(金) 対読売(東京ドーム・18:00)
9月13日(土) 対読売(東京ドーム・14:00)
9月14日(日) 対読売(東京ドーム・13:30)

9月15日(祝) 対広島(神宮・18:20)
9月16日(火) 対広島(神宮・18:20)
9月17日(水) 対広島(神宮・18:20)


9月19日(金) 対横浜(神宮・18:20)
9月20日(土) 対横浜(神宮・18:20)
9月21日(日) 対横浜(神宮・18:20)


9月22日(月) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
9月23日(祝) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
9月24日(水) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)


東京ヤクルト戦未発表カード
東京ヤクルト対阪神×3試合
東京ヤクルト対中日×1試合
広島対東京ヤクルト×1試合

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

交流戦日程発表

5月20日より始まりますが、東京ヤクルトにつきましては、5月21日(水)から開始です。セリーグの全日程は、明日発表されます。

5月21日(水) 対西武(グッドウィル)
5月22日(木) 対西武(グッドウィル)

5月23日(金) 対千葉ロッテ(千葉マリン)
5月24日(土) 対千葉ロッテ(千葉マリン)

5月25日(日) 対東北楽天(神宮)
5月26日(月) 対東北楽天(神宮)
5月27日(火) 対東北楽天(神宮・予備日)

5月28日(水) 対北海道日本ハム(神宮)
5月29日(木) 対北海道日本ハム(神宮)
5月30日(木) 対北海道日本ハム(神宮・予備日)

5月31日(土) 対オリックス(スカイマーク)
6月*1日(日) 対オリックス(スカイマーク)
6月*2日(月) 対オリックス(スカイマーク・予備日)

6月*3日(火) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)
6月*4日(水) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)

6月*6日(金) 対西武(いわき)
6月*7日(土) 対西武(ひたちなか)

6月*8日(日) 対千葉ロッテ(神宮)
6月*9日(月) 対千葉ロッテ(神宮)

6月11日(水) 対東北楽天(宮城)
6月12日(木) 対東北楽天(宮城)
6月13日(金) 対東北楽天(宮城・予備日)

6月14日(土) 対北海道日本ハム(札幌ドーム)
6月15日(日) 対北海道日本ハム(札幌ドーム)

6月18日(水) 対福岡ソフトバンク(長野)
6月19日(木) 対福岡ソフトバンク(神宮)

6月21日(土) 対オリックス(神宮)
6月22日(日) 対オリックス(神宮)

6月23日(月) 予備日
6月24日(火) 予備日
6月25日(水) 予備日
6月26日(木) 予備日

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

第34回社会人野球日本選手権

昨日のブログからの流れになるのですが、11月第4週の日曜日は、

京セラドーム大阪

で行われている

日本選手権

の決勝が行われる日で、土曜日に忘年会に参加した翌日に、この試合を見てから帰るのが、恒例になりつつありました。今年は、テレビ観戦でした。

社会人野球の試合が地上波で中継されるのは、日本選手権決勝、この1試合だけなので、貴重です。

今年の対戦は、

トヨタ自動車対三菱重工名古屋

と初の愛知勢同士の対戦、三菱重工名古屋が先制するも8回に二死満塁からトヨタ清水がタイムリーで逆転に成功、続く坂田もタイムリーで一挙4点を挙げ、8回から登板した千葉ロッテ1巡目指名の服部が2イニングを〆てトヨタが初の

日本選手権初優勝

を成し遂げました。

トヨタに今年入社した中澤(中大)、大谷(早大)など久しぶりに見る事ができました。エース服部が抜けた後は、この二人がトヨタを引っ張る形になるでしょう。しかし、服部を指名できた千葉ロッテは改めて良い投手を獲得できたなと思います。低めの制球が抜群、ストレートも球速以上に感じ、相手打者が振り遅れてましたからね。成瀬のような活躍が期待できるでしょう。

テーマ : 社会人野球、大学野球
ジャンル : スポーツ

11月第4週の週末といえば

ここ3年ほど、大阪でスワファンとの

忘年会

に参加しているのですが、今年は翌週に持ち越しになり、その週は先約が入っていたので、今年はなくなく

不参加

となってしまいました。残念ですけど、仕方ありません。もといトラの巣窟と化す関西でのスワファンとの交流は、貴重なものだと思っていて、できるだけ参加したかったのですけどね。

関東組の忘年会形式も昨日で終わり、後は個別で会うかどうかですね。

ファン感

行ってきました。「古田ショック」で昨年より大幅に減るのかなと思ってましたが、19229人とそれなりに来てくれました。

個人的に、「○×クイズ」で最後まで残った福袋を持った年配の男性が、

ファン感MVP

だったと思います。選手たちに胴上げされたのは、良い思い出になったでしょうからね。もちろん、ファン感後のグランドには入りました。明日から改修工事で、今の神宮はこれが最後でしたからね。

200711231902494


200711231902492


20071123190249

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

石井一久

FA宣言していた

石井一久投手

の去就が注目されていましたが、今日決まりました。

結論

(埼玉)西武ライオンズ

への移籍することになりました。東京ヤクルト側と(埼玉)西武側の交渉内容が大きく異なり、(埼玉)西武側の本当に欲しい投手という誠意が石井一久投手に伝わったようです。

両球団と最終交渉時、石井一久投手がコメントで、

成長できる所を優先したい

と述べており、転職する際にもよく言うフレーズだと考えると、東京ヤクルトから出るのだろうなと思ってましたね。

偶然にも、今涌井が付けている背番号「16」が、来季より「18」に変更されるそうで、(埼玉)西武でも「16」を付けることになるのでしょう。新たなチーム先でも頑張って下さい。

明日のファン感には出席し、今回の経緯を含めて、ファンに報告するそうです。個人的には、メジャーに再度行くのならまだしも、日本の他球団への移籍、それもトレードではなく、FAでの決断なのですから、そこまでする必要はないのでは?と思いますけどね。むしろ、同日所沢でもファン感イベントが行われるので、そちらへ急遽駆けつけ、ライオンズファンに報告した方が、よほどファンが喜ぶかと思います。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

松山キャンプ終了

5日から始まった

松山秋季キャンプ

も今日の午前中に終了し、その日の夕方の飛行機で帰京しました。

私も17日と18日の2日間、キャンプ見学しましたが、まずは

見学者の減少

これは確実に実感しましたね。特に土曜日、球場のすぐ隣にテニスコートがあり、小学校か中学校か忘れましたが、大会が開いていたのですけど、そちらの観衆の方が多いのでは?という位、閑散としたものでした。地元のマスコミは、連日キャンプ報道をしているのにもかかわらず、この有様…、やはり

古田退団

の影響を被っているのでしょうね。チームの人気より一選手の人気の方が大きい、スワにとっての課題、それを突きつけられた感じです。

その一方で、あまり野球に詳しくない年配の女性でも

高田監督

の事を知っていました。かつて甲子園を沸かせた荒木コーチの事は知らなくても、高田監督については、「元巨人の?」と私に聞いてきた位ですからね。「読売ブランド」は、地方ではまだ生きている事は確認できました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ベストナイン

ベストナインが発表され、

セカンド部門で
田中浩康

外野部門で
青木宣親

ラミレス

の3選手が選出されました。

青木とラミレスについては当然ですが、浩康も選ばれましたね。ゴールデングラブ賞は守備が基準ですが、ベストナインは、

打撃優先

で選ばれるので、3割弱をマークした浩康なら、今季他球団のセカンドレギュラーだった野手と比べて打撃面で優位であり、たぶん選出されるだろうと見てました。オープン戦であれだけ打った浩康もシーズン当初は、1割にも満たず、スタメンから外される日も多かったのですけど、頑張りましたね。来季は、3割を目指して欲しいです。

ちなみに、最下位のチームが3選手も選ばれるのは史上初の事です。2位だった阪神は0、今季の阪神は、如何にJFK頼みだったのがよく分かる結果だったのではないでしょうか?

と書いても、所詮最下位のチームのファン、負け惜しみになのですけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

大社ドラフトと育成ドラフト

大社ドラフトで5選手と育成枠で1選手の計6選手が指名されました。

1巡目
加藤幹典(慶応大)

3巡目
鬼崎裕司(富士重工業)

4巡目
岡本秀寛(JFE西日本)

5巡目
中尾敏浩(JR東日本)

6巡目
三輪正義(香川OG)

育成枠
小山田貴雄(高知FD)

加藤投手については、西武も指名するのでは?という話もありましたが、単独指名に成功し、今年のビック3の一人を獲得できました。

以前も紹介してますが、4年前の神奈川県の高校球界では、川和高校だった同投手に加え吉田幸央(城郷)、内竜也(県川崎工)合わせ

神奈川公立三羽ガラス

と称されていました。横浜や東海大相模など私学が優勢の神奈川県内において、公立校に素材の良い投手が3人もいた事で話題になってました。ドラフトでも注目され、その中の2投手がプロ指名にかかりました。

しかし、吉田はこの年スワが獲得しましたが、1年目のシーズン途中で退団、千葉ロッテに入団した内の方も今オフ手術し、来季はリハビリに充てるとの事で来シーズン絶望となっています。ただ、加藤も入団となると、神奈川公立三羽ガラス全員がプロ経験者となり、内2人もスワが指名したことになるわけですから、すごい事であり、縁でもありますね。

他の選手につきましては、後日触れたいと思います。

キャンプ見学

終わりました。キャンプについては、昨日の更新記事で触れたとおり、月曜日以降になりますが、月曜日は大学社会人ドラフトがあるため、そちらの内容になると思います。

200711182128194


200711182128192


20071118212819


20071118212818

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日と明日

こちらにいます。キャンプについては、月曜日以降(ただ月曜日はドラフトの記事になるでしょう)にしまして、一番下の写真、宿泊したホテルの1階にある所で夕飯を取ったのですが、唐揚げの大きさが半端じゃなく、思わず撮影してしまいました。

200711172104578


200711172104576


200711172104574
200711172104572


20071117210457

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

えっ、嘘

この(ほぼ)野球専門のブログでサッカーの話題を触れるのは、たぶん初めてです。素直に驚きました。更新しているこの時間(23時過ぎ)の今も集中治療室にて治療中だそうです。



 サッカー日本代表を率いるイビチャ・オシム監督(66)が16日未明(午前2時頃)、千葉県内の自宅で急性脳梗塞で倒れ、同県浦安市の順天堂大浦安病院に入院した。日本サッカー協会の川淵三郎会長が同日夕、東京都内で記者会見して明らかにした。

 オシム監督は集中治療室(ICU)で治療を受けており、同会長は涙で声を詰まらせながら「命を取り留めてほしい。かなり厳しい状況です」と容体を懸念した。

 病院側は病状を明らかにしないが、この病気は一般的にまひなどの後遺症が出ることが多いうえ、再発の恐れを常に抱える。このためストレスが多く、長距離移動を強いられる代表監督業務に早期に復帰し、これまで同様に指揮を執るのは難しいとみられる。

 日本代表はことしの試合予定を終えており、来年2月からの2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のアジア3次予選を控えている。

 ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のオシム監督は昨年のW杯ドイツ大会後の7月に、ジ

テーマ : サッカー日本代表
ジャンル : スポーツ

神宮、リニューアル

このオフ、神宮が

リニューアルします。

今年の春に一部スポーツ紙で両翼が広がるという記事が載ってましたが、それ以外の部分についても正式に発表されました。予算は10億円だそうです。全額ではないにせよ、スワローズ側もいくらか払っているものと思われます。

以下、明治神宮野球場のホームページより

①スコアボード改修

これまでの放電管方式から、全面フルカラーLED方式の大型映像装置にリニューアル。
表示面は縦12m×横27.2mの326㎡、フルスクリーンにした際の映像表示ディスプレーは従来の4倍以上のサイズになり、日本最大級の表示面積に生まれ変わります。画質も高画質ハイビジョンに対応し、リプレイ表示などもより見やすくなります。また、併せてサブスコアボードも同様の方式となります。


②グラウンド改修

○人工芝 全面張り替え
モノフィラメントロングパイル人工芝をプロ野球使用のスタジアムとして世界に先駆けての導入。より天然芝に近い美しい景観で、スタンドからの眺めはまさにボールパーク。
また、世界最高水準の機能性で、選手の足腰への負担を大幅に軽減。よりダイナミックなプレーを選手から引き出します。

○グラウンド両翼拡張
ホームから両翼の長さを91mから101mに拡張し、広くなった外野のフィールドでさらにダイナミックなプレーを楽しむことができるでしょう。
*センターから右中間・左中間までの距離は変更ありません。

○バックネット変更
アメリカのMLBでも採用されている繊維ネットを採用し、よりクリアな視界で観戦が可能になります。ヤンキース・マリナーズなどでも使用しているタイプの強度をさらに高めており、安全性も確保されています。

スコアボードについて、グッドウィルドームも今オフの改修でm全画面表示できるようなものにしますが、こちらも東芝製のスーパーカラービジョンが使用されており、同社製の商品が、2つの球場で全画面表示できるものへ変更されます。

新人工芝については、神宮のコブシ球場にて、数種類の人工芝が実験的に埋められていまして、球場関係者が宮本、城石らに意見を頂戴していたそうです。本来なら天然芝の方がより良いプレーができると思いますけど、これが現実的な選択ですかね。

グランドはリニューアルされますが、スタンドの方もい内にリニューアルするのでは?と思ってます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

大場翔太対斉藤佑樹

今年の明治神宮野球大会・大学の部、決勝戦は

早大対東洋大

2年連続

東京六大学リーグ



東都大学リーグ

の対戦となりました。この2大学リーグが大学球界をリードしている事もありますし、ある意味自然な対戦ではあります。

結果は、プロ注目の右腕

大場翔太

の東洋大が早大打線をわずか2安打、三塁を踏ませない投球で完封勝利を収め、東洋大は初の明治神宮野球大会優勝を果たしました。斉藤佑樹も6回1安打無失点と大場と同様3連投でも結果を残してます。斉藤がこのまま続投していたらという意見もありますが、1年生と4年生では体力も違いますし、先を考え無理はできないという配慮もあったと思います。

大場については、スカウト陣も今大会だけで評価はしていないのでしょうけど、改めてすごい投手だと思ったでしょうね。ちなみに、スワについては、大場ではなく、慶大の加藤のようですから、縁はありません。

テーマ : 社会人野球、大学野球
ジャンル : スポーツ

神様、仏様、稲尾様…

西鉄ライオンズで活躍し、「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた

稲尾和久氏

がお亡くなりになりました。70歳でした。



     鉄腕稲尾和久さんが急死、突然の悲報

 鉄腕が逝った。元西鉄ライオンズの投手で、同球団や太平洋クラブ、ロッテの監督を務めた稲尾和久氏が13日午前1時すぎ、悪性腫瘍(しゅよう)のため福岡市内の病院で死去した。享年70。稲尾氏は10月30日、福岡市内の病院に入院。検査を続けてきたが、この日、容体が急変し帰らぬ人となった。現役時代は日本シリーズ3連覇の立役者になるなど活躍し、ユニホームを脱いだ後も球界発展に寄与。しかし、最近は体調を崩し、マスターズリーグの福岡ドンタクズ監督、沢村賞の選考委員などの職から離れ、静養していた。

 突然の悲報だった。10月末に入院し、検査を続けていた稲尾氏だが、容体が急変し、13日午前1時すぎ、悪性腫瘍のため帰らぬ人となった。当初は1週間程度の検査入院の予定だったが、検査でも病名が特定できず、医師との相談の上、当面の仕事を控えることを決めていた。日刊スポーツの評論家活動をはじめ、地元福岡のテレビ局の出演、すでに開幕したマスターズリーグの福岡ドンタクズ監督の職、名球会の仕事などから離れていた。西鉄時代に「鉄腕」と呼ばれた右腕も病魔には勝てなかった。

 現役時代は、まさに伝説の連続だった。西鉄に入団した56年ルーキーイヤーで21勝、防御率1・06で新人王に輝くと、その年から3年連続日本一に貢献。58年の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。57年から3年連続30勝以上などの記録を打ち立て、プロ野球ファンの心に大きな印象を残した。連投して勝利する姿は、まさに「鉄腕」そのものだった。

 69年引退後は、西鉄、太平洋の監督を務め、78年から中日の投手コーチ、84年から3年間はロッテの監督も務めた。ユニホームを脱いでからは、評論家として野球界の発展に寄与。93年には野球殿堂入りを果たし、名球会の会長代行も務めるなど、精力的に活動を行っていた。

 昨年11月23日には、福岡市内のホテルで「プロ野球人生50周年記念パーティー」を開いた。ソフトバンク王監督ら詰め掛けた球界関係者ら約500人から祝福を受け「まだまだ元気でいたい。孫たちが野球選手になってほしいけど、せめてキャッチがきちんとできるくらいは頑張りたい」と話していた。

 また、今年10月2日、大分・別府市に「稲尾記念館」が開館。記念館が入っている別府市民球場の落成式に出席し、元気な姿を見せていた。記念館には寄贈のユニホームや表彰盾などが展示され、自らの投球フォームのブロンズ像を除幕した稲尾氏は「これを見た子供がまねしてくれれば」と喜んでいた。自分を育ててくれた別府市に「第2の稲尾」が育つような環境づくりにも全力を注いでいた。

 日本が生んだ鉄腕。「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれる伝説の投球を生んだ九州福岡の地を愛した右腕は、天国へと召され伝説の人となった。
(ニッカンスポーツより)



もちろん、シーズン42勝や日本シリーズ4連投など、現役時代の頃を知りません。ロッテオリオンズの監督を務めていた時しか記憶にありませんが、個人的に稲尾さんとは、ある「縁」といいますか、常に気になる方ではありました。

謹んで、心よりご冥福をお祈りいたします。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

アジアシリーズ

昨日の話になりますが、「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」は、

中日ドラゴンズ



SKワイバンズ

を下し、

アジア一

に輝きました。この日は所用があり、こちらに居なかったので、試合のほうは、時々携帯のワンセグで見るだけでしたが、木曜日の初戦に続き、中日は苦しみましたね。特に、8裏二死無走者から同点に追いつかれ、さらに、二死1塁2塁の時は、中日ファンの方もさぞかし、不安だったと思います。

日本シリーズと違って、4番のウッズを欠いてますが、それ以外は大きく代わったメンバー(ただし、川上は登板なし)ではなかったと思います。今年については言えば、日本と韓国のチーム力の差は、思ったほど差がなかったのではないでしょうか?

昨年リーグ6位だったSKが、監督を元千葉ロッテのコーチ、日本人コーチを3名を招聘し、野球スタイルを変えたことで、結果、日本一のチームを苦しめさせたのですからね。

アジアシリーズの意義について、色々議論する所もありますが、来年は、この舞台に我が

東京ヤクルト

がいて欲しいですね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

佐藤由規投手、仮契約

決まりましたね。本人の希望で「由規」、「ヨシノリ」、「YOSHINORI」とするようで、「佐藤」姓を登録名にしないようです。



11日、宮城県仙台市内のホテルで高校生ドラフト1巡目の佐藤由規投手(仙台育英高)と仮契約を結びました。背番号は「11」、登録名は「由規」(表記は未定)です。

仮契約を終えた佐藤由投手は「プロへの第一歩を踏み出せた気がして、緊張します。すごく評価されてるからには期待に応えないといけない。これで終わりじゃないので、自分の力を出してチームの勝利に貢献したい。多くの方々に応援してもらいたいので存在感を出していきたいです。持ち味はスピードなので、こだわっていきたい。球速もここ(最速157キロ)まで上がってきてるので、目指すところは日本最速、最終的には世界最速です」と、自慢の豪腕をアピール。

また、1年目となる来季の目標については「(先発ローテーション入りしないと)意味がない。結果を出しようがないので。入れるように頑張ります。まずは1勝すること。その積み重ねで(数字が)見えてくるので。まずは1勝です!」と力強く宣言しました。

仮契約に同席した倉島専務取締役は「今朝、秋季キャンプで松山にいる高田監督と電話で話したら『来年の2月の春季キャンプには、ぜひ浦添(一軍キャンプ)に連れて行きたい』と言っておりました。157キロ、それにそういうボールを続けて何球も投げるピッチャーはそういない。一球団だけじゃなく、プロ野球界のスターを東京ヤクルトスワローズが預かったと思って、大切に育てていきたい」と、注目選手を受け入れる球団としての責任を口にしていました。

◆1巡目
 佐藤由規(さとう・よしのり)
 生年月日:1989年12月5日(17歳)
 ポジション:投手
 投打:右投左打
 身長・体重:179cm・75kg
 学校名:仙台育英学園高(宮城県)
 ○MAX157キロのストレートが魅力の超高校級右腕。実力、完成度ともにNO.1。
(公式ホームページより)



今日は、

11月11日

大安吉日

でして、縁起を担ぐには良さそうな日取りで契約をしました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

東京ドームに

行って来ました。

今日はあいにくの雨だったので、午前中の戸田は諦め(練習していたのかどうかは分かりませんが)、夜の東京ドームのみ参戦しました。

SK対統一

SKの強さだけが目立ちましたね。一つでも先の塁を窺う姿勢や逆方向への強い打球など、少なくとも昨年のサムスンより、打撃面ははるかに上という印象を肌で感じました。来季よりスワの打撃コーチに就任する大田卓司氏、期待できます。

一方の統一は、雑なプレーが多く、昨年のLa Newのような細かいプレーが欠けていましたね。

観衆は、7000人台と過去2度よりも上積みされ、徐々にこの対戦の面白さに気づいている方が増えているようです。

200711102111396


200711102111394


200711102111392


20071110211139

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

トライアウト入団

昨年は、

遠藤政隆

を獲得し、タフな中継ぎとしてスワローズに貢献(ここは、色々評価の分かれる所でしょうけどね)していますが、今年は、今年の日本シリーズにも登板した元北海道日本ハムの

萩原淳

と以前から「一年間使い続ければ、3割は打てる選手」と古田前監督も評価していた元読売の

斉藤宜之

の2選手をトライアウトからの入団となる運びのようです。

萩原については、北海道日本ハムの選手というより今季の途中までオリックスにいたので、私の中では、まだオリックスの選手というイメージがありますね。第一次仰木監督時代に野手から投手(それも投手経験0で)に変更し、挑戦的な事をするなという事で覚えています。今までの実績を踏まえて、右の中継ぎでの起用になるでしょう。ちなみに、イチローと同級生で、ドラフト指名ではイチローより上位(2位)で指名されています。東京都西東京市出身ですが、村中恭兵の高校の先輩にもあたります。

斉藤については、周囲からも実力は認められながらも、読売特有の野手事情もあり、なかなか出場機会が増えず、2002年にようやく一軍定着するも膝の故障や今年の交通事故による怪我もあって、今年戦力外通告受けました。その怪我が癒えていれば、古田前監督の言葉を借りますけど、3割を打てる可能性を持った選手だと思いますから、来年の活躍で、「読売へ恩返し」をして欲しいと思います。神奈川県藤沢市出身、福岡ソフトバンクの多村と高校が一緒で、松井光介の2年先輩でもあります。

両選手とも、明日より松山での秋季練習の合流すると発表されています。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

中日、SKに敗れる

今日から始まったアジアシリーズ、日本代表チーム中日ドラゴンズが、韓国代表チームSKワイバンズに3-6で

敗れる

という

波乱(!?)

が起こり、3度目のアジアシリーズにおいて、日本勢が初めて負けた、歴史的な一戦となりました。

残業だったので休憩中、ワンセグ携帯で少し見てました。私が見たのは、荒木へのボテボテのセカンドゴロをファーストに送球するも

新井が捕球できず

SKが先制点を取った場面でした。守備の上手くないウッズでも捕れていたかどうかは分かりませんが、打撃面ではウッズと今の所、勝負にならないのですから、しっかり捕らないといけませんよね。

一つ言えるのは、去年のサムスンより今年のSKの方が走塁を含めた攻撃面がアップしていますね。一方台湾代表の統一(ユニ)ライオンズが、中国代表のチャイナスターズに途中まで苦戦していた所を見ると、土曜日のSKと統一戦はSKの方が有利かなと見てます。

さて、中日の新井と云えば、

広島のお兄ちゃん

の方はFAするのでしょうかね?一部スポーツ紙では報道されてますけどね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

明日よりアジアシリーズ

明日より東京ドームで

アジアシリーズ

が始まります。ちなみに、日本以外では「KONAMI CUP」の方が通りが良い様です。

NPB(日本)代表は
中日ドラゴンズ

KBO(韓国)代表は
SKワイバンズ

CPBL(台湾)代表は
統一ライオンズ

中国代表は、選抜チームである
チャイナスターズ

の4チームによって争われます。

このシリーズで一番面白いカードは、
韓国対台湾

です。今年のカードでは、SK対統一ということになります。

昨年は土日に、松山へキャンプ見学に行っていたので、このカードを見る事ができなかったのですが、今年は参戦予定です。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

今日から

昨日は歓迎レセプション等もあり、今日からが本格的なキャンプ始動となりました。



第1クール2日目の6日、厚い雲が空を覆い、時折雨粒も落ちた坊っちゃんスタジアムでしたが、選手たちは元気よくグラウンドへ。キャンプ2日目で予定通りのメニューを消化しました。

練習はウォーミングアップ後、キャッチボールを経て、野手陣は投内連係とシートノック、投手陣はノック、投内連係、バントなどに励みます。

すると、11時過ぎから行われたのが、早くもキャンプ2日目での実戦形式となるケースバッティング。高市投手、西崎投手、坂元投手、伊藤投手が実際に走者を置いて打者に対峙し、バント守備やベースカバーなど野手と連係して守備を行います。野手陣もバント中心ながら、時には進塁打や強打などを見せるなど、ゲームに近い形で練習が進んでいきました。

その後は、野手陣が3グループに分かれ打撃・守備・走塁練習。投手陣は50メートルダッシュ10本のコンディショニング練習やティー打撃のほか、佐藤投手、石川投手、増渕投手ら7投手がブルペンでピッチング練習。中でも鎌田投手、高井投手は100球以上投げ込むなど、キャンプ序盤ながら力のこもった投球を披露します。

全体練習終了後は坊っちゃんスタジアムで武内選手、川本選手、飯原選手が特打を、サブ球場のマドンナスタジアムでは田中浩選手と畠山選手が特守で汗を流します。続けて各自ウェートトレーニングや、室内練習場で野手のほとんどがマシン打撃を行い、19時前に練習を終了。2日目から密度の濃い一日となりました。

高田監督は「雨が降って心配したけど、グラウンドでできてよかった。室内と外ではだいぶ違う。気持ちよくできました。(ケースバッティングは)元気があってよかったと思う。ミスもあったけど、実戦により近いギリギリのプレーだし、走者もいるし試合と同じだから。(ミスは)出るけれど、少しずつ少なくして精度を高めていけばいい。公式戦でやらないために今やってますから」と、実戦形式の練習が行われた2日目を振り返りました。
(公式ホームページより)



これを見ると、終了時間が昨年より遅くなっている感じですね。

秋のキャンプはどちらかというと、来年に備えて新しい事への取り込むがメインとなっていますので、各選手たちが各々の目標達成に向けて、頑張って欲しいです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

秋季キャンプがスタート

松山



戸田

の2箇所で始まりました。松山の方は高田新監督就任や亮太の復帰登板など話題もありますから、多少なりとも報道されると思いますが、戸田の方は…、ほとんど報道される事はないでしょうね。

昨年の戸田での秋季キャンプは、戸田らしく(!?)のんびりした雰囲気で練習してましたので、今年もそうなっているでしょう。今年は若手選手が昨年より少ないので、オーバーホールを兼ねた調整にあてる選手が多いのはないでしょうかね。とりあえず、時間のある土曜日の昼(夜は、SK対統一戦の観戦予定)にでも行ってみようかと思ってます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

大社ドラフト

ニッカンとサンスポの二紙に1巡目指名候補が載ってましたね。

その選手は、

加藤幹典(慶大)

投手です。時期も時期ですから、まず間違いないものと思ってます。

先週も触れましたとおり、六大史上19人目となる通算30勝をマークし、今年のドラフト候補として、「(関東の大学の中では)右の大場、左の加藤」と称されてますから、この指名は十分納得できるものです。同投手は、昨年の高市と一緒で、高校時代から知っている投手でもありますし、縁があればいいかなと思います。現段階では、横浜との競合となりそうで、外れた場合は同じ左腕投手の服部泰卓(トヨタ自動車)らを候補としているとの事です。

トヨタの服部については、加藤とは違って、球は平均140前後でそれほど速くありませんが、打たせて取るタイプの技巧派投手です。スワで言うと藤井と似ている感じですね。上背も藤井とほぼ同じ(藤井175㎝、服部174cm)ですしね。

今年のドラフト指名ですが、

古田、高津、鈴木健、田中充、宇野、丸山泰、石堂、山田裕の8選手が、引退または戦力外通告を受けており、外国人選手についてもラミレスとグライシンガー、そしてラミレスジュニアが残るのかどうか、今の所未定となっていて、10名近い選手が来季のスワには居ない事になります。当然その居なくなった選手の数だけ補強する事になるのですが、高校生ドラフトでは2名と少数だったこともあり、大社ドラフトでは、5名程度の指名をするものと見ております。すでに、指名候補は新聞紙上にも小まめに載っていて、その中からの指名となるものと見ております。

大社ドラフトは、

11月19日(月)

です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日の神宮界隈

今日の神宮界隈は、球場以外の所が賑やかでした。

秩父宮では

慶明戦

が行われ、歓声が聞こえました。

国立では、

ナビスコカップ決勝戦
(NHK風に言えば、Jリーグカップ)

が行われてました。こちらは、ガンバ大阪が戦初優勝を成し遂げました。外苑前から球場に向かうまでの道、私の住む県の隣の市のチーム、フロンターレサポのユニ姿を多く見かけ、一方のガンバサポのユニ姿は試合前に見る事はなかったですね。

球場内では、東都の入替戦が行われており、一部最下位の國學院大と二部優勝の日大の試合でした。ドラフト指名候補である日大の左腕、篠田が國學院打線を2塁にすら踏ませない投球で完封勝利、明日勝てば、3季ぶりの一部復帰となります。過去の日大鈴木監督の入替戦の戦い方を見る限り、明日も篠田が連投しそうな気がしますが、どうなるでしょうか。一方の國學院は、先発の磯崎が誤算でした。3回途中で降板させられた際、グラブをベンチに投げつけてましたからね。打線も篠田の前に手も足も出ずと今日の試合については、完敗です。明日負けると、4季ぶりの二部降格になりますから、明日は何が何でも勝ちたいところです。

200711032309504


200711032309502



20071103230950



スワの神宮秋季練習は、今日でおしまい。荒木新コーチには、人が集まってましたね。丁寧に応じてました。上の写真は、川端慎吾内野手と衣川篤史捕手。川端選手の故障の影響はほとんどない(本人談)そうで、衣川捕手のTシャツの裏に「早期発見」という言葉がプリントされてました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2008年コーチングスタッフ発表

一軍

監督 高田繁
ヘッドコーチ 小川淳司
投手コーチ 荒木大輔
投手コーチ 伊藤智仁
打撃コーチ 八重樫幸雄
打撃コーチ 大田卓司
守備・走塁コーチ 馬場敏史
守備・走塁コーチ 飯田哲也
バッテリーコーチ 中西親志
コンディショニングコーチ 長田孝幸

二軍

監督 猿渡寛茂
投手コーチ 山部太
打撃コーチ 土橋勝征
守備・走塁コーチ 角富士夫
守備・走塁コーチ 佐藤真一
バッテリーコーチ 高橋寛
コンディショニングコーチ 中村達昭

これを見ますと、

二軍スタッフ陣

の数が少ない気がするのですが…、ちなみに、今年のスタッフより3人減ってます。そんな中、こんなニュースが入ってきました。



 日本ハムは2日、白井一幸ヘッド兼内野守備コーチ(46)、淡口憲治打撃コーチ(55)、佐藤義則投手コーチ(53)に対し、来季の契約を結ばないことを通告した。

 他球団の来季スタッフがほぼ決まった段階での通告で、佐藤コーチは「誠意がないわな」と怒りをあらわにした。
(スポーツ報知速報記事より一部抜粋)



高田監督になる際に、一部で噂になっていた淡口、佐藤氏がスワに来るのでは?という情報が出ているのですが、果たして、この記事はそれを意味する事になるのかどうかですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

53年ぶりの

見事に、中日ドラゴンズが53年ぶりの

日本一

に輝きました。今日の試合は、なんと言っても

山井大介

がシリーズ史上初の

完全試合なるか?

という一点の興味があり、8回までパーフェクト、シーズン中でも滅多にない事態ですから、緊張感もって見ていた方も多かったと思います。しかし、「マメができた」(落合監督談)ということで、最終回岩瀬にスイッチ、岩瀬も3人ピシャリで、継投による

完全試合

により、中日が4勝1敗で日本シリーズを制しました。北海道日本ハムは初戦勝利し、後4連敗という昨年の中日と一緒のパターンで敗れてしまいました。昨年と違って、投手では岡島、野手では小笠原とSHINJOが抜け、非常に苦しいと評されながら、パリーグとクライマックスシリーズを制したわけですから、このシリーズ敗戦だけで評価を落とすわけにはいきません。本当にお疲れ様でした。中日の選手ファンの皆様は、

アジアシリーズ

もがんばってください。

→続きを読む

テーマ : 中日ドラゴンズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。