スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸・おまけ




行きは新横浜朝6時発の「ひかり493号」で新神戸へ。11分後にのぞみ99号が、さらに7分後にはのぞみ1号が続いてくるのですけど、西明石で通過待ちとなっているので、首都圏方面から新神戸まではひかり493号が先に着きます。ただ、新横浜では、のぞみ99号の方に待っている方が多かったですかね。




地下鉄の広告。スカイマーク茨城神戸間の案内。需要が果たして…




布引ハーブ園へ行くためにはこちらのロープウェーで。金曜日にトラブルがあったようですが、日曜日は通常に運転していたようです。




スカイマークスタジアムのテント販売の中に、ブルーウェーブグッズ復刻版を販売している所がありました。9時半過ぎに当球場に着いたのですけど、この時点で結構な方が並んでましたね。




肉味噌メン、麺がほぐしにくく、肉味噌が絡まなかったのが残念です。

なお、「B's勝カレー」が無くなっていたのが残念でした。
スポンサーサイト

テーマ : お出かけ
ジャンル : 旅行

2年ぶりの神戸

スカイマークスタジアム

行ってきました。ちなみに、今年初関西です。




神戸市営地下鉄西神・山手線に乗ったのも2年ぶりです。




この日は、「がんばろうKOBEデー」と称し、オリックス球団として初めての優勝した95年をフューチャー、ブルーウェーブ時代のユニフォームを着用。また選手アナウンスコールもDJ・KIMURA氏が担当してました。なお、その年の日本シリーズの対戦相手だったのは、ヤクルトスワローズです。だから、この日を選んだのでしょうね。




今回、初めてスカイマークに来た観戦仲間がいたのですけど、「良い球場」と言ってました。確かに、良い球場なんですよね。34000人を超え、ほぼ満員でした。スワローズファンも結構居ましたね。オリックス主催だといるんですよね。




試合の方は、由規が2回に日高にソロを浴び、1点を失うも、失点はその1点のみで、7回まで投げました。内容はカットされるボールが多く、空振り見逃しが少なかったです。このような場合、打たせて取る投球をマスターしていくと、球数も少なく、テンポよく投げられると思うんですけどね。正直、内容的によく1点で済んだなと思いましたね。押本は1イニング2失点、前進守備が裏目に出たところもありましたけど、ピンチの場面でゴロに仕留める投球ができませんでした。

打線の方は前夜の爆発は鳴りをひそめ、4安打。9回表ガイエルのタイムリーで完封を免れるのが精一杯でした。ロースコアの接戦をモノにできないですね。7回1死1・2塁で連続三振が痛かったです。




試合後は、のぞみ最終の時間まで残念会してました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

交流戦も小川代行も石川も

ヤクルト交流戦初勝利!石川は今季初勝利

 新生ヤクルトがついに連敗を止めた。チームは交流戦初勝利を挙げ、先発の石川は今季10戦目で初勝利となった。

 もう、負けられない。チームの9連敗&自身の6連敗を止める。開幕から勝ち星のないエース石川が、気合十分の投球をみせた。

 試合前には「とにかく勝ちたい。勝ちたい気持ちは、以前にも増して強い」と話していた石川。三回二死一、二塁のピンチは、内角高め138キロの直球で荒金を三飛に。各打者の内角を攻める“強気の姿勢”で、ゲームを作った。

 開幕投手を務めたが、ここまで0勝6敗、防御率4・03。エースの不調に引きずられるように、チームも27日の楽天戦(神宮)こそ引き分けたものの、9連敗中で借金19。26日には、高田監督が辞任した。

 「監督だけの責任ではない。申し訳ない」。エースとして、選手会長として。誰よりも責任を感じていた。

 1-0で迎えた四回には北川に逆転2ランを浴びたが、打線が試合をひっくり返した。六回、先頭のガイエルが右越えに13号の同点ソロ。さらに武内の右中間二塁打で一死二塁とすると、宮本が左前適時打で勝ち越し。さらに相川の左越え適時三塁打、藤本の中前適時打でこの回一挙4点、七回にも武内、相川の適時打などで4点をあげ、オリックスを突き放した。

 くしくも京セラドームは、昨年6月14日のオリックス戦で「11打数連続安打」の世界記録を樹立し、“ギネス打線”と呼ばれた球場。不振に苦しみ続けたツバメ打線が、ついにつながった。

10連敗阻止!ヤクルト新打線で得点力復活

新オーダーで眠っていた得点力を起こした。

 ヤクルトは1点を追う六回、今季初めて3番に入ったガイエルの本塁打で同点。小川監督代行は「(本来3番の)青木を1番に置きたかった。代わりに3番に持ってくるのは左投手が来ても代打を送らなくていい打撃を持っているガイエルだった」。狙い通り、ここで救援した左腕、菊地原から放った一発にしてやったりだった。

 さらに宮本の適時打で勝ち越し、これまで8番か9番だった7番相川が適時三塁打で続いた。「相川は状態が整っているので」と小川代行。その相川は3安打4打点。好調の打者に少しでも多く打席が回るようにした作戦がズバリと的中した。

 この回4点で逆転し、七回にも5安打を集中して4点。結局、16安打11点で大勝した裏には、今季初めてその打順を任された打者が4人もいたことが挙げられる。

 交流戦初勝利で10連敗を阻止。急きょ指揮を託されてから2試合目で勝った小川代行は「打線がつながったのは大きかった」。低迷の元凶だった攻撃力に見えた浮上の兆しに手応えを感じていた。
(いずれもサンケイスポーツ速報記事より)



勝ちました~

5月9日以来の今月3勝目、37年ぶりの10連敗阻止、そしてタイトル通り

交流戦初勝利

小川代行初勝利

石川今季初勝利

と3つの初が付いた試合となりました。

オリックスは、木佐貫を5回で交代したのが裏目となりましたね。

さて明日は、2年ぶりのスカイマークへ行って来ます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

スポニチより

ヤクルト 3選手を登録抹消

 9連敗中のヤクルトは28日、加藤幹典投手、野口祥順、森岡良介両内野手の1軍登録を抹消した。29日からの交流戦後半を前に小川監督代行がチーム内の活性化を図り、浮上を目指す。

ヤクルト 37年ぶりの不名誉な記録回避へ 和製大砲昇格へ

 負けはしなかったが、ヤクルトは依然9連敗中。29日のオリックス戦(京セラドーム)で敗れれば73年以来37年ぶりの10連敗となる。小川監督代行はDH制4試合をにらみ、和製大砲・畠山を昇格させることを決定。「勝つことが一番の薬。そのためにどうすればいいかを考える」と背筋を伸ばした。

ヤクルト緊急編成会議 ターゲットは新外国人野手

 ヤクルトは28日に大阪で緊急編成会議を行う。小川監督代行就任に伴うもので、29日のオリックス戦(京セラドーム)に向け大阪入りする宿舎で大木常務、渡辺編成部長らが出席。奥村海外担当が調査を終えた新外国人野手を中心に話し合う見通しだ。

 また、高田前監督辞任後のコーチ人事について、球団関係者は「現体制の全員で小川監督代行を支えてほしいと通達した。このままでいきます」と話した。
(いずれもスポーツニッポンより)



加藤、野口、森岡の3選手抹消、昨日林昌勇が抹消されているので、4選手抹消されています。代わりが畠山と26日に一軍合流している由規(スカイマークの日が有力か)、後2選手(投手1、野手1)となります。野手はユウイチでしょうか。投手は、林昌勇が抹消され、左の加藤抹消となると…、一人思い浮かびますね。

編成会議、はっきり言って動きが遅いですね。他のフロントなら、現場の声を聞くまでもなく、獲得すると思うんですけどね。最下位なのに、未だにトレート、新助っ人獲得の声がないというのは、おかしいと思いませんか?

まぁ、オリックスがセギノールを獲得か?という記事が同じスポニチに載っていた以上、獲得するのなら、日本球界未経験選手になりそうな感じがします。

さて、明日は仕事なので、京セラはパス、日曜のスカイマークは日帰り参戦です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

小川代行、初陣

志半ばで辞任した高田監督に代わり、今日から小川淳司監督代行が指揮を執る事になった初陣、結果は

交流戦が始まって6年目にして、

初の引き分け

です。代行が、「勝てなかった気持ちの方が強い」と言った事はファンも同じ気持ちだったと思います。勝てるチームは、7回8回の好機を活かして逃げ切れているでしょうからね。

選手起用について?な部分がありましたけど、どうこう言っても始まりません。




意外(!?)にもライトスタンド、来てました。




相川の走者一掃のツーベースを放った時、ライトスタンドが盛り上がったのですけどね。




延長12回、22時を回ってましたが、お客さんが結構残ってました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

松山day

写真3枚載せてますけど、コメントは今日の所はいいでしょう。








ヤクルト・高田監督「これ以上迷惑はかけられない」=会見コメント

 東京ヤクルトの高田繁監督が26日、神宮球場で辞意を表明し、休養することになった。この日の午後、辞任報道を否定した同監督だったが、2対3で敗れた東北楽天戦の試合後、鈴木正球団社長に辞意を伝え、了承された。ここまでチームは13勝32敗1分けで最下位に低迷。現在も9連敗中、交流戦勝ち星なしと復調の気配が見えず、成績不振の責任を取った。今後は、小川淳司ヘッドコーチが監督代行として指揮を取る。
 以下は、鈴木球団社長と高田監督の主なコメント。

■鈴木球団社長
 試合後に、監督から『責任を取りたい』との申し出があった。何度も説得をしたが断腸の思いで決断に至った。

■高田監督

――申し出のいきさつは?

 社長に『責任を取りたい』と言って了解を得た。監督の進退問題などはチームに迷惑をかけるし、選手もプレーに集中できない。当初は、交流戦を終えたあたりで一度考えようと思ったが、これ以上迷惑はかけられないと思った。

――いつから辞任を意識したか?

 これだけ負けが込んでいるのだから……。打順を変えたりいろいろな手を打ったが、状況を変えられなかった。

――今季の戦いを振り返って

 開幕直後はいいスタートが切れたが、クリーンアップの不調とともに、ほかの選手の打率も下がっていってしまった。ピッチャーは頑張っていたんだけどね。昨年みたいに、代わりに活躍する選手も出てこなかった。

――監督としての思い出は?

 いろいろあるけど、去年のシーズン最後、苦しい思いをして阪神に連勝して、負けはしたけどクライマックスシリーズに出たこと。宮本(慎也)を中心に、チームが土壇場で力を発揮してくれた。

――選手にメッセージを

 まだまだ試合があるし、取り返してほしい。
(スポーツナビ)

昨年苦しみながらCS進出し、ナゴヤで楽しい思いをさせてもらった事に感謝してます。今季の戦いぶりはさぞかし無念だったでしょう。お疲れ様でした。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日の交流戦あれこれ

今日は初めからスワローズの試合がありません。



清水が2季ぶり完封!対ソフトバンクの連敗止めた 

横浜の清水が2季ぶりの完封でチーム今季初完投。一回に村田の適時打などで2点を先行。二回は内川の適時打、七回は村田の適時打とスレッジの2ランで加点した。ソフトバンク戦は8連敗中だった横浜は、3年ぶりの勝利となった。ソフトバンクは岩崎が精彩を欠いた。
(スポーツニッポン速報記事)



横浜は福岡ソフトバンクに過去2年、4戦4敗でスイープされていたんですね。それを止めたのが、元千葉ロッテの清水直行、しかも一昨年の8月以来の完封だったようです。



序盤の大量失点に淡泊な攻め…ロッテ今季初の零敗

 四回までに8点を失った。大量リードを許し、自慢の打線も淡泊な攻めになっていく。ロッテは49試合目にして今季初の零敗を喫した。

 一回から重苦しかった。先発の小野が1点を失い、なお2死一塁でブラゼルの強烈な打球を右肩に受ける。そのまま降板し、急きょ登板した川越が死球に連打で3失点。けがで約1カ月ぶりのマウンドとなった川越は二回に2点、四回にも2点を失い「何を言っても言い訳になる。修正できずに終わった」と責任を背負い込んだ。

 チーム打率が3割に迫り、つながる打線がこの日は散発4安打に終わった。併殺打も三つ。3人で攻撃を終えたのが、6度もあった。西村監督は「そういう時もある。切り替えが大事」と努めて明るく振る舞った。
(スポーツニッポン速報記事)



千葉ロッテ、これが今季初の完封負けでした。これで残る今季完封負けなしは読売のみです。

→続きを読む

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

今日も中止

今日も雨で中止でした。ただ、18時時点でそれほど強く降ってなかったので、判断が早すぎたかも知れませんね。まぁ、3日間負けなかったと変な前向きですか。先発予定だった館山は、果たして、明後日へスライドかそれとも。

北海道日本ハムはこの2試合が中止になった事で、6月14日以降に2連戦が行われます。ただ、明後日からの北海道日本ハムは北陸での2連戦(富山、金沢)になるのですけど、この2連戦の天候がかなり怪しく、最悪2試合とも中止になる可能性があります。その場合、予備日4日間をすべて使わないとならなくなります。それは避けたいでしょうね。




この画像は、先日のオリックス戦時に配っていたもの。サークルKサンクスで席数限定で割引販売を行うというもの。

…なにもこの試合でやらなくとも。珍オタ阪神ファンが黙っていても定価で買うわけですから。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

22日のマリン、おまけ

マリンでの屈辱の翌日となった今日は14時、早々の中止決定されました。今日については、雨がやむ予報ではなかったのでね。




見づらいかもしれませんけど、千葉マリンの年間席所持者一覧(このようなものを設置している球場は他にないのでは?)に千葉県ヤクルト販売の名がありました。また、今の埼玉西武とは関係が希薄ですが、そごう西武の外商部も保有しているようです。




というわけではないのでしょうけど、マリンでの交流戦ではお馴染みとなったヤクルトの販売(神宮でやらないのに)。また、当球場の外野に自動販売機もあります。




交流戦弁当、東京ヤクルトバージョン。




大きなあなごの天ぷらを筆頭に江戸前天丼がベースとなってました。天ぷらが冷えていたのは、仕方ない所でしょうか。千葉の駅弁業者、万葉軒が製造してます。




こちらは、レフトスタンド下の売店で売られているイチ氷。昨年は練乳入りを食べましたが、今年は入れないのを食べてます。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

大のつく惨敗

…一ファンがあれこれ言う試合ではないですね。5日の試合が今季最低の試合になるのかなと思っていたのですけど、それをはるか上を行く試合でした。20失点、11年ぶりです。




今回、行きからわかしおに乗って、いつも以上に気持ちを乗せて向かったのですけどね。




11時半過ぎのビジター外野席の入り口付近。土曜日のデーゲームというのもあったのでしょうけど、このチーム状態の中、私含め良い意味でのスワローズバカの皆様が、結構開門待ちで並んでました。




つば九郎が交流戦で唯一のビジター遠征。マーくん、クールらとじゃれ合ってました。




6回表、飯原タイムリー時のビジター席での様子。スタンドデッキにも多くのスワファンがいました。この辺りは、昨年までとは違ってましたか。




3塁内野、フィールドウィング席にも多くのスワファンが来ていました。それなのに…

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

初回で勝負あった

今日からは千葉マリンで2連戦、その初戦

3-6

敗れました。初回に5点を奪われては、残念ながら、今のうちでは反発できないでしょうね。

5点奪われる最大の要因になったのは、青木の走者一掃となった打球見失いではあるのですけど、その前に2死ランナーなしから満塁になったバーネットの方に問題はなかったでしょうか?井口に二塁打、金泰均四球、大松四球、2番荻野8番里崎含めこの回4四球、これで点を取られない方がおかしいわけで、そこの所を監督コーチ含め指摘しないといけない気がするのですけどね。私は青木の打球見失いよりもそちらの方を問題視したいですね。5月の読売戦で3回9失点されて以降、狂い始めたバーネット、何かを変えないと厳しいでしょう。

打線の方は、宮本2ラン、青木ソロと珍しく(!?)1試合2本を放ちますが、それだけでした。デントナは3三振、慣れてきているはずの2年目でここまで落ちてしまうと、上昇はあるのか?と考えてしまいますね。

明日は、幕張に行って来ます。中澤と横浜から千葉ロッテへ途中移籍したばかりの吉見が予想されてます。交流戦初勝利の可能性、今日よりはあるでしょう。マリン特有の風とチェンジアップに苦しまなければの条件が付きますけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

大宮周辺




駅の西口を出て右側、ニューシャトル乗り場方面に向かうとJACK大宮があり、そこにFM NACK5の本社があります。この建物内にはプラネタリウムなどがあり、建物の中に入れない訳ではありません。




氷川神社。初詣客が年々増えている場所でもあります。参拝し、必勝祈願をしたのですが…




球場の隣にサッカー場があり、大宮アルディージャの本拠地、NACK5スタジアム大宮(大宮公園サッカー場)があります。キャプテン翼の中学生時代の全国大会でも描かれてますね。

→続きを読む

テーマ : 埼玉県
ジャンル : 地域情報

今月3度目

今日の試合のチケットはすでに買っていたのですけど、20時まで仕事していて、駆けつける事ができず、帰りの電車でポケットラジオ(文化放送)を聴いていました。結果は、

2-3x

早くも今月3度目のサヨナラ負けです。今日の先発は石川、7回2失点、好投ではあるのですけどね。勝ち負けつかず。同点打を打たれた片岡と栗山2人で1つのアウトを取るくらいの姿勢でも良かったかもしれません。

負け投手となった林昌勇、日曜日以来の登板でしたが、大崎に四球、細川に犠打を決められ、片岡にサヨナラ打を打たれる、きれいにやられてしまいました。

打線の方は、浩康3安打したのですけど、3番から8番までノーヒット(飯原、ガイエル1四球ずつ)でしたから、走者を還す事が目的となる主軸が全く機能しません。

これで東京ヤクルトの西武ドームは、2008年5月21日の勝利を最後に公式戦5連敗です。




ここから先は、西武ドームのグルメを一部紹介。1塁側指定エリアで販売している弁当。4月17日撮影。




こちらは、大宮で購入したオムライス工房。西武ドームでは球場に一番近い場所にあるワゴンです。




東京ヤクルト戦限定で販売したチキンとマスタードのクリームチーズオムライス。

テーマ : 球場グルメ
ジャンル : グルメ

埼玉県営大宮公園野球場

今日はさいたまでの試合、結果は

0-1

3塁すら踏めず、今月4度目の完封負けです。

5回浩康が無死から初めてランナーが出たものの、藤本が犠打できず、セカンドゴロ。確かに、ポイントの一つだったとは思いますけど、仮に犠打が決まっていたとして、続く相川、福地で1点を取れていたのかというと、今季のここまでの両者を見て、「?」だったのではないですかね。1点を追う8回1死から福地が安打で出るも盗塁失敗、こっちがよほど痛かったかと。復帰後1回しか盗塁が決まっておらず、こここそ犠打だったのではないでしょうかね。2塁で青木に託すくらいの考えがあっても良かったかな。




最寄はビルが並ぶ西口ではなく、東口の方。




歩いてで20分ほどで着けます。氷川神社の方へ向かって歩くと着く事ができます。




スコアボード。BSO表示と同時に、明るいLED表示で大変見やすかったです。惜しむらくは、打率本塁打がなかった事ですか。アマ使用がベースだと仕方ない部分ですかね。




ライトスタンドの傾斜。


テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

いざ、さいたまへ

今週1週間は、埼玉(さいたま市大宮区、所沢市)、千葉(千葉市美浜区)とビジターながら首都圏での試合です。




4月17日撮影。逆襲大宮、うちも大宮から逆襲開始です。




昨日撮影。その為には、この方の打棒が必要です。明日、NACK5まで打ちましょう。それは、ガイエルの方が可能性があるかな。

2008年以来のさいたま(NHK的表現)来襲ですが、スワローズ戦となると、気持ちは違いますね。

絶対!勝つぞ!!

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

勝ち越せなかった

久しぶりに終盤に点を奪えたのですけどね。

5-6

延長11回競り負けました。

杉内から5点を奪えた事には良かったのですけど、その前に押本が同点での登板で3度連続失敗(これが一番ダメだった所)、増渕はまだ競った場面では荷が重かったか、1点を失い負け投手になってしまいました。

打線について言うなら、同点に追いついた後、8回1死2塁、9回1死2塁と共に凡退、特に8裏、武内のボール球になる変化球を空振り三振、9裏飯原が3ボール0ストライクから打ちながら詰まってセカンドフライ(たぶん、ストレートにヤマを張っていたものかと)。打線については、追いつくまではできてもそこからの一押しができない、中継ぎ陣も同点時での登板で点を失う、1点勝負の展開で勝ちきれない試合が続いてますね。それもそのはず、1点差試合

3勝11敗

ですからね。チームの借金14の実に過半数が1点差負けという状態です。

神宮での交流戦を4連敗で終わったスワローズ、火曜日から土曜日までさいたま、所沢、幕張で行われます。




画像は、ガイエル同点弾時のもの。盛り上がったんですけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

最近

神宮に戻ってからの3試合

7回裏以外



傘を振ってない

んですよね。オリックス戦は2回裏のみに得点、その時間は球場に着いてないのでね。

今日はフルイニング参戦でしたが、結果は同じでした。今日の和田を打ち崩せないようでは…、正直、完封される出来には見えなかったんですけどね。福岡ソフトバンクは2回表無死1・2塁で山崎に犠打で成功、和田凡退も川崎に2点タイムリーが生まれ犠打が生きた格好、一方東京ヤクルトは1回二死満塁、2回無死2塁、3回一死1・2塁と序盤の好機を全く活かせず、4回の中澤の犠打併殺から和田はしり上がりに調子を上げられ、7回からは摂津、8回ファルケンボーグ、9回馬原に抑えられました。

この3連敗、打線については序盤は安打で好機をつかむも活かす事が少なく、中盤以降走者が出なくなる、このパターンで負けてます。

先発の中澤、7回2失点も負け投手。前回も8回2/3を投げ2安打1失点で負け投手。共通しているのは2試合ともチーム得点が0だった事、中澤に対して言うのなら、2試合とも失点が初球を打たれている事ですかね。とはいえ、好投している投手を勝たせられない打線って、何なんでしょうね。中澤のコメントが泣けてきます。




この日は福岡でTVQが放送。ただし、中継車がテレ東の制作会社のものでした。




先に述べた7裏の東京音頭。

試合後、木曜のオリックス戦のような雰囲気(罵声がかなり飛び交っていた)にはなってなかったのは、コア層メインのスタンドではなかったからかもしれませんね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

鉄道ネタ2本

今日は試合がありません。突然ですが鉄道ネタを。

一、京急ダイヤ改正

話題となっているのは、エアポート快特の

京急蒲田通過

です。京急蒲田と云えば、国道15号との踏切交差(毎年、箱根駅伝の時でも紹介されますね)を解消すべく、立体交差化が進めていて、京急蒲田駅のある大田区も多大な協力をしてきた中で、この措置。当然納得できるはずもなく、このような抗議文を京急に出しています。大田区側の主張する一時たりとも通過を許さない姿勢、いつぞやの名古屋飛ばし(ちと古い?)を思い出します。

京急からすると、10月末に羽田空港国際線ターミナルが開業しますが、この国際線ビル駅(京急側の駅名は未定)、モノレールでは地上駅(東京モノレールのHPでは、出発ロビーが同一階)になるので、地下駅となる京急より利便性が良い為、京急としても東京モノレール対策で羽田空港-品川ノンストップという結論に至ったと思います。

ただ、このエアポート快特、数年後には京急蒲田を停車するだろうと思ってます(理由。京急蒲田-品川間の過密ダイヤによる本数圧迫により、時間短縮による速達メリットが薄い為)。

後は、横浜方面本線系統に急行が11年ぶりにエアポート急行として復活、停車駅も乗り換え駅や利用者の実情に合わせた(生麦、子安、黄金町、京急富岡を通過し、仲木戸、井土ヶ谷、弘明寺、杉田、能見台を停車)ものとなりました。横浜市内の駅をこまめに停車する急行により、利便性を上げました。ただ、改正前と比べ、横浜方面から羽田へ行くメインの種別が快特・特急から急行になった事で、横浜方面からですと、所要時間が延びてしまった事が難点ですかね。しかし、改正後のダイヤを見ると、このエアポート急行は日中の場合、神奈川新町で快特の通過待避を行うものの、この通過した快特では京急蒲田まで先着しても、当駅で結局神奈川新町で追い越したエアポート急行に乗る事になるので、遅くなったという感覚は多少避けられるかと思います。また、4両編成から8両編成がメインとなり、混雑緩和にもなりますね。

二、E5系の愛称名「はやぶさ」(PDF表示です)

正直、「はやぶさ」って…。「はやぶさ」といえば、東京から鹿児島本線経由の西鹿児島(現鹿児島中央)行きのブルートレインで長年親しまれ、昨年引退した名称名ですけど、まさか真逆の方面で復活するとは、思いもよらなかったですね。新大阪発の九州新幹線直通の愛称が「さくら」として復活する事から、過去のブルートレインが新幹線の愛称として復活するのは一つの流れなのかもしれません。

ちなみに私は1位の「はつかり」に投票してます。特に青森の人には、「はつかり」だと思うんですけどね。2位の「はつね」については、某キャラ名が由来という事を知らなかった(疎いので)んですけど、先入観が与えなければ、もしかしたらだったかもしれませんね。なじみの無かった「はやて」が採用されたくらいでしたからね。

お分かりでしょうが、私、結構な鉄道好きなのですけど、このブログで紹介する事はほとんどなかったですね。

→続きを読む

テーマ : 鉄道情報
ジャンル : 趣味・実用

まさかで必然

2-9

オリックスに連敗です。

今日の試合の結果に対して(オリックスファンには失礼ながら)

まさか

という気持ちですけど、内容を見ると

必然

だなと。

2回に逆転した直後に再逆転され、こう着状態から失点し、とどめは落球を足がかりにされて、満塁弾…。おまけに11四死球、投手陣が不甲斐なかったです。

打線は良かったかというとそうではなく、福地が3度の好機ですべて凡退もありますが、それ以上に一時逆転となったタイムリーで藤本の談話、「(オリックス小松は)球の速いピッチャーなので振り負けないようにと思い切っていきました」

今日の小松、MAX143キロ(データスタジアム調べ)で、かつストレートのほとんどが130キロ台で決して速くなかったんですけど…。小松をどのように分析していたのでしょうか?藤本とスコアラーに聞いてみたい部分です。事前準備が不十分のまま試合にのぞみ、ただ漠然と試合をしているだけなのでしょうか?この辺りに負けが込んでいる必然性を感じます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

変わらず

今日から始まった日本生命セパ交流戦、初戦の相手はオリックス。結果は延長10回

1-2

で敗れました。

2008年6月1日のスカイマークで敗れて以来、オリックス戦の連勝が6でストップしました。

打てない

これに尽きるんではないですか。わずか4安打。前回と違い、8回1失点の石川に勝ちを付けられない打線ですからね。5回以降ノーヒット、得点もガイエルのソロのみ。好機も3回裏の2死満塁で宮本凡退、4回2死2塁で福地凡退。これ以降走者が出たのは、8回の浩康四球のみでしたからね。

一方の投手陣も押本が2試合連続失敗しました。荒金のはセカンド内野安打は仕方ないにせよ、鈴木のバント処理判断を誤り2塁を許した結果、坂口に決勝打を打たれる、一つのミスが致命傷になってしまう、何故なんでしょう?これを突き詰めないと同じミスを何度も繰り返し、いつの間にか取り戻せない事になってしまうのではないでしょうか。

これは個人的な意見、今朝のサンスポの青木のコメント、「なんで負けたかとか、過去を振り返ったら、マイナスのイメージばかりになってしまう。だから、今だけに集中していきたい。1試合、1打席に集中したい」。

私は?を持ったんですよね。マイナスのイメージだからこそ、過去を振り返り、なぜそうなったのかをしっかり自己分析し、二度と同じ失敗をしないという姿勢を持つべきではないではないでしょうかね。プロであり、同じ過ちを繰り返しているようでは成長しないと思うんですよね。前を向くというのは、失敗から目を背ける事ではなく、今回の失敗例を次は成功させるために活かす事ではないかと思います。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

明日より交流戦

明日より

日本生命セ・パ交流戦

が始まります。今年も1チーム24試合計144試合が行われます。

昨年は15勝9敗と交流戦2位で、今年は優勝!といきたい所ですけど、借金10の最下位に低迷しているチームが交流戦で急に息を吹き返すとも思えず、とはいえ、交流戦で少しでも借金を返したい気持ちもあります。

最高の目標を言うなら17勝7敗、交流戦の優勝が出来る数字でもあり、リーグ戦再開時は5割から再スタート出来るという点でも理想的です。そこまでは難しくとも現状の借金10をどれだけ減らしていけるかが、重要になるでしょう。昨年並みの勝ち数は欲しい所ではありますね。

明日の先発が予想される石川、今季ここまで0勝6敗、いまだ未勝利と苦しんでますけど、明日については内容は問わない(クオリティスタートは必要でしょうけど)ので、勝ち投手になって欲しいですね。

明日は東北楽天からオリックスへ移籍(!?)した喋るマスコット(というより野菜?)で衝撃を受けた「ゴーヤ」が来場します。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

東名ハイウェイバス

今回の名古屋遠征、往路はバスで行きました。とりあえず、少しでも安く行く為です。




バスで名古屋へ行くのは今回が実は初めて、したがって、東名ハイウェイバスも初乗車でした。

高速バスネットから「早割1」で申し込み、ナゴヤドームの一番の最寄となる本山(当駅から名城線で4駅230円)まで、東京駅八重洲口から3880円(私の場合、通勤定期の関係上160円で東京駅に行けます)です。時刻表では9時発で14時21分に着きますが、ほぼ定刻に着きました。




3度ある休憩先の1つ、日本坂PA(一部の便では停まりません)で食べたしぞーかおでん。

18きっぷ以外の時期で安く名古屋へ行きたいのなら、この移動手段はアリだと思います。

→続きを読む

連敗脱出!

9-0

連敗を6で止めるとともに、昨年からのナゴヤドーム連敗も7で止める事が出来ました。

デントナ、ガイエルのまさかまさかの連続弾が飛び出して4点を先制、3回にはガイエルシフトの間を抜けるセンター前タイムリー、さらに1死満塁から藤本が走者一掃の2塁打を放ち、8点目。朝倉を2回で降板させ3回から清水昭信を2番手で登板させ、試合を立て直そうとした中日の目論見を崩すことに成功しました。投げては村中が7回無失点に抑え、2番手松岡、3番手林も無失点、見事な完封リレーでした。




ガイエルの10号時のビジター席。




勝利時のもの。




スコア。中日は昨日2安打今日は4安打とスワローズ投手陣は頑張りました。




私の傘。今年からミニミニ傘が発売され、柄の部分がはめ込み式になっていますので、ご覧のとおりの活用が出来ます。




試合後は、大曽根まで歩き、そこで祝勝会。写っているのは焼酎水割りです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ナゴヤ

今季初遠征先は名古屋でした。結果は

2試合連続サヨナラ負け…

プロセスは違いますが、2死ランナーなしからの悲劇となってしまいました。

完投負けとなった先発の中澤、8回まで5四球ながら、安打は2回英智のライト前のみの1本に抑えていたわけですから、ナイスピッチだったと思います。この投球内容で勝ちをつけさせてやれない今の打線って、何なんでしょうね。6連敗中の総得点がたったの5、1点未満ですから、完封以外で勝つのは難しいでしょう。




今季初の自身で撮影。着いた時は26℃の夏日、3度ほど下がってました。




試合後は栄で残念会。地鶏の刺身が美味しかったです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

守りは良かった

再三再四、守りでは良いプレーが出ました。しかし、勝たないとその努力は報われません。

1-2

今季2度目のサヨナラ負け…。押本、2死無走者から和田の四球はまぁ作戦でしょう、しかし、大島にヒットを打たれた時点で和田の四球は無意味になってしまうんですよね。英智の死球も大島に打たれた事の誤算による押本の焦りだったと思います。

それ以上に4安打しか打てない打線、昨日は野手陣は休日だったそうで、デントナが一人休日返上で打撃練習していたそうですけど、今のチーム状態で他の野手陣、休んでいいほど、余裕があるのでしょうか?全員が返上して練習するべきだったのではないですかね?今のチーム状態に選手自身が責任を感じているのなら、尚の事だと思うんですけどね。低迷の要因である打撃陣が、ここまで投手陣(東京ドーム3連戦を除く)に迷惑をかけている訳ですからね。




さて明日明後日、名古屋へ行って来ます。公式戦では今季初遠征です。川島亮が今日投げた(6回1失点、7回も投げる意欲はあったようですけど、今日の所は意気込みだけで良いでしょう)ので、中澤、村中の先発と予想されます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

陳麻家in神宮

今日は試合がありませんので、こちらを紹介します。

神宮では今シーズンより、ライトスタンド通路側に

陳麻家

がオープン(野球場ではKスタ宮城に次ぐ2店舗目)しましたが、何度か利用してまして、結構気に入ってます。一部メニューの画像です。




坦々麺(700円)




陳麻飯(600円)




スパイシーポテトフライ(300円)

テーマ : 球場グルメ
ジャンル : グルメ

3-20

試合後、監督は檄をとばしたようですけど、高田監督

戦う姿勢、見せました?

少なくとも私には伝わらなかったですね。初回に5点を奪われ、2回2死ながら1・3塁でバーネットに代打を出さない、これで戦っていると言えるのですか?5点を取られたのなら、勝つためには6点以上を取らないといけない、序盤とはいえ、毎回好機が来るわけではない、だったらこの時点でバーネットに見切りをつけ、代打を送る構え(もちろん、結果は知る由もありませんけど)を見せるべきではなかったですかね?明日は試合がないんですから、総力戦するべきではなかったですかね。




今日は珍しく(!?)開門直後に球場入り。打撃練習を始め、選手の観察もしてました。




レフトの福地。4回の阿部の2ランの時に、荒げていた様子は窺えました。悔しさからか、苛立ちからなのかは分かりませんけど。自身は4打数1安打でした。




今日唯一の傘が開いたシーン、7回表攻撃前の東京音頭です。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

内容が

先発の石川、前回登板時と一緒、初回に3失点、青木の拙守もありましたけど、ラミ、阿部と簡単に外野に運ばれているようでは、ね(ただ阿部のは報ステを見ると、ツイスト打法か?)。

打線は初回の併殺と拙守を取り戻すべく、青木がバントヒットを試み(個人的にはこれを初回にやって欲しかった)、ゴン、阿部、中井のミスを誘い3塁へ、そしてデントナが返すという良い攻撃、飯原も続き、浩康四球で1死満塁、しかし、ここからが繋がらないのが今のうち、藤本、相川と凡退し、1点のみ、結局それが今日のチームの得点でした。チャンスも初回の無死1・2塁とここしかありませんでした。それもそのはず、3併殺してますからね。




今日のスワファンが盛り上がった場面。




試合後は、千曲で残念会。主に今のチーム状況と今後の展望について、2時間半ほどしゃべってました。飲んだメンバーの中には今季初観戦の方もいて、スワ話が出来た事には満足していましたね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2回で決まってしまった

タイトル通りです。2回の投球内容がすべてでしょう。

2回阿部の四球後谷を併殺に倒し、よしこれからという時に、由伸に2塁打を打たれた事(ここがすでに勿体ない)、そして長野の敬遠は間違ってはいないと思いますけど、藤井に打たれた事で由規のリズムが崩れてしまいましたかね。ただ、この時点では点を取られておらず、坂本をきっちり抑えていれば、問題なかったのですけど押し出してしまい、そして脇谷に外の高めのボール球をドカーンと持っていかれてしまいました。

それ以降の攻撃は、相手もこちらもハイライトが終わった後の雰囲気(オープン戦的な)でした。だからスコアの割に2時間半というエコな試合になったのでしょう。しかし、藤井に対して6回でわずか1安打、球数を放らせる粘りも全く見えてこず、淡々としたものでした。スワローズの選手達に、なぜ最下位に低迷しているのか分かっているのか?と言いたい所(特に福地のコメントは、チームの現状を鑑みて、まだ5月という言葉は使って欲しくない)ですけど、明日も明後日も試合はあります。私も今日含め3連戦すべて駆けつけます。明日の予想先発は今季一度も勝ち星のない石川、そのきっかけとなっている開幕戦と同じ読売相手、場所は同じ東京ドーム、雪辱を果たしてもらいましょう。




こちらは5回の浩康の犠飛で1点を返した所。2安打2四球で2点と効率良く点を取れました。試合展開が展開だったのでほめる事ではありませんが、デントナが8回越智の外に落ちる球を見逃し四球を選んだ事、福地が復帰8打席目で1本打った事、光はなくはありません、明日に生かして欲しいものです。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

6位後退

15時で引っ越し作業も完了し、15時半に退社、その足で神宮へ(平日みたい)。開門直後に到着、少なくとも前の職場よりは近くなったかなと実感。さて、試合ですが

1-4

古巣横浜復帰(というより、ベイに居た事を知らない方も多いのでは?)の大家の前に、武内のソロが精一杯、完敗でした。先日の二軍のうちの試合では打ち崩したのですけど、一軍は何をやっているのでしょうね?これが下位チームなんでしょう。福地も一軍復帰し早速1番レフトで出場しましたが、4タコと結果が出ませんでした。

先発の村中、先週の横浜戦と一緒で、余計なタイムリー(先週武山、今週カスティーヨ)を浴びるなど、5回4失点で4敗目。内3敗が横浜戦と由規同様、横浜を苦手にしています。

相手の大家、プロ初勝利がハマスタで確かうちだったと思いましたが、やはりそうでしたね('94 4.29)。大家の初勝利を現場で見た記憶(8裏に逆転され、その時たまたま投げていた大家が勝利投手)がありましたからね。




今日はパラリンピック選手を応援するイベントを開催、選手自身ハンデを抱えながら、皆さん明るかったですね。ただ、このイベントの発起人である館山が、右ひじの違和感で登録を抹消されたのは何とも皮肉です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。