スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17年ぶりの金沢での対戦

1993年6月9日以来の金沢での

読売戦

だった訳ですけど、今回は

12-8

3回までに大量12点を奪い、逃げ切りました。村中はプロ入り初の二桁10勝目をマークしました。

先発の村中の7回は、ちょっとした壁なのか時々捕まりますね。規定投球回達成者の中で唯一完投0でもありますしね。

打線については、竜頭蛇尾。04年の金沢もそうでしたけど、大量点を奪った後の中盤終盤でも点を取っていかないと、ね。




観戦された方の画像より。ご覧の通り、かなり低いマウンドです。これでは、球が浮きやすく、投手受難のマウンドと言えるでしょう。




わずかながらスワファンもいらっしゃいます。




浩康の親戚の方も福井から駆けつけていたそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今週は5試合

6連戦が続いてましたけど、今週は5試合となります。火曜水曜、読売との

北陸シリーズ

が行われる為です。私は駆けつけられませんけど、観戦仲間の方が数名参戦します。

読売もこの時期は都市対抗野球が行われている関係で、地味に長期ロード中なんですよね。昨日まで広島で試合があり、今日の移動は新大阪まで新幹線で向かい、そこからサンダーバードで金沢入りしたとの事(広島から小松までの飛行機が無い為)です。移動の様子は藤井ブログをご参照ください。さすが通称afoですな。

さて、金沢・富山で読売戦が行われるのは

17年ぶり

です。特に金沢は、忘れもしない当時新人だった伊藤智仁が16奪三振のプロ野球タイ記録を達成するも篠塚にサヨナラホームランを打たれ、負けた所、そのリベンジを明日の先発が予想される村中恭兵に期待したいですね。

石川県立野球場、2004年(中日対ヤクルト)と07年(日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップ2007)の2回、行っておりますが、両翼が狭く、外野スタンド(コンクリの階段が数段)がほとんどなく、ホームランはほとんど

場外

になるでしょうね。実際、04年に行った際、古田場外満塁弾を見ましたからね。

ソロなら仕方ないと割り切り、その為には、走者を無駄に出さないいつも以上に丁寧な投球が求められるでしょう。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

対阪神戦、負け越し決定

山本斉、プロ初勝利ならず

昨年10月11日の中日戦は6回3失点とまずまずの内容だったのですけど、プロ入り2度目の先発登板となった今日は2回4失点、阪神打線を抑えられませんでした。

さて今日の試合、5被弾されましたが、この中では、小川監督代行が述べている通り、5表の城島の2ランが非常に痛かったですね。反撃開始となる畠山の10号2ラン(プロ入り初の二桁本塁打)で1点差に追い上げ、5表2死無走者からの失点だっただけに、なおさらでした。そして、鳥谷の2ランがダメ押しとなりました。押本も直球しか武器が無いので、タイミングが合ってしまうと打たれてしまいます。

橋本以外登板した4投手が揃って被弾されては…、また毎回の20安打と打たれまくりました。




今日はミズノデーと云う事で、つば九郎がサックスカラーのレプリカユニを着て、特設グッズ売り場に登場。




グッズ購入者にサインを実施。

ちなみに、選手が着用しているホームユニはゼット製(ミズノはビジター用)です。細かい違いとして、「Yakult」のロゴが若干違います。ホーム、ビジター両方ともお持ち(サックスカラーユニでも)なら比べてみてください。




態勢がついたいましたが、残ったスワファンが9回最後の応燕中。




願いが届き、2点を返し、多少の意地を見せました。




今日のついてはこの花火(神宮今季最後の花火打ち上げ)、阪神ファン向けのものでした。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

完敗

2-9の完敗。高卒ルーキーの秋山を打ち崩せず

プロ初勝利を献上

させてしまいました。2回3回の満塁を活かせず、それ以降、8裏まで出塁したのが5裏ホワイトセルの四球のみ、負けが込んでいた時期の打線とそっくりでしたね。浩康や飯原、相川などの右打者が右打ちを意識しすぎていて、窮屈に感じましたね。これも負けが込んでいた時と似ているんですよね。

後は…、昨日は4三振に封じこんだマートンに5打数4安打、エラー含め全打席出塁(4度得点)とやられました。




今日は、アイメトリクスデー。古田敦也氏がビジョンのCMに出演してましたね。




ジェネリック医薬品メーカーの高田製薬さんがフレンドリーシートで招待していたようです。

失礼ながら、この会社(この写真を写した時、たぶんジェネリック医薬品の会社なんだろうと思ってはいましたが)を知らなかったのですけど、調べてみると、タフマンを製造しているという事で、その繋がりなんでしょうね。




ラッキー7の傘降り、この時点では1-4、形勢不利ながら試合にはなっていたんですけどね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

投打にがっちり

今日からは阪神3連戦、その初戦

6-0

完勝!

そういう試合だったんではないですかね。




投のヒーローは、館山。2塁を踏ませないナイスピッチで、8勝目。8月度4勝0敗防御率1.71と先月の石川に続き、スワローズ先発投手が2か月連続で月間MVPを獲得する可能性が高くなりました。その石川も実は今月4勝0敗ではありますけど、防御率が4点台と落ちます。

石川、館山、村中、由規とタイプの異なる左右の先発が4枚揃っているのは、大きいですよね。




打のヒーローは、3打点の飯原。個人的にはホワイトセルも呼んであげても良かったと思いますけどね。




投打にがっちり、エコな2時間27分ゲームでした(こちらも実は得点圏に走者がいたのは8裏のみと効率良く)。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

神宮での連勝11でストップ

終盤の中継ぎ陣が撃ち込まれ、3-9で敗戦。

負ける時はこんなものです。

気持ちを切り替えて

明日からの阪神3連戦

に望んで欲しいです。




今日は球場外からの花火でした。




レフトポール寄りの売店で売られている苺氷(マリンより高めの500円)です。

新田のプロ初安打はナイスでした。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

貯金生活へ

46試合終了時点、13勝32敗1分けから55勝54敗2分け、111試合目にして、

貯金生活

となりました。

選手達の奮起以外の何物でもありませんね。




外苑前近くのファミマで買い物をし、球場向かう途中で、花火が打ち上がったので、撮影して見ました。ぼやけてます。




その殊勲者は、選手会長石川、7-2で迎えた7回に味方が芝に足を取られる不運もあり、2点を奪われ、途中で降板するも10勝目をマーク。9年のプロ生活で8度の二桁勝利は江川氏以来だそうです。




そして、青木。吉田アナのインタビュー力量もあってか、なかなかユニークな言葉を引き出してましたね。
それと「優勝狙います」、まさかの(!?)宣言です。ゲーム差はまだありますけど、意気込みは良いですよね。




終わってみれば、実は1点差だったという試合でした。今日の林昌勇は三凡と安定してました。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

5割復帰、関係ないね

今日は20時まで残業だったのですけど、試合進行があいにく遅かったので、8回表からスリーイニングチケで見る事が出来ました。

また、この3連戦はビールも500円だったので、1杯飲みました。




今日のヒーローは村中とホワイトセル、といいつつ、活躍をほとんど見ていないので、コメントしようがないのですけど、村中は味方の拙守に引っ張られてしまい、8回途中で降板したのが不運でしたかね。




スコアはご覧の通り。
8回表から見たので、私の中のスコア上は0-3です。

3度目の5割復帰の挑戦に成功し、借金19から5割復帰、プロ野球史上44年ぶりの快挙となりました。

ただ、

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

名古屋遠征・おまけ




土曜日、栄某所にて、味噌煮込みうどんを食べました。ブラマヨや清原氏も来店している店でした。




日曜日、ドラゴンズロードにて。分かる人には分かりますね。




試合後、ライトスタンドの一部ファンからメガホン投げ入れ。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

逆転勝ち

最後の最後まであきらめてはいけない

そんな試合でしたね。

バーネットは毎回のように走者を許す苦しい投球というより、勝手に無駄なランナーを出す自滅投球だったと思います。結果として、5回1/3、2失点と云うものでしたけど、相手の中日打線に助けられたかなという内容です。土日とも登板した松井光、8回に投げた押本は三凡と好リリーフ。無駄な失点を許さなず、最少得点差だった事が最終回の逆転に結びつく事ができました。そういう意味で松井光、押本の投球が実った形です。

打線の方は、この3連戦3番5番、今日に限れば4番もクリーンナップが全く機能しない中、最終回同点に追いついた場面で3番飯原が打ってくれました。結局、いくら15打席ノーヒットでもわずか1回の安打がチャンスの場面ならば、その試合のヒーローになれる訳です。一方で畠山は全く打てず、途中交代されてました。火曜日以降、スタメン起用に変化があるかもしれません。相手の横浜は、現時点で先発左腕投手がいませんしね。




この日は、CBCの協力で「堂上兄弟」の応援ボードを作成し、攻撃開始前に掲げてました。堂上兄は最終回に代打で出場(8裏に代打で出す場面はありましたが、落合監督の深い考えもあったのでしょう)し、中飛、堂上弟は、無安打で9回表に岩崎に交代するなど、今一つ盛り上がり欠ける結果に。




9回逆転した時のもの。




林昌勇も二死満塁のピンチを背負いましたが、藤井を三振に仕留め、ゲームセット。




勝利の二次会。




某所で祝勝会。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

5割の壁

2-3

またしても、借金1から5割の壁が超えられませんでした。

先発の中澤は、2回だけでしたね。負け投手になりましたけど、勿体ない内容だったと思います。

一方の打線は、山本昌をふらふらだった序盤の段階で攻略できず、のらりくらりと交わされちゃいました。飯原の本塁憤死ですけど、スタートが遅かったと判断したなら、3塁コーチ(城石)が止めるのも役目かと、何でもかんでも廻せばいい訳ではないと思います。相手に本塁憤死と云うプレーをさせてはいけません。小川代行は、飯原に苦言を言うのは当然として、3塁コーチにもその辺りの判断を指摘してもらわないと、ね。スタンドで見たいた側としては、絶対アウトになるなと見てましたから。




画像は、初回の先制時のもの。




試合に負けたので、こちらを。30℃切ってました。




栄に向かうと、広小路祭りが開催されてました。




某所で、残念会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

館山、無四球完封

ナゴヤへ当日移動なったスワローズ、その初戦

3-0

完封勝利

です。中日の連勝を7および、ナゴヤドームの連勝を12でストップさせました。

その立役者は、もちろん

館山昌平

ですね。

112球4安打無四球完封

だった訳ですからね。

野手陣では、スタメン起用だったユウイチ(起用根拠も言ってますね)が先制打を放つなど2安打1打点、代走野口がセンターへのやや浅い犠飛で駆け抜け、貴重な3点目を取るなど、スタベンが多い選手が活躍が目立ちましたね。毎回出場している訳ではないので、出場時にはしっかりと活躍してもらえると、次につながりますからね。




今日の画像は、現地観戦していた方からのものです。試合終了直後のビジター席。




1試合与5死球は、セリーグタイ記録です。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2勝1敗でナゴヤへ

1勝1敗で迎えたマツダの3戦目、

7-2

2回までに宮本の2号3ラン(5月21日以来)含む6点を奪い、試合を優勢に進めました。特に初回の相手先発のスタルツに対して3連続四球からのタイムリー、ホームランはお見事でしたね。

投げては、由規が

8回144球

を投げ、

9勝目

をマークしました。石川と並ぶチーム勝ち頭ですね。

さて、明日からナゴヤドームで、2位浮上した中日との対戦です。ナゴド12連勝中だそうですが、その前に負けたのは7月14日、15日の我が東京ヤクルト、あちらの連勝を止めてやりましょう。

明日の先発は館山、相手は今日吉見が先発した事により、ピストルネルソンと予想されます。前回ウチとの対戦時は5失点ながら8回完投をさせており、今度はノックアウトにしてあげましょう。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

連敗脱出

清峰のエースで昨春のセンバツ優勝投手、今村猛が先発に対して、初回からスワローズが相手のミスに乗じて

畠山、満塁弾

と今村に対して、

プロの洗礼を浴びせ

今村降板後は2番手青木高を滅多打ちにし、3回で試合を決めました。

畠山は花巻出身、専大北上じゃなかったから、地元花巻東に行きたかったと話しており、岩手県勢初の甲子園優勝を阻止された今村から軽いスイングでホームラン、さすが元二軍の帝王です。

投げては先発の石川、4回までに4失点とピリッとしない内容ながら、5回以降は梵のソロのみの1安打に抑え、9回を投げ切り完投。13安打5失点と本当なら完投するような内容ではないのですけど、打線の援護で14点を奪いましたからね。今季初完投、完投するなら120球以内と書きましたけど、それ以上の137球、お疲れ様でした。

さてチームはとりあえず、連敗を脱出できました。連勝するには、明日の先発予想される由規の投球、そして相手先発が予想されるスタルツを打ち崩せるかどうかですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

反動なのか?

今日のマツダは

延長サヨナラ負け

だったわけですけど、正直勝ちパターンの2投手(増渕は肉離れにより抹消)を起用して負けた訳ですから、

痛いですよね。

天谷の遊ゴロについて、小川代行と鬼崎のコメントで食い違いがある所に、あのプレー判断の難しさがあったようです。

後、篠田が予想以上に出来が良かった事で

打てなかった

事も負けた要因の一つではあります。最終回に同点ホームランで追いついた事は良かったのですけどね。ビジターである以上、9回裏はリードしていた方が投手起用の面でも楽ではありますからね。

10連勝の後の3連敗、反動だと思われてしまわないためにも明日で連敗を止め、再び連勝していかないとなりませんん。明日明後日の先発が予想される石川も由規も中継ぎ陣の負担を考えて、120球以内で完投できるような内容、投球を求めますね。

野手については、明日の先発が予想される高卒新人今村(清峰、昨春のセンバツ優勝投手)にプロの洗礼を浴びさせるようにお願いしたいですね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今週はビジター6連戦

10連勝後に2連敗、まずは出直しとなったスワローズ、今週は

火曜日からマツダでの3連戦、金曜日からナゴヤドームでの3連戦と今週については、ビジター遠征となります。

私自身はマツダ3連戦、金曜日のナゴヤには参戦はできませんが、

土日のナゴヤドームは参戦予定

です。

さて、明日からのマツダ3連戦は、94年から98年まで使用されていたビジターユニフォームで試合に挑みます。

気づいている方も居ると思いますけど、このビジユニ、実は

シャドーストライプ

だったのですけど、相川が着用している写真では、シャドー部分が無いように見えるのですけど、気のせいでしょうか?

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

戸田に行ってました

暑かった…

けど、試合内容は

寒かった…

2-10の完敗、相手先発八木の前に7回まで6安打も3併殺と良い所(八木は一軍に昇格するのでは?)なし。

加藤を初め、6投手起用もすべて回で走者を許すなど、相手の攻撃時間が長く、こちらの時間は短い、一方的な内容でした。ちなみに加藤は3回5失点、前回登板時は完封していたのですけど、今日はダメでしたね。安定性と云う点で課題を残す格好。

守備においては、ショート荒木、レフト松井淳のルーキーが拙い所を見せてしまい、こちらも今一つ、投打守とも収穫の乏しい試合となりました。




いつもは仮設スタンドで見るのですけど、今日ばかりは日よけのあるスタンド下にて立ち見で見てました。




試合後の練習準備。高井は途中代走からの出場、8回の打席で右中間オーバーの三塁打を放ってます。




アップしている藤本。出場機会はありませんでした。




新田は中大の後輩村田(5打数0安打で今日の北海道日本ハムで唯一出塁せず)が、打撃談義してました。手前に居るのは猿渡監督です。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

マリンに行ってました

京セラ3連戦は、遠征しないので、今日は千葉マリンに行って来ました。




千葉マリンの人工芝改修の為の募金活動が展開されてました。
千葉市動物園のレッサーパンダ、「風太」くんの着ぐるみがお願いしてましたね。




この日は、東北楽天のマスコット、クラッチが来場。




Fゲート裏で売られていた東京スタジアムで販売されていたというカレー(500円)
ライスカレーという言葉が似合う味でしたかね。ただ、ご飯が少々水の量が多かったかな。柔らかかったです。




5回裏終了時は、花火。神宮より玉数が多かったですね。内野席で観戦したので写せましたが、球場の構造上、外野スタンドから直接は見られません。




試合の方は、わずか2安打の千葉ロッテが8安打の東北楽天に勝つという結果。
決勝点が、2点ワイルドピッチでした。

投げているのは、藪です。

→続きを読む

テーマ : 千葉ロッテマリーンズ
ジャンル : スポーツ

10連勝!

9-6

2002年以来(※)の

10連勝

です。
※引き分けを1つ挟む、挟まない連勝は1997年以来13年ぶり

先発の館山は、6回2/3を投げ、3失点で6勝目をマーク。また、6回には貴重なタイムリーを放ってます。

今日のポイントは6回、無死1・3塁からスクイズ失敗で嫌な雰囲気になりつつある所をそこから5点奪った所ですかね。勝っている時は、ミスが出ても取り戻せてます。

今日の誤算は、8回の押本でしょう。もし、無失点なら最終回は移籍後初登板の山岸を考えていたと思います。連勝続きと云う事もあり、特定の中継ぎ投手の負担を避けたかった所をそれが出来なかった所でしょう。昨日は2球で終えているとはいえ、5連投となるマツケンを登板してますからね。もちろん、林昌勇を休ませたのはプラスでしょうけどね。




3枚の画像は大阪在住の観戦仲間からのもの。今朝のABC「おはよう朝日です」より。

中沢ねェ。抹消されている事(一軍には帯同してますが)を知らないようで…
それでも報道マスコミなんでしょうか?




後の2枚は京セラのものです。お盆時期と云う事で、スワファンも多く駆けつけてますね。




もともと甲子園より京セラの阪神戦の方が、スワファンがいる印象がありますけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

9連勝!

8年ぶりの

9連勝

2年ぶりの

読売戦同一カード3連勝

となりました!!!




2-2で迎えた4回裏、二死無走者から浩康が四球を選び、飯原が2ランで再び勝ち越し、ホワイトセルは坂本エラーで出塁し、畠山がライトスタンドへ2ランで4点差、これが大きかった。相手のミスを逃さず付け込む、勝てるチームの試合運びそのものです。

画像は、飯原勝ち越しツーラン時のもの。




3回の2点は、無死満塁から畠山犠飛と宮本タイムリー、いずれもきっちり仕事してくれました。

4回の4点以降は、点が取れなかったのですけど、由規は4回を除き、7回までしっかり抑えてくれたおかげで、優位に運べました。願わくは8回、昨日先発した内海から1点を奪っておけば、と云った所ですが、欲張ってはいけませんね。




ヒーローインタビューは、2試合連続弾となった飯原。




1本塁打3打点の畠山。




由規の3人が選ばれました。158キロ出しても歓声が出ず、認識されたのでしょうね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

8連勝!




昨日に続き、「リボビタンDナイター」(親会社に同種の飲料があるのに、2年連続この企画を考えたのは立派)。「ファイトイッパツ」と声をかけたリボビタンマンも、つば九郎に邪魔(!?)されます。




試合の方は、1裏に飯原2ランで先制も2表に阿部にソロを浴び、さらに1死満塁から松本の2点タイムリーを打たれ、あっさり逆転され、続く3表にも阿部2打席連続2ランで3点差とされます。

しかし直後の3裏、無死1・3塁から飯原遊ゴロで1点を返し、ホワイトセルがつなぎ、畠山が初球ライト前タイムリーで1点差に追い上げ、内海をノックアウトにします。そして、2番手野間口に対し、4裏2死2塁から浩康がタイムリー2塁打を打ち同点、続いて飯原がレフトスタンドへ今日2本目となる勝ち越し2ランを放ち、逆転に成功。3点差を2イニングでひっくり返す得点力を見せつけました。

画像は、飯原2ラン時のもの。




5回裏終了時には、夏休み期間中恒例の花火を打ち上げ、今日のホームラン合戦に花(!?)を添えます。




5回以降は突然別の展開で、お互い得点が入らず、結局7-5で勝利、8連勝を飾り、立ち直った石川も6連勝で8勝目をマーク、8勝8敗としました。




ヒーローは言うまでもなく、3打数2安打5打点の飯原。1週間ぶりのスタメン起用に応えました。
…連勝中は、出てくる選手が揃って活躍できるものですね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

駆けつけた甲斐




今日はお盆休み前最終日、仕事が忙しかったのですけど、20時過ぎに終わる事が出来、ケータイから途中経過を確認すると、まだ6回裏で同点、「(もしかしたら)間に合うかも」と思い、急遽向かいました。

21時半に着き、スリーイニングチケットで球場入り。8回裏終了から見てました。




1点リードされたまま迎えた、9回裏1死から青木が起死回生の同点ソロを放ち、11回裏2死満塁で福地の2球目が押し出しデッドボールとなり、

サヨナラ勝利!

7連勝です

画像は、サヨナラ直後のライトスタンド。




ヒーローインタビューは、1球で勝利投手となった渡辺恒樹。東北楽天から移籍してきて初の勝利投手となりました。




8裏の福地(球場で見てなかったので分かりませんが)、11裏の鬼崎と3塁ベース辺りに何かあるんでしょうか?

相手に読売に対しては10回表、越智をそのまま打たせ(林昌勇に対し、粘ってましたが)、直後山口に投手交代、意図が分かりませんでした。走者をいないと由伸は使いたくなかったのでしょうかね。

4時間50分の熱闘も試合に勝ったわけですから、駆けつけた甲斐がありました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

私は行ってませんけど




つば九郎の練馬区訪問イベントの画像です。

追っかけファンも結構いたそうです。

明日から首位読売、2位阪神との6連戦、一つの正念場でしょうね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

6連勝

11-4

3試合連続の二桁得点、同一カード3連戦

55安打

プロ野球記録
(二リーグ制以後)

横浜投手陣を打ち砕きました。

中1日で大家を再び攻略、というよりベイ助っ人陣の拙守で大家の足を引っ張った感もありましたが。




3回相川のスリーラン時のもの。ただこれは、序章だったのかも知れません。




みかん氷を食べながら、6裏を向かえたのですけど、3点を失い、さらに、二死満塁のピンチになるもなんとか踏ん張りました。




8回にも飛びだした相川の3ラン、これで試合のすう勢は決まりましたかね。実際、一塁ライト側のベイファンが一気に家路に向かう為、球場を後にしてました。




吉川はピリッとしない内容も無失点で抑え、勝利のハイタッチ。




ヒーローインタビューは相川、1試合2本塁打、二桁10本もプロ16年目で初めてとの事。確かに、ホームラン打者ではありませんからね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

乱打戦




今日は土曜日、開門前にはハマスタに着いてました(一応、成田対智弁和歌山の試合終了まで見て、そこから出陣)。




理由は不明ですが、バーバパパが来てました。




試合については、点を取ったり、取られたりの乱打戦。どちらのチームも好機に主軸が打っているので、点の取り合いは当然の成り行きなのですけど、差がついたとするならば、中継ぎ投手陣が失点したかしなかったかの差でしょうか?そういう意味で高木、渡辺、増渕、マツケンが各人が無失点に抑えたのが大きかったですね。

2番手以降の中継ぎが踏ん張ったおかげで、最終回に貴重な2点を奪い(相手外野の拙守も大きかった)、3点差で林昌勇にいけましたからね。1点差と3点差では違います。




乱打戦のヒーローは逆転された直後の6回に再々逆転タイムリーを打った畠山。昨日は真田のスライダーに三振したので、打ち返したかったと言っていたのが印象的でした。




試合が長かったため、ハマスタ後に寄るいつもの店には行けず、横浜西口にある某チェーン店(関内のもチェーン店ですが)で祝勝会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

3ヵ月半ぶりのハマスタ

来週から会社の方が二手に分かれての夏季休暇(私は11日~17日まで)になるため、忙しかったのですけど、なんとか19時には終えたので、いつものようにスワ戦があるハマスタへ行って来ました。




着いて早速頂いたのは、4月25日の記事でも紹介した「みかん氷」。というより、コンビニで飲食物を買ってこなかったので、場内ではこれしか口にしてません。




試合の方は、私が球場に着いた6回表時点で11-0でしたので、体勢は決まっていました。初回の2本の3ラン、特に館山の3ランが大きかったでしょう。自分が投球に入る前に打席に立つ事は、決して珍しい事ではありませんけども、ただ打撃結果がホームランとなると、これは非常に珍しい。長富(懐かしい名前です)以来22年ぶりだそうで。もちろん、館山自身プロ初の本塁打となります。またこのホームランは、いつ以来(日大が所属する東都リーグはDH制の為)なんでしょうね。日藤時代まで遡るのでしょうか。

本業の投球は7回13安打されるも3失点。村田とハーパーに被弾されています。タイムリーを許さなかったので、この位で済んだかもしれません。もっと競っていれば、6回あたりで交代だったのでしょうけどね。

とりあえず、勝利投手&本塁打を放ったので、ヒーローインタビュー。インタビュアーはニッポン放送師岡正雄アナでした。

それから畠、武内も3ラン、この調子で行って欲しいです。

マイナス点は高市、1失点ながらちょっと…。鬼崎の好捕に助けられましたか。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

由規、プロ初完封…も

実は今日は、仕事量が増え、残業になってしまったので、

駆けつけられません

でした。

20時に終わり、TOKYO MXのワンセグを見ながら、向かいましたが、渋谷駅到着後

由規、プロ初完封

が達成し、仕方なく、引き返しました。

先週の完投が

良い効果

だったんでしょうね。若い投手は完投させる事で、気持ちに変化があるんでしょうか?来週の登板にも期待したいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

対中日、4連勝

4-2

連勝です。




打のヒーローは川端慎吾、特に6回の突き放すタイムリー2塁打と8回の初球バントヒットはお見事でしたね。




先発の石川は、5連勝で7勝目をマーク。負けとの差を1つにしています。流石というべきですけど、7回の併殺後に連打は頂けませんね。




実は今日の試合で一番印象に残ったプレー、実は青木の右中間を抜ける打球を追いついた英智(記録は犠飛)でした。はっきり言って抜けると思いましたからね。余計な失点を防ぐ、もちろんスワローズに今後求められますね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

内容は負けていた、けど

村中、チェンの投げ合い

村中
6回2/3を投げ123球、7安打6奪三振7四球

チェン
7回を投げ98球、4安打5三振1四球

この部分を取り出せば明らかにチェンの方が良かったのですけど、しかし勝ったのは

スワローズ

の方でした。

事実上初回の1チャンスを活かして3点を奪い、村中も走者を許すも2失点で抑えた、この差でしょう。




今日はミズノデー。




試合終了直後のもの




ヒーローインタビューは、勝ち越し7号2ランのホワイトセルと




村中でした。8勝目をマーク、プロ入り初の10勝も視野に入ってきました。




今月より(!?)、大手ファミレスのロイヤルホストが神宮のフェンス広告に加わりました。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ら・ら・ミュウ




郡山からいわきへ移動した際、いわきで立ち寄った場所が

いわき・ら・ら・ミュウ

でした。地元ナンバーのほか、茨城方面のナンバーも多く見かけました。

昼時だったので、この店でラーメンを食べました。

スワユニを来た方、ツバメ軍団も見かけましたね。

明日からは中日との3連戦です。ガイエルとデントナが入れ替わり、デントナがレフトへコンバートされますが、守備以上に打撃ですね。

テーマ : 福島県
ジャンル : 地域情報

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。