スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう後が無くなった…

先週同様、マエケンと館山の投げ合いとなったマツダでのスワ最終戦、

0-1

敗れました。マエケンは15勝目、最優秀防御率はすでに確定、最多勝もほぼ手中に収める形になりましたか。

試合の方は、チャンスはありましたけど、打ち崩せませんでした。

強いて言えば8回、無死から青木安打出塁した所で、盗塁またはバスターエンドランなど、青木を無死または一死で3塁に置いて欲しかったですね。マエケンの出来を考えると、凡打でも良いから点を奪って、まずは同点に追いつく形を持っていきたかったかと。その間は、投手陣に踏ん張ってもらって、マエケン降板してからが勝負と踏んでもでも良かったと思いますけどね。

そしてこの結果、読売がクライマックスシリーズ進出が決定しました。残る阪神は、3-1で迎えた9回表藤川球児が村田修一に3ランを浴びて、逆転負け。したがって、スワローズCS進出の可能性は僅かながら残りました。そして、

中日に優勝マジック1

が点灯となりました。明日の明後日までの2試合(土曜日はマツダはデーゲーム)で1つでも敗れるか、または2日のナイターで勝つと、中日ドラゴンズが4年ぶりのリーグ優勝と云う事になります。

こうなってしまうと、スワローズがCSに出る為には、すべて勝つしかなく(だから、後が無い)、阪神にはすべて負けてもらわないとならないので、明日ナゴヤドーム内にファンが居ないであろう無人の中で胴上げをしてもらって、2日の試合は、二日酔いの中でやってもらうしかなさそうです。

メイクミルミル

崖っぷち

です。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

宮島(1)

今日はスワローズの試合がありません。先週行った宮島の写真をアップです。















→続きを読む

ハマスタでのスワ戦最終戦

19時半に球場着いたら、すでに7回表二死1・3塁浩康の打席でした。それだけ試合展開が早かったです。それもそのはず、石川も相手の田中も好投していたからです。

田中の前に好機を掴めなかったものの、CS進出という目標があるスワローズは、6回に青木のソロで均衡が崩し、7回にも相川の犠飛で追加点、8回には押し出しと内野ゴロで2点と中盤から終盤にかけて4点を奪う事に成功。なお、この4点、タイムリーがありません。今日の試合については、野球巧者だったと云えるかもしれません。

投げては、石川は3安打無四球の完封の13勝目をマーク。まさかここまで今シーズンの勝ちを積み重ねるとは思えませんでしたね。




相川の押し出しを選んだ時のもの。押し出しをしたのは寺原だったのですけど、その前にピンチを残した2番手高宮が見事?に水を刺してくれました。レフトスタンドは、いつもの景色でガラガラでした。




完封勝利してベンチに戻っている所。




ヒーローインタビューはもちろん、石川。勝利の二次会を含め21時前に終わりました。




その後、関内近くのいつもの所で祝勝会。ナイターだと2時間以上居られる事は少ないのですけど、21時過ぎに入店し、23時半まで居ました。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロ野球あれこれ

今日の更新、スワローズ以外のプロ野球について、書いてみようと思います。

1、福岡ソフトバンクホークスリーグ優勝

7年ぶりのリーグ優勝、おめでとうございます。埼玉西武にM4が点灯している状態からの逆転優勝、価値あります。03年の日本一以降も04、05年とレギュラーシーズン1位だったものの、当時の勝ったら優勝となるプレーオフでいずれも敗れ、リーグ優勝にならなかったですからね。その悲劇もあってか、ポストシーズンゲームの意義を変更しました。今は、仮に敗れたとしてもリーグ優勝はあくまで「福岡ソフトバンクホークス」ですから、価値は変わりません。10月14日まで日にちが空きますが、上手く調整して欲しいですね。

2、田代富雄湘南二軍監督退団

こちらも猿渡二軍監督が退団となるのですけど、田代二軍監督が退団します。フロントの背広よりユニフォームの現場主義、プロ野球界に身を置いたものとしてはいつまでも現場で働きたいですからね。オファーを待つという事ですけど、もしかしてすでに裏ではあるのかもしれません。叶わないのなら昔、茅ヶ崎でやっていた田代ラーメンを再開するのでしょうね。また、今季限りで「湘南」というチーム名がなくなりますが、おそらく、経費削減でしょう。

3、工藤公康、戦力外通告

古巣西武へ復帰した工藤ですけど、1年で戦力外となりそうです。確かに、一軍で活躍していたとは言い難い(10試合登板、防御率10.50)のでね。工藤ほどの年齢となると1年1年が勝負となりますから、活躍できなければ、致し方ないのは工藤自身重々承知でしょう。ただそれ以上に、裏事情があるのかもしれませんけど、そちらの問題の方が大きいかもしれません。

4、村松有人、引退

ホークス優勝が決まった翌日に、福岡移転後初V戦士だった村松が引退。FAでオリックスへ移籍するも昨年トレードで福岡ソフトバンクに戻った訳ですけど、すでに状況は変わり、村松の出番はありませんでした。時代の流れとはいえ、寂しいですね。松井秀喜の先輩でもあります。すでにホークス主催の公式戦(全日程終了)は残ってませんが、どこかで引退セレモニーを開いてはくれると思います。ファン感謝デーあたりでしょうかね。

5、阪神、優勝マジック「8」

ハイハイ。今朝のデイリーおよび、大阪版のスポーツ各紙一面がこれでしたね。「だから」って、感じですね。普通にみて、中日の方が有利なのは、分かっているでしょうに。ただ、1で触れたように、逆転優勝(この表現で合っているのか分かりませんが)の可能性はなくはないでしょうからね。現時点での最短優勝は10.5だそうです。一方、対象チームとなっている中日の最短優勝は、10.1です。個人的には、観戦を予定している10.2のナゴヤドームで胴上げさえなければ、良しと考えてます。

→続きを読む

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

青木、200安打達成

1回裏の最初の打席で決めてくれました。しかも

ホームラン

で、セリーグではマートンの続く今季2人目の200安打となった訳ですけど、奇しくもマートンと同じホームランでの達成となりましたね。

喜んでいたので、達成した時のビジョンを撮影し忘れました。




2回終了後、中断。ノーゲームなら「お預け」の記録となりかかりましたが、再開できました。




7回のラッキーセブン時。




試合の方は、由規が3回以降一人の走者を許さず、8回を投げ切り、11勝目をマークしました。1回2回の出来を見てどうなるかと思いましたけど、中断が「吉」と出ましたかね。




ヒーローインタビューは青木。タイトルを200安打達成としているのですけど、私は個人記録よりチームの勝利を優先したいので、青木のインタビュー内容は良かったと思います。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

対読売10年連続負け越し決定

2-3

対読売10年連続負け越しが決定してしまいました。21世紀になってからまだ一度もシーズンで勝ち越した事がありません。現実問題、常連を初め、ライトなファンも「読売に勝つ事」で盛り上がる面は否定しません。実際、今日の試合、内野は3塁の方が埋まってましたが、外野はライト側の方が埋まってました。だからこそ、10年連続負け越しという事態は恥ずべき事なんです。とはいえ、負け越した事を取り戻すことはできません。来年以降今度は10年連続で勝ち越せるように、選手の奮起、ファンもより一層の応援(だからと言って、特定はしませんが過剰なまでのアンチ臭を出す必要はない)をしていかないといけません。

今日の試合については、1点を追う2回無死1・3塁からの鬼崎の併殺が非常に展開を重いものしてしまったかなと。藤井を序盤で崩せた絶好の好機だっただけにね。

村中は、6回2失点(自責1)。5回がツマラナイ点の取られ方でした。浩康のトンネルもありましたけど、阿部の三振チェンジが振り逃げになってしまいましたからね。

同点に追いつき、2番手を任された李恵踐、あの場面は左の小笠原、阿部は確実に抑え、ラミレスにはヒットなら仕方ないという所、そして1点の重みが出てくる所での被弾、やってはいけません。

浩康も8回にそのミスを取り戻せる最大のチャンスに初球をセンター返しを目指してのセカンドゴロ。高めの釣り球、ポジショニングで一二塁間と三遊間が空いているのに、二遊間の狭い所に打ってしまうという結果、20日の中日戦は平井の初球を同じセンター返しで勝ち越し打となりましたが、状況も違いますし、もう少し考えて打って欲しかった(考えているんでしょうけど、見ている側がそれを感じさせて欲しい)ですね。

また走塁面では、6回裏1死2塁から飯原のセンター前の打球を矢野が後逸し、1点返したと思った所、デントナが塁間で見て居たままで、城石も後逸した所を見ていなかったが回らずに3塁ストップ。あれはないと思いましたね。6月の試合も飯原の3塁での凡ミスがあり、直後に交代させられたのですけど、小川代行(当時。私の中ではもう監督)も飯原ばかりを責めるのではなく、城石コーチについては?と疑問を投げかけたのですけど、このプレーは両者のミスです。

と、これだけ取り上げたのも走攻守すべてにおいて、ミスが出ては、

勝てるものも勝てない

と云う事です。実は読売、こちらを上回る13残塁だったのですけど、勝った事で拙攻だったという印象が消えますね。




こちらは7裏のラッキーセブン時のもの。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

20日の鎌ヶ谷

今日は試合がありませんので、20日の事を。

この日は神宮のナイターと鎌ヶ谷のイースタン、ダブルヘッダーしてました。




鎌ヶ谷での公式戦最終戦と云う事で、「北海道まつり」を開催。




球場正面入り口は賑わってました。試合目的ではない人も居たようで、係員に帰りのバスの時間を聞いている人も居ましたね。




内野は一杯だったので、外野で観戦。鎌ヶ谷も札幌ドーム同様、1塁・ライト側がビジター側となってます。もっともこちらの場合、室内練習場、寮が3塁側にあるからという理由もあるんですけどね。




中田翔の場外ホームランプレート。道路隔てて、室内練習場近くまで飛んだそうです。この位置、かなりの飛距離が出ないと届かないですし、どこの球場でもホームランと言える所ですね。

ちなみにこの試合、4-6で敗れた訳ですけど、4打点とも荒木が打ってます。2本塁打。一本目は八木から、二本目は浅沼から打ってます。特に二本目の一発は、中田翔ほどではないにせよ左中間への特大アーチでして、鎌ヶ谷のお客さんもどよめきの声が上がるほどのものでした。現時点では一軍レベルの打撃ではない荒木ですけど、嵌った時のパンチ力は見せてくれました。

→続きを読む

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

広島へ強行参戦




横浜から夜行バスで向かい車中、福山辺りは土砂降りだったのですけど、9時過ぎに広島へ着く頃には雨がやんでました。午前中はJRで宮島へ行き(後日画像アップ)、広電で市内へ戻り、球場入り。ズムスタ、昨年の7月以来です。




ビジターパフォーマンス。ご覧のように、天気は回復。風も心地よく、観戦日和には適してました。




試合の方は、マエケンと館山、3回裏の1死1・3塁のピンチを凌ぐと、4回表ホワイトセルにソロが飛び出し、1点を先制します。その後、両投手とも安定した投球で試合が進みます。次の1点を取ったのはスワローズ、2死1塁からホワイトセルの代走の野口が盗塁を決め、宮本敬遠後の鬼崎がセンター前へタイムリー、続く館山もショート内野安打と梵の二塁悪送球でさらに1点を追加します。館山は8回のピンチも二死1・2塁も栗原三振で抑え、9回琢朗の内野安打で走者を許しますが、後続を断ち、ゲームセット。

画像は、勝利直後のビジパフォ。




3-0で勝ちました。




ヒーローの館山はビジパフォに向かって手を振ってました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今夜は更新できないので

今の内に更新します。

昨日の敗戦、痛い事は痛いのですけど(阪神は予定通り?敗戦も読売がサヨナラ勝ち)、

負けたものは取り戻せません。今日明日

勝ちましょう!

最後の最後まで、もともと借金19あったチーム、ここまで戦える力はある訳ですから、あきらめるわけ行きません。

※何故更新できないのか、

夜行バス

で移動するからです。急遽なので、多少の節約です。

8回の攻防がすべて

今日の試合は、タイトル通り、それだけです。

後、2番に起用された福地が5打数3三振、久々のスタメン起用もこれでは…ね。青木が4出塁しても繋がりません。

さて、10月6日の神宮の試合、とあるカープファンがこんな行動を行うとか


親愛なるカープファンの皆さんへ

「赤ヘルファンに告ぐ!! 今こそ声を上げよう!!」

「カープ球団の現状を憂う会」の○○・○○・○○です。
「燃えるようなファイトの象徴、水平線から力強く登る太陽だ。」
赤ヘルにはそんな思いが込められていました。しかし91年の優勝を最後に
チームはゆっくりとそして着実にその輝きを失っていきました。
今年、球団がいうところの「最後の切り札」が投入されたにもかかわらず、
チームは13年連続Bクラスに沈んでしまいました。我々がBクラスという屈辱を
強いられている期間は、何と常軌を逸したものなのでしょうか。
これはもはや看過できる状態ではありません。球団による我々ファンに対する背
信行為です。

・・・・まともじゃないだろ、この状態!! 例えば・・・・

1.プロ野球の球団は公共財です。カープファンにとってカープは誇りです。
当然のことながら松田家の所有物ではありません。その点を球団は
理解しているのか?

2.創成期に低迷していたカープの黄金時代の礎を築いた松田恒次オーナーの
「しばらく面倒を見るが、決して私しない」という発言と
現在までオーナーの世襲が続いている実態は、矛盾してはいないか?

3.12年に1度の日本一、6年に1度のリーグ優勝、2年に1度の優勝争いが
出来ないのなら球団経営の根本に問題があるとしか考えられない。
だから球団経営を抜本的に見直すべき。

このようにカープは球団として深刻な問題を抱えています。
そしてこの10何年の球団の動きからはそれと正面から対峙した形跡を
見出すことはできません。今、声を上げなければ、また2~3年後に
新しい監督に変わりそして失望するという不毛な状況が延々と
り返されるだけです。球団に問題解決のための真の努力を促すことは
「悪」ではありません。カープという球団を真っ当なものにする、
その為にはたとえ小さな一歩でもまずはファンが立ち上がり、
その思いを表わさないことには何も始まりません。今こそカープファンとして
赤ヘル魂の心意気が問われる時なのではないでしょうか。

・・・負のスパイラルに陥っているカープを救うのはファンしかいない!・・・

<ファンが立ち上がる日>
10月6日(水曜日)対スワローズ戦(神宮球場外野席レフト側)
抗議メッセージボード(縦60cm・横60cm以内、手で持つ形状のもの)を掲げます。

抗議行動における注意点
1.暴力厳禁
2.アルコール厳禁
3.他者の人格への攻撃厳禁

思い思いのメッセージボードを各人持ち寄り、カープ再生のために
カープ球団に抗議しましょう。ファンにはしがらみがありません。
ファンだからこそしがらみ無く、正論を吐けるのです。

興味がある方は、XXXXXXXX@XXXXX.XXXまでご連絡ください。

カープ球団の現状を憂う会 発起人
○○ ○○ 
○○ ○○
○○ ○○
(メールアドレス、名前部分は伏字にしてます)



カープファンのブログ等でも紹介している所があるので、そちらをご参照ください。

個人的、というよりスワファンとして悪いですけど、神宮ではなく、

やるのなら自分(マツダ)とこでやれ!

と否定的見解をさせてもらいます。第一抗議をした所で、目の前で試合をしている選手に失礼です。

マスコミ、メディアに取り上げてもらいたいという発想自体が、また地元では黙殺されるから東京でと云うのも、邪な考えです。

では神宮で行ったとして、内容が伝わるのでしょうかね。去年の9月、マリンスタジアムでもスタンドでマリサポの某団体が抗議活動してましたが、共感を得られましたか?

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

接戦を制す

4-3

中日に競り勝ちました。

今日は中澤を4回で見切り(2点を追う場面で代打だったので)、早め早めの継投が効を奏した格好ですかね。シーズン序盤なら交代しなくても良かったのかもしれませんけど、残り試合が少なくなってきた中、追いかけるチームは勝負しないといけませんからね。

相手のネルソン、球は速かったのですけど、昨日の中田と違って、制球は今一つ、打球もゴロが少なく、多少詰まっていながらそれほど悪い飛球には見えなかったので、好機はあると思っていました。それが5回裏に活かせましたね。




相川タイムリーで1点差とした5回裏、平井から浩康がしぶとくセンター前に抜ける勝ち越しタイムリー。

盛り上がりました。




増渕、押本、渡辺、松岡、林のリレーで、中澤の3失点で抑え、逃げ切りました。




ヒーローインタビューは、結果として勝ち投手となった増渕と




浩康でした。阪神、読売、中日の9試合を5勝4敗、まずまずでしたかね。

さて、明日からはマツダでの3連戦、明日明後日は仕事ですので、もちろん駆けつけられませんが、23日は再び祝日、したがって今季最初で最後の

広島へ遠征

してきます。…本当は予定してなかったんですけどね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

完敗

今日は、

中田賢一

が良すぎました。ウチの各打者が捉えられませんでした。青木の2本くらいですかね。痛みの残っている中での本塁打は感動でした。後は、ホワイトセルと和田、4番打者の差ですか。先発がしっかり試合を作って、4番がきっちり仕事すれば勝てる、典型的な試合だったと思います。こちらはそれが出来なかったという事です。

残り少なく内容は関係ないので、勝ったか負けたか、今日は負けたという事です。まぁ…、負けられないのですけどね。




今日は浦添デーでした。




鼓衆若太陽(ちじんしゅうわかてぃーだ)による宴舞を披露。




シーサーの中に人(!?)、宴舞終了後、スタンドに挨拶してましたね。




沖縄関連で、バックスクリーン裏レフト寄りの売店で「ソーキ丼」(700円)を食す。ソーキの煮込みがやや足りないかも。




青木の2ラン時。展開が展開だったので7裏までに球場を後にした方も多かったのですけど、残った方も多数いました。今季2度目の30000人越え、有難い事です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

両チーム、途中から「監督」が

居なくなった

試合になりました。5回裏、畠山の打球について、落合「監督」が石山塁審に暴言を吐き退場、その後森繁和「監督代行」で指揮を振るうことになった為です。こちらは、現在小川「監督代行」でシーズンを戦っているので、結果両チームとも「監督」不在の試合、レアケースですね。




1点を追う4回裏、飯原の犠飛で同点に追いついた時に撮影。四球、死球、暴投、犠飛、ノーヒットで追いつきました。




5回裏、落合監督が退場となった先のプレーが2点タイムリーとなっており、2点を勝ち越し、6回にも福地タイムリーで1点を追加。館山は4回以降、安定した投球で中日打線を封じ、6回94球で1失点。6回に打席に回ってきた所で交代となりました。好機だったので、代えたのかもしれませんけど、もしかしたら、23日中4日も視野に入れているかもしれません。

画像は、7裏攻撃前の様子。




8回にも2点を追加して、6-1で勝利。ヒーローインタビューは、10勝目の館山と勝ち越し打の畠山。




昨日のブログで先発予想がネルソンと読んでいたのですけど、外れました。スミマセン。
今日の試合、5番に偵察メンバーとして中澤を入れてましたね。読めなかった部分があったのでしょう。




試合後は、居酒屋で祝勝会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

明日から世間的には3連休

昨年は祝日法の関係で秋分の日も重なったため、「秋のシルバーウィーク」とうたってましたけど、今年は23日が木曜日なので、

3連休

です。この3連休は神宮での試合となりますので、もちろん

参戦

します。中には、土日は武蔵浦和で月は鎌ヶ谷でイースタンの試合があるので、そちらへ向かう人、中には神宮とのダブルヘッダーを考えている強者(すでに戸田でのイースタン開催は終了)もいるかもしれませんね。

イースタンの方はさておき、神宮の方は中日戦、先発ですけど

土・館山-銃刀法違反ネルソン

日・村中-ラジコン山本昌

月・中澤-中田賢

が予想されてます。と書いた所で、相手先発は関係ありません。目の前1試合1試合を

勝つのみ

です。

ユウキの引退が正式に決まりました。
昨年育成枠から支配下登録され、交流戦で岩隈に投げ勝ったり、古巣オリックスに恩返しをしたり、また9月のチームの苦しい時期に救った事もありました。しかし、ケガには勝てず…、お疲れ様でした。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

石川、10連勝

6-4

再び勝率を5割に戻しました。立役者は

石川雅規

でしょう。カネヤンの9連勝を抜く10連勝をマークしました。

また、勝ちがつき始めてから石川登板日は、14戦13勝1分けというチームも浮上させた大きな要因ですね。




この日はメイクミルミルデー。着いた時は雨の為中断中でした。




この画像は、2点目を奪った所です。5回は相手の拙守あってのものでした。




終盤4点を返されますが、逃げ切りました。




ヒーローインタビューの石川、「メイクミルミルを達成しましょう」発言。

球場を後にする際、ノムさん夫妻が来ていたようで、ファンから歓声が上がってましたね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

とうとう

2-5

自力CS進出が消滅

してしまいました。由規は中5日が合わないのでしょうかね。打たれ方が、2回とも四球に長打ですからね。

6試合連続して先制される展開、常に追いかける立場になっている訳ですから、先発を崩せていないのですよね。今日も内海を攻略しきれず、でした。

とはいえ、自力でも他力も関係ありません。残り少なくなり、目の前の試合に勝つことだけを集中して、明日からやって欲しいです。結果はそれから付いてきます。




9回の様子。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

谷間の試合

2-3

松井光→李恵踐→渡辺→押本→増渕という継投で3点に抑えた事は、評価するのですけど、如何せん今の打線状態、特にクリーンナップがほぼ機能していないので、点が取れません。状態が良かった時はボール球には手を出してなかったと思いますが、今は手を出しているように見えるという事は、見極めが出来なくなっているという証左でしょうね。




今日は、ヤクルトヘルスフーズからの新商品、アミノパーフェクトデーでした。




イニング間の広告でも流れてましたね。ポスターのように、宮本が出演してました。




最終回の様子。




畠山のニゴロの間に1点を返して、東京音頭。個人的にはこの局面では不要かなと思いましたけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

明日から読売3連戦

今週は、火曜日から読売戦のほか、金曜日開けて、土曜から月曜までも神宮での試合となります。

昨日村中を先発起用した為、明日は谷間となる先発ローテ、どうやら

松井光介

が起用される事になりそうです。

ヤクルト、CS進出に向け「総力戦になる」

 ヤクルトは13日、神宮外苑で14日からの巨人3連戦(神宮)に備えて一部投手陣が練習した。クライマックスシリーズ進出に向けて5・5ゲーム差で追う3位との重要な対戦。先発ローテーションの谷間となる初戦には、松井光が2年ぶりに先発することが予想されるなど、荒木投手コーチは「総力戦になる」とブルペンもフル稼働させる構えだ。

 先発陣は12日に村中が自身初の中4日で登板したように、すでにスクランブル態勢に入っている。中6日を守ったローテーションが快進撃の一因だったが、荒木コーチは「今後も(登板間隔短縮が)ケースによってはある」。驚異的な巻き返しを見せた今季の集大成となる巨人戦に懸ける気持ちがのぞいた。
(サンケイスポーツ速報)



投手陣を読売を抑えるのはもちろんの事、打線も2日間とも4安打しか打てておらず、得点力が落ちてきている事もありますから、勝っていた時のように、

打線爆発

も期待したい所です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

高卒ルーキーにまたしても

4安打無四球、3塁すら踏めず、やられてしまいました。前回に続き、秋山拓巳、恐るべし…




この日も曇りで太陽が隠れた時間もありましたけど、暑かった甲子園。私の据わった席の近くで、熱中症か何かで倒れた方が出てしまい、担架で運ばれてました。




7回表のみしか、傘が振れませんでした。




帰りは、新大阪で残念会を開き、最終ののぞみで帰浜しました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

球児を打った




朝早い時間、都内某所に寄ってから、新幹線で新大阪へ。JRで大阪へ出て、阪神電車で甲子園入り。
カンカン照りの甲子園、暑かった…




試合の方は、5回二死2・3塁でマートンの打球を宮本がまさかのトンネルで2点を失います。こちらは7回までわずか1安打と苦しい展開。

画像は、7裏のもの。ビニ傘を刺してどこの馬の骨か解らない唾液入りのジェット風船から避難する方も居ます。神宮ではジェット風船を禁止になったので、久しぶりに洗礼を浴びた感じです。




8回から藤川球児を投入、しかし先頭の代打福地が初球デッドボール、青木がつなぎ、浩康がバント、飯原内野ゴロで1点を返し、二死3塁、打席のホワイトセルの2球目、アウトハイ要求に対しアウトコース真ん中に入り、振り遅れながらもそのままアルプススタンド外野寄りにスタンドイン、3点を奪い、逆転に成功。

ラッキーパンチな所もあったと思いますけど、球児を攻略。

画像は、逆転に成功した時のもの。ビジター席のスワファンは狂喜乱舞、私も興奮しました。




8裏にピンチを背負うも無失点で抑え、9裏は林昌勇が三人で抑え、ゲームセット、

3-2

の逆転勝利となりました。




試合後は、梅田で祝勝会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

継投のデメリット

7-4

今日の試合、1点を追う7回に3点を奪い、

逆転勝ち

となった訳ですけど、これは、

久保の交代

が大きかったと言えますかね。中4日でもなく、球数も余裕のある状態でしたから、こちらの事情からすれば、何故代えたのだろう?と思ってしまいます。継投は誰か1人でも打たれてしまうと、予定が狂いますからね。先発が打たれて負けるのと中継ぎ以降が打たれて負ける(特に勝ちパターンなら)のとでは、後者の方がよほど痛い訳で、この辺りはデメリットではあります。

今季の久保とは4戦4敗、とにかく勝てなかった(対戦防御率4.26、クオリティスタート失敗させた事もあるが、その時に限って、相手が大量点)投手相手が代わると、打線も変わるという事ですかね。

欲を言えば、もう一寸点を取れたのでは?と思いますけど、キリがありませんから、明日に期待しましょう。予想される館山、先週は打ちこまれましたが、今週は修正していると思います。

先発の石川、2回までに2点を奪われ、どうなる事かと思いましたが、尻上がりに良くなったことで、終盤の逆転に持っていけました。9連勝となる11勝目をマーク、次回登板は木曜の読売戦でしょうかね。

では、明日から

甲子園

に行って来ます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

7回で決まってしまった

20時まで残業だったので、今日も駆けつける事ができなかったのですけど、今日の広島戦については、タイトル通りじゃないでしょうかね。

2点を追う7回表二死満塁、代打前田智徳に

走者一掃

を打たれては、ね。ましてや、今日の先発は

マエケン

だった訳ですから。流石に7点は厳しいでしょう。

クリーンナップも計7三振と投打とも奮わず、

完敗

だったと言わざるを得ないでしょう。

負けた事は仕方ありません。今日の敗戦はさっさと切り替えて、明日からの

阪神戦

に備えましょう。なお土曜日の試合、

NHK総合

でも中継がありますので、地上波しか見られない方は、ぜひどうぞ。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

東京地方、久しぶりのお湿り

本州に上陸した台風9号(後に熱帯低気圧へ変わる)の影響により、本日の試合は

中止

となりました。

中止に伴い、この代替分は

10月9日以降

に開催される事になり、現時点での最終戦が、10.8の東京ドームではなくなるのが確実になりました。

先月、ほとんど雨が降らなかった東京地方(横浜地方もですけど)、猛暑日が続きましたが、一旦

解消

する事になりました。明日も最高気温はそこまで上がらないようです。

さて、中止になったことで、明日の先発、一部スポーツ紙で由規が先発?となっていましたが、早い段階で中止を出したので、

石川がスライドするのか

が明日の注目です。スライドした場合、金曜日からの阪神戦は石川を除いた主力3投手が先発となるでしょう。

一方の広島はマエケンをスライドさせるのかどうかですが、広島は金曜日が東京ドームではなく、新潟なので、スライドさせる可能性が高いような気がしますね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

残業の為

8月5日以来の神宮不参戦でした。

試合の方は、

6x-5

飯原誉士、サヨナラ弾

で広島に勝ちました。

序盤の3点差を9回までにひっくり返してくれましたね。

先発の村中は、5回4失点、内容が今一つだったのかもしれませんが、早めの降板。もしかしたら、中4日で阪神戦先発もあり得ますね。

また、久々のスタメンのデントナが2ラン含む2安打2打点、惜しむらくは7裏の2死1・3塁から高めの釣り球を振っての三振、今季のデントナの悪い所も表れてしまいました。

明日の神宮、台風接近(低気圧に変わっている可能性あり)の影響もあって、開催が微妙な情勢です。さて。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今週は再び6連戦

先週は2勝1敗2分け、勝率を再び5割としたスワローズ、今週は明日から

広島戦

金曜日から

阪神戦

となります。

今日中澤が抹消(+荒木)されたので、先発が1枚減ったのですけど、ここに誰を持ってくるのか、二軍の状況をみると、ローテ的には金曜日登板していた

バーネットが有力
(打席に入っていたので←一軍に上げるのを前提としていた場合に良くやるパターン)

なんでしょうか?木曜日になりますかね。となると、李恵踐が抹消されるでしょう。また阪神戦の日曜日、登板間隔の開いている高市、加藤(間隔が開いていた為日曜日に中継ぎで登板)も考えられます。

それから故障の癒えた増渕をどこで上げるのかも注目です。

あと、個人的な事ですけど、今週末

甲子園

参戦してきます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

1週間で2回のドロー

5時間ゲーム。

一言

疲れた~

何の為の17時開始だったのでしょうか…。

序盤の展開から一転、点が奪えない試合となり、延長5時間ゲームになるとは、ね。

それでも起用できる選手はすべて起用しました。引き分けは仕方ないです。ビジターでしたし、負けなかったと思いましょうかね。ただ、勝ち切れなかったのも事実で、この辺りがAクラスを狙うには、チーム力が足りないのかなと思ったりもします。




初回に4点を先制され、どうなる事かと思いましたが、2回二死無走者から6連打で逆転に成功した事で、試合そのものは面白くなりましたかね。

こちらは、青木同点タイムリーのもの。




これは、浩康勝ち越しタイムリーのもの。17時半過ぎでしたから、まだ明るいですね。三浦は、初回はコーナーをついてましたが、キレがなかったのでしょう、急に崩れましたね。

中澤は…、この内容が続いてしまってますし、抹消される可能性が高いかな。




5-6と1点をリードされた9回に追いついた事で延長戦、10回、12回と得点圏に走者を出しましたが、決定打が生まれませんでした。荒木は…、打撃については現状一軍レベルに無いです。

今日は富山出身選手に良い所がありませんでした。ただ、荒木については11回裏のサヨナラのピンチ、石川が打った前進守備の頭上をあわや抜ける打球に追いついた所は、良かったです。




松井光も無死1・2塁のピンチを防いだ所はナイスでした。

お疲れ様でした。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

魔の6回

今日のハマスタは

魔の6回

でしたね。ハーパーに勝ち越し打を打たれるも村田を併殺にしとめ、2死3塁、このままで終えていたら状況は変わっていたでしょうけど、ここからさらに7点も奪われるとは思いませんでしたね。

武山のダメ押しタイムリー(直球に押された打球でしたが)、内川のとどめの満塁弾で勝負ありました。

館山は左打者を抑えて、打線を分断できるかで、投球が変わってくるのですけど、それが出来ませんでしたね。こんな日があります。

大家を6回まで7安打もソロの1点のみだった事も見逃せませんか。

ちなみに、飯原のホームラン判定は、「フェンス上の金網に当たり(最初から)入っていない」と分かってましたから、むしろ浩康の三本間に挟まれていた事が無くなった事に対して大きかったのですけど、関係無かったですか。




今日は午前中、保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアムで高校野球秋季大会、「横浜商対横浜商大」を観戦。Y校のユニを久々に生で見ました。試合の方は、4-2で横浜商大の勝利。Y校は、守備の連係等が今一つでしたね。歴史のある公立校だけに、OBの方も大勢いたのですけど、再建は道半ばと云った所でしょうか。横浜商大の方は、右腕の服部が2失点完投。それなりに球速があったように見えましたね。




みかん氷、売れてましたね。ツバメ軍団の方も買ってました。




4回の畠山のソロのもの。




試合後は、関内近くの居酒屋で残念会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

由規、10勝目

今日からハマスタ3連戦、

3-2

勝利しました。先発した由規は、プロ入り3年目で初の二桁

10勝目

をマークとなりました。9回2アウトまで完封勝利目前だったのですけど、四球を挟む3連打で2点を奪われ、林昌勇にマウンドを譲る形となりました。打ち取っていた打球、特に村田のは、落ちた所がライト線、球運が最後の最後で見放されてしまいました。

この辺りは対横浜戦の相性の悪さが出てしまったか、しかし本当に相性が悪いのなら、サヨナラ負け(敗戦投手・由規となっていた所)していたかもしれません。これで解消できれはと思います。




今日は19時半まで残業、急いでハマスタ向かうも、外野チケ売り場閉まっていたので、内野が2000円引きとなる8時だヨ!チケットを使って、内野で観戦でした。

終了直後のもの。




内野から見るレフトスタンド、平日にしては、自由は入っていた方ですかね。




ヒーローインタビューはもちろん、由規。インタビュアーは山田透アナです。


テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

昨夜の話

昨日は定時に上がれたので、

都市対抗野球

を見に行ってました。




東京都(NTT東日本)対仙台市(七十七銀行)の対戦で、NTT側応援席(といっても人数が多く、2階席へ)で観戦。

応援グッズとして、団扇とタオルマフラー、ゼッケンがついてました。




NTTは3塁側だったのですけど、日本有数の大企業、1塁側まではみ出してました。
ちなみに、ゼッケンはオレンジで、レフトスタンドがご覧の画像。読売戦なら、耐えがたいもの。申し訳ありませんが、着用しませんでした。




試合の方は1-1で迎えた延長11回タイブレーク(1死満塁)から始まり、




11回表七十七が無得点に終えると、裏のNTT東日本がライトへ犠牲フライを放ち、サヨナラ勝利。

このルール、思った事はありましたけど、それは後日。

テーマ : 社会人野球
ジャンル : スポーツ

富山はドロー

延長12回

3-3

の引き分けでした。8回9回10回と3度の勝ち越しの好機を活かせませんでした。

一方の投手陣は、2番手以降の中継ぎがエドガーのヒット1本のみに抑え、チャンスを作らせず、頑張りました。先発の石川は6回3失点、5回2死からの連打が勿体なかったですかね。

北陸シリーズは1勝1分け、5割で明後日からの横浜スタジアムとなります。

17年前の同対戦では、古田敦也&ハウエル対宮本和知&バッテリーのちょっとした遺恨(試合は9-0でスワ勝利)があったのですけど、今回はそんな事は無かったようですね。




今日は外野の画像から。




スタンド後方、富山湾です。




こちらは内野の画像。




聞いた話では、1割以上はスワファンがいたそうです。また、レフト外野のノリは傘の方が良かったという報告も受けました。




内野S席は、背もたれの無いタイプだったそうです。人工芝は張り替えましたけど、スタンド施設でも改修が必要になるかもしれません。前橋の上毛新聞敷島球場は、スタンド改修により結構立派な施設になってましたからね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。