スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月最後の試合

2-10

5連敗です。

明日からの転職先の準備ということで、今日は見に行っていないのですけど、小川監督のコメント通りではないですか。特に、3回裏1点リードされている場面で1死2・3塁で青木、少なくともセンターからライト方向へ打球を飛ばす意識があれば、外角のスライダーには手をださず、サード方向へ打球を飛ばすことはなかったのではないでしょうか。何も考えず、好き勝手に打っていれば、点が入るものも入りませんし、昨日、志田スコアラーの特集をした際、助かっていると青木自身がコメントしてましたけど、こんなことをしていれば、裏方さんも報われません。

8回のホームランについては、今日の結果から全く評価できませんが、これがきっかけに打ち始めれば、それはそれで名誉回復になるでしょう。

投手陣、先発の増渕は5回3失点、二度続けて好投ができれば、抹消などされてませんでしょうから、こんなものかもしれません。次回の先発予定であろう横浜戦では、相性も良いので、キッチリ抑えて欲しいです。松岡と渡辺については、論外、雨の中見に行っていたファンに失礼です。

台風が近づいていることもあり、明日明後日は開催が危ぶまれますね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

中盤までに

2-3

チームは4連敗、今季初の延長戦での負けとなりました。

負けになったのはバッテリーエラーではあったのですけど、それ以前、バリントンから6回までに10安打、この間で勝ち越しておかないといけなかったですね。

5回の畠山とバレンティン、6回の青木でね。




今日と明日はモップスラィリーが来場。




相川の同点タイムリー時。






明日は明後日からの転職先準備にするので、参戦しません。予想される増渕、連敗ストッパー頼みます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日も京セラ→甲子園




今日も京セラ→甲子園という日程で動いてました。阪神なんば線があるからこそのものです。




試合の方は、千葉ロッテが18安打の猛攻でした。なお結果は…ry




京セラはあくまで前座、甲子園がメインなのですけど、試合内容は…、ほぼノーチャンスでしたか。作れたのは4回表の1死1・2塁だけでしたね。メッセンジャーがそんなに良かったとは思えなかっただけに、打撃低調がそのまま反映されたものになりました。

由規もそれほど良くなかった割に粘れたと思いますけどね。もっと勝てる為には、空振りが取れる質の高いストレートが欲しいかな。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日は京セラ→甲子園




今日の「オリックス対千葉ロッテ」は、ほっともっとから京セラドームへ。




3塁側で観戦。3-1で千葉ロッテ勝利。と書いてますけど、16時20分にはドームを後にしてます。




目的はあくまで甲子園。ただ、この時間帯の阪神地域では局地的な雨となっており、開催を遅らすとアナウンス。阪神園芸の方々も外野の天然芝の部分を懸命に水分を拭き取る作業も行なってました。

1枚目の画像を見るとお分かりの通り、日差しが強く、残暑が残る大阪だったんです。




しかし、作業の努力は報われず、18時10分、中止決定。




甲子園での中止を体験したのは、行くようになってからは初めてでした。スコアボード後方の空は雨雲ではないのですけど、残念。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ほっともっとフィールド神戸




今日からスワローズ共々関西へ。ただし、今日は甲子園には駆けつけず、こちら。

ほっともっとフィールド神戸

に行ってきました。同球場名になってからは初です。この球場には何度か行ってますけど、ナイター観戦は初めてでした。






花火。神宮より玉数も多く、高く打ちあがります。




オリックス対千葉ロッテの3連戦、今回のオリックスは近鉄バファローズ70年代のユニフォームを着用してました。ラグランタイプのユニ、懐かしいですね。




試合の方は、同点で迎えた7回裏千葉ロッテの守備のミスが引き金となって、3-1でオリックスが勝利してます。千葉ロッテは4失策してはね。

→続きを読む

テーマ : オリックスバファローズ
ジャンル : スポーツ

痛い授業料




今日16番入り口から入ると、主に中日ファン向けにこちらを配ってました。

来年のファンクラブ会員募集の案内です。




ドアラも今日が最後。




試合の方ですけど、赤川にとっては、痛い授業料になったのではないですかね。2点リードの6回表、裏の攻撃で打席が回り、事実上この回が最後のイニングになったはず、2死1・2塁で代打平田に対して、0ボール1ストライクから低めの変化球をすくい上げられ、まさかの逆転3ランを浴びてしまい、敗戦投手になってしまった訳ですからね。結果論ではありますけど、個人的には、一発さえ打たれなければ良い場面、その平田は一発のある打者、勝ち投手の権利を残したまま、赤川を代えても良かったとは思えますけどね。右を起用していれば、恐らく佐伯を代打の代打として出してきたでしょう。佐伯は平田よりは一発のない打者ですから…、まぁ、可能性の問題ではありますね。

その平田、続く8回にもソロを打たれ、4打点と活躍されてしまいました。

打線の方は、6回以降、中日継投陣の前に慶三の四球一つだけで、ノーヒットと完璧に封じ込まれました。0点台のソトを攻略できたのは良かったのですけどね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ビール半額デー




今日は、生ビール半額デーナイター。一番搾り(キリン)、スーパードライ(アサヒ)、エビス(サッポロ)の生ビール750円の所、350円と半額以下の値段ということで、25000人を超える観衆が来場してました。少しテンションが上がった方も多かったです。

…現金なモノですね。




ということで、3杯程頂きました。普段も最高で3杯までしか飲んでないのですけどね。

また、キリンラガーと黒ラベルの缶および瓶ビールの売り子さんは、今日は商売にならないので、ゲート付近にサーバー(ラガーはタンクが無いため、一番搾りだった)を設置して、立ち売りしてました。




さて、試合の方ですけど、先発の七條、チェンともピリッとせず、打ち合いとなりました。七條については、2試合連続序盤ノックアウト、制球が甘かったです。チェンを2回でノックアウトにさせるとは思いもしませんでしたが、2回森岡タイムリーで再逆転できた浩康が併殺、久本に代わった3回ガイエルのタイムリーで再々逆転できた1死2・3塁で相川の三振と突き放せるところで突き放せなかったのが、中盤抑えられたことを考えれば、痛いと言えば痛かったです。

バーネットが堂上弟にまさかの同点ソロを浴び(今季初被弾。バーネットの被弾は、ほぼ1年ぶり)てしまい、引き分けに終わりました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

勝たせていただいた

そんな試合だったのではないでしょうか。もちろん、石川の粘りの投球は光りましたけどね。

5回1死2塁からネルソンがセンターオーバーの打球を放っているのに、谷繁が3塁でストップしてくれましたし、6回2死1・2塁からバレンティンのピッチャーへの飛球を中日野手陣がお見合いし、先制点を与えてくれましたからね。




浦添デーということで試合前、若太陽(ワカティーダ)が演舞を披露。




この3連戦はドアラも来場しており、獅子と遊んでました。




やや締まりのない展開の中、8回の川端のホームランは見事でした。




2-0で勝利。




石川は8勝目を挙げました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

女子プロ野球

日曜日の夜、神宮で女子プロ野球を見ました。と言っても、同時間帯、隣の秩父宮でラグビーを見ていたので、実際見ていたのは、9回裏だけだったのですけどね。つば九郎も活躍してます。








応援の雰囲気は、社会人野球みたいでした。

対読売戦、負け越しがなくなる




今日からホワイトセルに代わって、ガイエルが再登録。7番レフトでスタメンもノーヒットでした。




試合の方は、2回バレンティンが打った瞬間分かる2ランホームランで先制、5回にも畠山のタイムリーで追加点。




投げては先発増渕が、相手の走塁ミスに助けられた部分もありましたけど、9回2アウトまで無失点投球。高橋由伸にソロを浴びてしまい、完投完封こそなりませんでしたが、




3-1で勝利。この勝利で、対読売戦11年ぶりの勝ち越しへ王手となりました。




こちらは、二次会。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

完敗

1-7

初回に四球で貯めてしまったランナーをすべて返されてしまい、8回も走者一掃のタイムリー、打つ方は東野を攻略できず、完敗でした。

昨日も坂本の四球が先制点を与えたきっかけだったのに、今日も坂本の四球から、2試合続けての失点パターンに、投手コーチは責任をもたないといけません。

また8回1死2塁で坂本の敬遠気味の四球は、ここでは間違ってないと思いますけど、藤村の代打ラミレスに対して、代わった松岡が四球を与えては、ね。これは本当に無駄な四球でした。

後、最終回、福地は何をしたかったのでしょう?久々のスタメンであれでは、自らチャンスを逃してます。走塁面でのミスですからなおさらです。

これに限らず、昨日今日と戦い方として非常に粗さが目立ちます。雑な試合運びで勝てるほどのチーム状態ではないのですから、もっと集中して、試合に挑んで欲しいです。



テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

繋がらなかった




今日から東京ドームでの3連戦、東京ドームは週末の試合でも割とギリギリに入ることが多いのですけど、今日は試合前の練習から見てました。オーダー発表後、ラミレスの表彰式。




試合について言えば、打線がつながりませんでしたね。4番の畠山が4タコ2三振と澤村を打てませんでした。特に、2点を追う8回無死2・3塁で1点しか奪えなかったのも痛かったです。村中は7回2失点、3回以降ランナーすら許さない好投、せめて負けを消させてやらないと。

読売に初回四球→バント→タイムリー、1点差にした8回も四球→バント→タイムリーと非常に効率の良い攻撃をされてしまったのもね。

最後に、敗戦後メガホンを投げたバカ、二度と来るな。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

山形へ




今日は神宮へは行かず、山形へ行ってました。山形グルメの一つ、冷やしラーメンの元祖、「栄屋本店」へ。




11時半に入り、その時点でほぼ満席でしたが、1人だったので、すぐ中に入れました。20分程待って、注文した「冷やしラーメン」。見た目は普通のラーメンですけど、麺は冷たく、スープに氷がのっており、氷が溶けてもスープの味が薄くならなかったです。

近年、凝ったスープや麺が増えてきている中で、栄屋さんのラーメンは素朴で、あっさりした懐かしい味でした。




山形へ来た最大の目的、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(山形県野球場)でのスワローズの二軍戦、この試合を見るつもりだったのですけど、




残念ながら雨の為、中止でした。この球場に事がなかったので、見たかったのですが、今日の山形は、ぐずつき気味の空で、時折、雨が強く降るなど不安定でしたから、仕方ない部分はあります。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

よく追い付きました




1回表、バカボンがまさかの乱調、8失点。この時点で、あのような展開になるとは、予想できませんでしたね。




4回に追加点を奪われ、0-9。しかし、ここからスワローズの反撃開始。宮本タイムリー後、バレンティンが3ランで4点を返します。5回に1点を失うも森岡の走者一掃のタイムリーとバレンティン犠飛で、2点差とします。6回、一死2・3塁から川端が2点タイムリーで同点。さらに、一死2・3塁にするも追加点は奪えず。以降両チームともチャンスはなく、




10-10の同点で試合終了。欲をいえば、6回の好機で逆転できていれば、と云った所ですが、最大9点差を追い付いたわけですから。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

石川雅規、今季初完投

今日から横浜との3連戦

5-1

石川は今季初完投となりました。初回こそ、失点しましたが、後は危なげなかったです。




今日は渋谷から歩いて神宮へ向かったのですけど、246沿いの某自販機につば九郎が飾ってました。




試合前、館山の1000投球回の表彰式がありました。




こちらは、畠山の勝ち越しタイムリー時のもの。




4回畠山が1死2塁から同点タイムリー、5回には畠山、ホワイトセルの連続タイムリーで勝ち越し。8回はバレンティンがレフトポール際へ22号2ラン、これが石川を楽にしましたね。

今日は、ケータイのバッテリーがなくなってしまったので、ヒーローインタビュー時のものはありません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

9回裏だけは盛り上がった












けど、試合は負けましたからね。盛り上がった要因も相手の凡ミスでしたしね。甲子園が魔物なら、神宮は魔女と云った所でしょうか。

先発の川島亮は、現状こんなものではないですかね。以前より球速が出なくなっている以上、細かい制球力が必要となってくるでしょうけど、ストレート変化球ともそれは見られなかったです。早めの交代は間違ってなかったと思います。

9回の5失点については、ベンチワークのミスですね。点差もまだなかったので、小野寺、渡辺等のいわゆる敗戦処理は起用しづらく、押本を信用しすぎた部分が裏目になりました。バーネットを使いたいならイニングの頭だったでしょう。ただ、バーネット自身も調子を落としているので、クローザー、不安ですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

林昌勇が離脱したのなら

先発が完投

すれば良いのです。2回上本に先制ソロを浴びましたが、直後の攻撃で、二死2塁から相川の左中間へタイムリーツーベースで同点、由規のセーフティバント成功、青木四球で満塁、2試合スタメンから外れていた浩康がセンター前へ2点タイムリーで勝ち越し、川端ファースト内野安打(動揺していたメッセニキンジャーがベースカバーが遅れた)で再び満塁とし、4番畠山がライト前へ2点タイムリーで一挙5点を奪い、メッセニキンジャーをノックアウトにしました。4回にも畠山が詰まりながらもレフトスタンドへ14号2ランを放ち、試合を決めました。




5回終了後の花火。今日は気持ちよく見ることができました。




5回に青木のポテンタイムリーで追加点。8回に鳥谷タイムリーで1点を返されますが、8-2で勝利。




ヒーローインタビューは、畠山。奥様からお褒めの言葉があったのでしょうか。




浩康。




140球完投の由規。

林昌勇は腰痛の為の抹消、10日で戻って来れれば良いのですけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

相性の悪さがそのまま出た試合

1-4

久保の前にまたしても打てませんでした。

村中は3回一死1・3塁から、平野の高いバウンドの二ゴロで先制(先制点はやむ無しも上手くいければ、1塁へ投げ、塁間に挟まれたマートンを挟殺プレーに持ち込むことは出来たとは思いますが)されますが、その後の村中が1塁へ牽制悪送球、これがいけなかったと思います。

動揺したわけではないでしょうが、鳥谷四球で新井に3ラン、ウチの打線が久保を苦手(防御率で見ると他球団は打てているので、攻略・対策法が間違っているのでは?)にしていることを考えると、ここで試合の趨勢は決まってしまいました。

村中自身も読売には勝てるのですけど、阪神に勝てないですね。このローテですと、再来週の甲子園での登板はあるでしょうから、この辺、何とかしないといけません。




バレンティンの今季のセ・リーグ最速20号ソロ時のもの。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

バーネットが

3-4

逆転負けでした。

館山も良くなかったのですけど、バーネットが2試合続けての失点、中継ぎとして抜群(?)の安定感を誇ってきましたが、ここにきて疲れが出始めているのでしょうかね。

広島には2カード連続負け越し、後半戦、広島に限らずですけど、もつれた展開をモノに出来てないのが大きいですね。

3カード連続ビジターは

2勝6敗1分け

チームとしては不本意な結果に終わりました。

明日から神宮で2カード続きます。飛び出せ!ヤクルトスワローズの3番の歌詞にありますけど、♪ロードゲームの疲れも知らず、檜舞台の神宮で~♪でいきましょう。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

頼もしいオールドルーキー

6-1

今月に入ってから、平均1点しか取れなかった打線が、先制、中押し、ダメ押しと理想的な展開となりました。やはり、得点に絡むのは長打ですね。ホワイトセルの2ラン、一昨年マツダでもマエケンから打ってましたね。

投げては、

七條

が7回無失点と好投してくれ、連敗を止めてくれました。本来なら連敗脱出の役目をプロ1年目(とはいっても27才ですけど)の投手にさせてはいけないのですけどね。バカボン、ナイスピッチでした。2週間前の広島戦でもマエケンと投げ勝ちましたが、今回も勝ちましたね。その時は76球で降板し、広島打線も早打ちだったことを反省してか、7回まで114球投げさせましたが、七條は粘り負けませんでした。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

打線よ、夏バテにするには早すぎるぞ

今日からマツダでの3連戦

0-1

5連敗です。またもロースコアの接戦を落としてしまいました。

先発の石川は2回裏、新助っ人バーデンの来日初本塁打を打たれてしまい、それが決勝点になってしまいました。石川対広島の助っ人と言えば、昨年までいたヒューバーによく本塁打を打たれていたのですけど、またしても新助っ人のバーデンにも本塁打を打たれてしまいました。石川は7回1失点だったので、よく頑張ったと思いますけど、先制点を許した事が勝敗を分けてしまったのでね。

それ以上に打線です。結局オーダーを元に戻したものの、全く機能せず、初対戦のバリントンに抑え込まれました。機能しない理由は主軸であるクリーンナップの揃いも揃っての不調が大きいと思いますね。バレンティンはずっと低調が続いていますし、ホワイトセルは不安定、畠山は配球に苦しめられている感があります。青木も出塁役でしか機能(下位打線で作った好機を還す役割を果たしてない)してませんし、走者を還す役が居ないと点は奪えませんからね。

昨年5月、高田前監督が辞任したひとつの理由として、打線の低調がありました。そこで当時評論家だった伊勢氏を招聘したのですけど、揃いも揃って不振に陥らない為にはどうしたらいいのかを考えてもらう役割を担ったと思われます。しかし、再びこのような状況になった以上、伊勢コーチにも責任はあるのではないでしょうか?特に投手陣に疲れが出始める夏場は打線が有利になってくるはずなのに、この有様は問題大有りです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

小川監督になってから

2-5

小川監督就任(代行時代含む)後、初めての

同一カード3連敗

となってしまいました。チームは4連敗です。

この3連戦初めて、先制点しかも今週6試合で初めて2点も(!?)入った訳ですけど、先発の増渕が踏ん張りきれませんでした。3回裏に一死満塁からブラゼルに走者一掃を打たれ、ノックアウト。3番手松岡も新井にツーランを浴びてしまい、序盤で5点を失う苦しい展開となりました。とはいえ、こちらも好機がなかったわけではなく、5回6回と同点逆転の可能性を作れたのですけどね。特に6回の無死満塁で無得点、代打宮本の甘いストレートのミスショットが痛かったです。得てして無死満塁時は最初の打者が打つ打たないでその後大きく変わってくるといいますが、まさに今日の無死満塁はスワにとっては最悪の結果が待ってました。

また、久しぶりの2番に入った青木も初回無死1塁で遊ゴロ併殺、四球以外すべてショートへの打球、打球が上がりません。青木の打撃フォームは毎回打席ごとで微妙に変えているので、ドツボに陥った時、修正がなかなかすぐに出来ないというのも3割打っている割には物足りない、というイメージを与えてしまってますよね。ちなみに、今月に入ってから外野へのヒットが1本だけ(22打数、内野安打3本)です。

最後に来週末も阪神戦ですけど、増渕先発は辞めた方が賢明ではないですかね。ローテの再編も考える余地があるでしょう。阪神戦に滅法強い館山を週末ローテに回すのも一つの手かと。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

5試合連続

1-5

9回に完封を免れるのが精一杯、確かにメッセニキメッセンジャーは良かったのですけど、5試合連続

1点

では勝てませんって…。

由規は脇腹を傷めた京セラでの登板、体が覚えていたのかどうか、全く良くなかったです。もっとも昨年来から読売戦は抑えられるのですけど、阪神戦になるとなぜか打たれる、これは何が原因なんでしょうね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

昨日と同じスコアで

今日から京セラドームで阪神との3連戦、

1-2

昨日と同じスコアで敗れました。オールスター明け初の連敗です。

今まで接戦の試合をモノにして勝ってきたチームが、ここにきて接戦を続けて落とす、良い傾向ではありません。ただ、4試合続けて1点では、勝つ確率は低いです。

今日については、関本の打球、タイムリーで1点は仕方ないにせよ、その後の守備で1塁走者を生還させてしまったのが痛かったです。得点力が再び落ちてきている状況下では、守備の重要性は大事なのですけど、まずい守備をしたバレンティンは、最終回押し出しで1点差に追い上げ、さらに1死満塁で三振。守備のミスは打撃で取り戻さないと。ここまで我慢して起用してもらっているのだからね。

今日もまたしても久保に白星を献上…。これで7連敗。今日は抑えられましたが、そこそこ点が取れたときはこちらの投手がいつもそれ以上に失点してしまう悪循環、来週の神宮でも、恐らく同じ投げ合いになるかと思いますので、なんとかして黒星を付けさせないといけませんね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

完投負け

1-2

館山が8回まで投げきってくれたのですけどね。完投負け(ウチでは久しぶり)です。中日戦の2敗がすべて館山になってしまっています。その原因の一つはグスマン。なんたって対館山

10打数8安打

ですから。絶対数は多くありませんけど、この成績だと、館山からすれば、ほとんど打たれていると感じてしまうでしょう。

しかしこの3連戦すべて1点ずつで3得点、畠山とホワイトセルの主軸が機能せず、バレンティンも不安定な打撃では、コンスタントな得点力は生まれませんよね。

1勝1敗1分け

なら、上出来です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季12度目

1-1

今季12回目の引き分けに終わりました。

今日の七條は7回1失点、打っても唯一の打点をマークするなど孤軍奮闘でした。七條は今日発売の週刊ベースボールに、久古と一緒にインタビュー記事が掲載されてますので、ご覧ください。

2回2死2・3塁、3回無死3塁でいずれが得点を上げれてたらね。相手はチェンだったわけですし、そうはチャンスはくれません。

9回は、藤井のポカで二塁打どまりにしてもらえ、代打小池にバントをさせずに敬遠。もちろん、塁を埋め、守りやすくするためだったのでしょうけど、次の打者が不振とはいえ森野でしたら、ギャンブルに近い選択をしましたね。結果は最良だったのは見事でした。

今日については、勝てなかったけど負けなかった、引き分けそのものの内容だと思います。ナゴヤドームらしい試合が続きますね。明日の先発は恐らく、ソトと館山、これまたロースコアの予感がします。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

8月ながら今季初

今日からナゴヤでの3連戦、8月に入っておりますが、実は今季ここまで中日主催のスワ戦を一度も行なっておらず、今月来月再来月で12試合(9月に4連戦、10月にもさらに4連戦が確定して、さらにもう1試合が日程未定)を行うという少々強行のスケジュールとなっております。

そんな中、ナゴヤドームでの今季最初の試合は、

1-0

3回に畠山の犠牲フライで上げた1点を石川、林昌勇で守り抜いた試合となりました。石川は6月25日以来の勝利投手です。今日は5四球といつもより四球が多かった(ただ、ユアスワに石川自身、統一球に対して慣れてない部分があるのか、例年と比べ、四球が多くなっているとコメントしてます)のですけど、今日は粘りのある投球が出来たのではないでしょうか。林昌勇については、今日は無失点も牽制悪送球している辺り、安定感が欠けていますかね。

小川監督の球団監督史上最速通算100勝については、あくまで昨年は監督「代行」でのものですし、代行が取れた監督としては、今日現在41勝ですから、あまり関係はないかと思いますけど、最速できるだけのペースで勝っていると実感はできますね。

最後に1-0というスコアで終わるのは、ナゴヤらしいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。