スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の宮本は

やはり

凄かった

ということですかね。

ゴールデングラブ賞

ベストナイン

同時受賞

したわけですからね。ゴールデングラブについては、全く異論はなかったでしょうけど、ベストナインについては、打点王の辛い新井がいましたからね。差し置いての受賞、それどころかベストナインそのものが初だったわけですから。それだけに、優勝したかったな…。

青木も同時受賞となりました。今年の成績だけ見ると、今までの実績とはかけ離れた不振といって過言ではないものでしたが、実績ある外野手が軒並み成績を落としたことも大きかったかもしれませんね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

あずまボウル




神宮大会の決勝がありましたが、今日はハマスタに行ってました。今年から東日本代表校を決める甲子園ボウルへの進出ルールが変わり、まずは、関東リーグAとBの1位(11.27横浜スタジアム)、北海道・東北リーグの1位(11.26札幌ドーム)がそれぞれ戦い、その勝者で甲子園ボウル出場(12.4味の素スタジアム)を争う形となりました。

そのため、今年より関東大学選手権を「あずまボウル」と改称して、開催される事にしました。




第1回は、関東A1位の日本大学、関東B1位の法政大学の一戦となりました。第1Q早々に日大がフィールドゴールとタッチダウンを決め、試合を優位に進めますが、法大も第2Q2つのタッチダウンを奪い、前半を法大の17-13で折り返します。後半の第3Qは共に無得点、そして第4Q、2本のロングパスが通り、日大が逆転に成功すると直後のリターンを法大がファンブルし、ターンオーバー、再び攻撃権を得ると、そこでもきっちりタッチダウンを決め、27-17で日大の逆転勝利となりました。後半ライン戦で押され始めた法大はQBの前に日大D#陣が襲いかかるようになってきたため、攻め手を失った所に、守備陣もバテてしまい、攻守とも完敗だったと言って良いと思います。日大の方は、キックが距離も出て安定してました。

さて勝った日大は来週味スタで先の勝者となった仙台大と対戦し、勝てば4年ぶりの甲子園ボウル出場、仙台大が勝てば東北勢初の甲子園となりますけど、…おおよそ結果は見えちゃいますがね。ちなみにこの日はスワのファン感の為、行くことはできません。

一方の西の代表は関西学院大と中京大で争いますが、こちらも結果は見えますか。4年ぶりの青赤決戦、甲子園では21年ぶりの公算が大でしょう。




こちらは、我が母校。拓殖大戦の様子です。相手QB#9柳沢のランを守備陣が止められず、28-31の惜敗。柳沢は、2年生ながら昨年の末吉以来の1000mラッシャーとなっています。1部に昇格したばかりの拓大にこんな選手がいるのなら、2年間は攻撃ではリーグをかき回すチームになれるかもしれません。もちろん、入替戦で残れたらの話にはなりますが、ただ、柳沢のランを二部のチームが止められるとは見ておりません。




立教大とは20-14で勝利。相手の守備を掻い潜ったパスと要所のランが決まってましたね。




最終節の一橋大とは7-20と完敗。第2QのギャンブルでQBがファンブルしてしまい、相手にターンオーバーされ、そのままタッチダウンされてしまったのが痛かったですね。スタッツだけ見るとなぜ負けたと見る方もいるかもしれませんけど、攻守とも肝心なところで一橋にやられており、負けるべくして負けた感があります。

結果1勝6敗、順位は7位も順列では8位となってしまい、12月11日、二部B1位の明治学院大と入替戦に回る事となりました。なんとか勝って残留して欲しいです。

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

中根佑二投手




神宮大会に行き、スワローズドラフト5位の中根佑二投手を見てきました。

ストレート(平均130後半)や変化球のキレは感じましたけど、制球力にアバウトさを感じましたかね。中2日、怪我明けということを考慮すると、十分投げられたとは思います。現状のままでは即通用というわけにはいかないかもしれませんね。これからの成長に期待したいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

来季の選手変動

今季をもってスワローズを退団する選手(引退、移籍含む)

13 佐藤賢
17 川島亮
46 岡本直也
54 高市俊
58 高木啓充
61 石井弘寿
62 吉川昌宏
38 衣川篤史
40 吉本亮
53 ジョシュ・ホワイトセル
*0 濱中治
*5 アーロン・ガイエル
56 中尾敏浩
*1 青木宣親(未決定)

来季よりスワローズに入団する選手

川上竜平
木屋良平
比屋根渉
中根佑二
古野正人
徳山武陽
金伏ウーゴ
正田樹
阿部健太
木下達生
水田圭介

ドラフト以外での選手獲得は4選手、今オフの日本人選手の獲得は支配下の関係上、終了(外野1人はあるかも)でしょうかね。後、ホワイトセル、ガイエルに代わる新助っ人の獲得で来季の陣容が決まります。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

来季のセ・リーグ公式戦

3月30日(金) 対読売(東京ドーム)
3月31日(土) 対読売(東京ドーム)
4月*1日(日) 対読売(東京ドーム)

4月*3日(火) 対阪神(神宮)
4月*4日(水) 対阪神(神宮)
4月*5日(木) 対阪神(神宮)


4月*6日(金) 対中日(ナゴヤドーム)
4月*7日(土) 対中日(ナゴヤドーム)
4月*8日(日) 対中日(ナゴヤドーム)

4月10日(火) 対横浜(神宮)
4月11日(水) 対横浜(神宮)
4月12日(木) 対横浜(神宮)


4月14日(土) 対広島(松山)
4月15日(日) 対広島(松山)


4月17日(火) 対阪神(ほっともっと神戸)
4月18日(水) 対阪神(甲子園)
4月19日(木) 対阪神(甲子園)

4月20日(金) 対読売(神宮)
4月21日(土) 対読売(神宮)
4月22日(日) 対読売(神宮)


4月24日(火) 対中日(神宮)
4月25日(水) 対中日(神宮)
4月26日(木) 対中日(神宮)


4月28日(土) 対広島(マツダ)
4月29日(日) 対広島(マツダ)
4月30日(祝) 対広島(マツダ)

5月*1日(火) 対横浜(横浜)
5月*2日(水) 対横浜(横浜)
5月*3日(祝) 対横浜(横浜)

5月*4日(祝) 対広島(神宮)
5月*5日(土) 対広島(神宮)
5月*6日(日) 対広島(神宮)


5月*8日(火) 対中日(豊橋)
5月*9日(水) 対中日(岐阜)
5月10日(木) 対中日(ナゴヤドーム)

5月12日(土) 対読売(秋田)
5月13日(日) 対読売(秋田)


日本生命セパ交流戦

6月22日(金) 対読売(長野)
6月23日(土) 対読売(東京ドーム)
6月24日(日) 対読売(東京ドーム)

6月26日(火) 対横浜(沖縄セルラー那覇)
6月27日(水) 対横浜(沖縄セルラー那覇)

6月29日(金) 対阪神(神宮)
6月30日(土) 対阪神(神宮)
7月*1日(日) 対阪神(神宮)


7月*3日(火) 対中日(神宮)
7月*4日(水) 対中日(神宮)
7月*5日(木) 対中日(神宮)


7月*6日(金) 対広島(マツダ)
7月*7日(土) 対広島(マツダ)
7月*8日(日) 対広島(マツダ)

7月10日(火) 対横浜(神宮)
7月11日(水) 対横浜(神宮)
7月12日(木) 対横浜(神宮)


7月13日(金) 対阪神(甲子園)
7月14日(土) 対阪神(甲子園)
7月15日(日) 対阪神(甲子園)

7月16日(祝) 対横浜(横浜)
7月17日(火) 対横浜(横浜)
7月18日(水) 対横浜(横浜)


7月20日(金) マツダオールスターゲーム(京セラドーム)
7月21日(土) マツダオールスターゲーム(松山)
7月22日(日) マツダオールスターゲーム(盛岡)


7月25日(水) 対広島(神宮)
7月26日(木) 対広島(神宮)


7月27日(金) 対中日(ナゴヤドーム)
7月28日(土) 対中日(ナゴヤドーム)
7月29日(日) 対中日(ナゴヤドーム)

7月31日(火) 対阪神(甲子園)
8月*1日(水) 対阪神(甲子園)
8月*2日(木) 対阪神(甲子園)

8月*3日(金) 対中日(神宮)
8月*4日(土) 対中日(神宮)
8月*5日(日) 対中日(神宮)


8月*7日(火) 対横浜(神宮)
8月*8日(水) 対横浜(神宮)
8月*9日(木) 対横浜(神宮)


8月10日(金) 対読売(東京ドーム)
8月11日(土) 対読売(東京ドーム)
8月12日(日) 対読売(東京ドーム)

8月14日(火) 対広島(マツダ)
8月15日(水) 対広島(マツダ)
8月16日(木) 対広島(マツダ)

8月17日(金) 対阪神(神宮)
8月18日(土) 対阪神(神宮)
8月19日(日) 対阪神(神宮)


8月21日(火) 対読売(神宮)
8月22日(水) 対読売(神宮)
8月23日(木) 対読売(神宮)


8月24日(金) 対中日(ナゴヤドーム)
8月25日(土) 対中日(ナゴヤドーム)
8月26日(日) 対中日(ナゴヤドーム)

8月28日(火) 対広島(神宮)
8月29日(水) 対広島(神宮)
8月30日(木) 対広島(神宮)


8月31日(金) 対中日(神宮)
9月*1日(土) 対中日(神宮)
9月*2日(日) 対中日(神宮)


9月*4日(火) 対横浜(横浜)
9月*5日(水) 対横浜(横浜)
9月*6日(木) 対横浜(横浜)

9月*7日(金) 対読売(神宮)
9月*8日(土) 対読売(ハードオフ新潟)
9月*9日(日) 対読売(ハードオフ新潟)


9月11日(火) 対阪神(甲子園)
9月12日(水) 対阪神(甲子園)
9月13日(木) 対阪神(甲子園)

9月14日(金) 対横浜(神宮)
9月15日(土) 対横浜(神宮)
9月16日(日) 対横浜(神宮)


9月17日(祝) 対広島(マツダ)
9月18日(火) 対広島(マツダ)
9月19日(水) 対広島(マツダ)

9月21日(金) 対読売(東京ドーム)
9月22日(祝) 対読売(東京ドーム)
9月23日(日) 対読売(東京ドーム)

9月25日(火) 対阪神(神宮)
9月26日(水) 対阪神(神宮)
9月27日(木) 対阪神(神宮)


※読売戦1試合、広島戦2試合と横浜主催の1試合、計4試合未発表

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

来季の日本生命セパ交流戦

5月16日(水) 対福岡ソフトバンク(神宮)
5月17日(木) 対福岡ソフトバンク(神宮)

5月18日(金) 対福岡ソフトバンク(神宮・予備日)

5月20日(土) 対オリックス(神宮)
5月21日(日) 対オリックス(神宮)

5月22日(月) 対オリックス(神宮・予備日)

5月23日(火) 対千葉ロッテ(QVCマリン)
5月24日(水) 対千葉ロッテ(QVCマリン)

5月25日(木) 対千葉ロッテ(QVCマリン・予備日)

5月25日(金) 対埼玉西武(西武ドーム)
5月26日(土) 対埼玉西武(西武ドーム)


5月27日(日) 対東北楽天(神宮)
5月28日(月) 対東北楽天(神宮)

5月29日(火) 対東北楽天(神宮・予備日)

5月30日(水) 対北海道日本ハム(神宮)
5月31日(木) 対北海道日本ハム(神宮)

6月*1日(金) 対北海道日本ハム(神宮・予備日)

6月*2日(土) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)
6月*3日(日) 対福岡ソフトバンク(ヤフードーム)


6月*5日(火) 対オリックス(京セラドーム)
6月*6日(水) 対オリックス(京セラドーム)


6月*8日(金) 対千葉ロッテ(神宮)
6月*9日(土) 対千葉ロッテ(神宮)


6月10日(日) 対埼玉西武(神宮)
6月11日(月) 対埼玉西武(神宮)


6月13日(水) 対東北楽天(Kスタ宮城)
6月14日(木) 対東北楽天(Kスタ宮城)

6月15日(金) 対東北楽天(Kスタ宮城・予備日)

6月16日(土) 対北海道日本ハム(札幌ドーム)
6月17日(日) 対北海道日本ハム(札幌ドーム)


6月18日(月) 共通予備日
6月19日(火) 共通予備日
6月20日(水) 共通予備日
6月21日(木) 共通予備日


正式な試合開始時間については、来年1月に発表されますが、神宮については、土曜日の千葉ロッテ戦と日曜日の埼玉西武戦がデーゲーム。
ヤフーの土曜日と札幌の土曜日は、それぞれ前日に予備日が組まれているので、恐らくナイターでしょう。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

4勝3敗

3勝3敗で迎えたコナミ日本シリーズ2011第7戦は、

福岡ソフトバンクホークス



3-0

で中日ドラゴンズを下し、8年ぶり5回目、ソフトバンクとなってからは初の

日本一

となりました。2004年からの7年間、レギュラーシーズン1位が2回、リーグ優勝が1回ありながら、プレーオフ・クライマックスシリーズに敗れ、日本シリーズ出場ができませんでしたが、ようやく、叶えました。

選手ファンの皆様、一野球ファンとして

おめでとうございます

また、戦前の評価の低かった中日も7試合で9点しか取れなかったにも関わらず、第7戦まで縺れさせ、ホークスを苦しめたのも立派だったと思います。

さて、監督インタビューでもアナが触れてましたが、アジアシリーズが25日より台湾で行われます。台湾側の熱意に応えないといけませんが、一部主力と助っ人は不参加となるでしょうね。マスコミもどの位、この試合について報じますか。

→続きを読む

テーマ : 福岡ソフトバンクホークス
ジャンル : スポーツ

次期選手会長は

ヤクルト、武内が新選手会長に

 ヤクルト・武内晋一内野手(27)が来季から第11代選手会長を務めることが15日、分かった。2009年から3年間務めた石川雅規投手(31)から指名され、この日までに承諾した。

 「武内は若い選手にも厳しく言える。人間的に信頼できる武内に決めた」と石川。指名された武内は「選手の意見をまとめていきたい」と身を引き締めた。

 6年目の武内は、今季は73試合で打率・216、2本塁打、11打点と低迷。それでも智弁和歌山高、早大でも主将を務めてきた人間性が評価された。秋季キャンプでは宮本兼任コーチの指導の下、外角に対応できなかった打撃フォームを改造中だ。チームリーダーになる責任感が“未完の大器”武内を覚醒(かくせい)させるはずだ。
(サンケイスポーツ)



今年の中頃、週ベの記事に宮本が次期選手会長は武内だと名指ししてましたので、石川だけの意見ではないと思います。武内自身も選手会長となるからには、一軍二軍を行ったり来たりするような選手にはならないようにして欲しいですね。現状、外角もさることながら、140㎞後半のストレートに力負けしてますからね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

この間のスワローズ

コナミ日本シリーズの3戦目は、福岡ソフトバンクが雪辱してましたね。

さて、この間のスワローズ、松山キャンプについては、一部主力メンバーが合流し始めました。新聞含め色々記事としてますが、まずは、個々人の課題を持って、どのように取り組むのか、ですね。ただ、村中や赤川、増渕は新球をマスターしたいとのことですけど、その前にどんな球でもストライクを放れるコントロールをもっと磨いて欲しいかな(特に村中、増渕は)とは思ってますけどね。

館山の手術、まずは成功したようで何よりです。リハビリも順調に行って欲しいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2戦とも

昨日から始まったコナミ日本シリーズ2011、いずれも延長10回2-1で中日の勝利となりました。

中日は福岡ソフトバンク投手陣を(予想通り?)打ち崩しているわけではありませんけど、ナゴヤドームでやっているような試合をヤフーでやれた、といった所なんでしょうかね。

福岡ソフトバンクは、今後2試合続けて打たれた馬原をどのような起用法を行なっていくのでしょうか。このままでは、チームにとっても馬原自身にとっても、いいことではないので、どこかで起用するとは思いますけどね。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

明日から

コナミ日本シリーズが始まるわけですけど、福岡ソフトバンクが有利だと思います。

一番はホークス打線がドラゴンズ投手陣を打てる姿を想像できてもその逆が想像できないだけにね。また、中日の投手陣が良いといいますけど、チーム防御率はホークスの方がドラゴンズより上回っているので、その点でも有利でしょう。さらに、足の部分でも盗塁数が雲泥の差(ホークス180、ドラゴンズ41)ですので、すべての部分でホークスの方がデータ上では有利です。もちろん、勝負事ですので、やってみないとわからない部分はありますけどね。

…スワローズが出ていたら、私の中でもっと盛り上がっていたでしょう。今年はチャンスが大きかっただけにね。

後、読売の内ゲバ。日シリの前に、水を差すようなことして何をやっとるのか。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

青木、ポスティング移籍容認へ

本来、ポスティングは、

選手の権利ではない

ではないのですけど、もう決まった以上、メジャーでも頑張って欲しいとしか言い様がありません。

ただ、昨年の岩隈のような形になった場合、どうするのでしょうかね。それでも、球団は受けるのでしょうか?

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

青木、ポスティング?

青木がメジャー挑戦へ 衣笠社長がポスティング容認

 ヤクルトの青木宣親外野手(29)が今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用しての米大リーグ移籍を球団に申し入れたことが8日、分かった。衣笠剛球団社長が明らかにした。同社長は「私見としては、お手伝いしたい気持ちはある」と話し、容認する姿勢を示した。

 衣笠社長によると、青木とはクライマックスシリーズ(CS)で敗退した翌日の7日夜に30分ほど会談した。「大学時代からの大きな夢でぜひにでも行きたい、とのことだった。前向きに考えてあげたいが、球団として受け入れるかは協議して決めたい」と話し、10日までに役員の意見をまとめて決断する予定。

 青木が海外移籍も可能になるフリーエージェント(FA)の資格取得条件を満たすのは、早くても2013年。06年オフに、入札制度を利用しての将来的な米移籍を訴えたことはあるが、以降は公の場で意思を明らかにしていなかった。

 青木は宮崎・日向高から早大を経て、04年にドラフト4巡目で入団。昨年の209安打などシーズン200安打を2度達成し、首位打者に3度輝いた。今季は打率2割9分2厘に終わり、2年目から続けてきた3割が6年連続で途切れた。

 ▼ヤクルト・衣笠球団社長の話 球団として受け入れるかは協議して決めたい。彼も一大決心をして来たので、私もきちっと話を受けた。貢献度は十二分に認識している。できれば前向きに考えてあげたい。
(スポーツニッポン)

強い目線で挑戦訴える…青木、30歳を前に“決断”

 ヤクルトの青木が入札制度を利用しての大リーグ挑戦を決断した。海外移籍も可能なFA資格取得条件を満たすのは早くても2013年。来年1月に30歳となる今オフは、決断へのひとつのタイミングだった。

 7日に会談した衣笠社長によると「強い、食い入るような目線」で、早大時代からの夢だった大リーグ移籍を訴えたという。近年は公の場で思いを口にすることはなかったが、関係者によると米国での用具の供給態勢を詰めるなど、準備を進めていた。10月に第1子となる長女が生まれ、身辺は落ち着いている。

 昨季まで6年連続で打率3割をマークし、周囲も「天才」と認める球界屈指の打者。だが、今季は飛ばない統一球の対応に苦しみ、力のない内野ゴロが増えるなど2割9分2厘に終わった。

 3年目の06年に41盗塁で盗塁王に輝いたが、今季は小さな故障が多く8盗塁にとどまった。中堅の守備でも不安定なプレーが時折出た。ヤクルトが移籍を容認した場合、次は大リーグ球団の評価が焦点となる。
(スポーツニッポン)



正直、青木自身が挑戦したいのなら、やむを得ないと思いますけど、ただ、メジャーでもセンターのポジションを獲得するのは、そう簡単なことではないような気がします。あと、個人的なことを言わせていただくと、スワローズにおける背番号「1」が、青木にとって、少し軽いものと考えていたのかなと思っていたところに、寂しさを覚えますね。メジャー志望なら「23」のままで、行って欲しかったというのはあります。

ホワイトセルの退団の可能性、昨年終盤あたりから相手の研究が進み、不振の兆しが出始めていましたからね。

最後に松山キャンプ、始まりましたけど、情報がないのはなぜでしょうか?

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

力及ばず

最後に青木が意地を見せるも反撃遅し、

1-2

クライマックスシリーズファイナルステージにて、2勝4敗と中日ドラゴンズに敗れ、東京ヤクルトスワローズの2011年の戦いは、今日をもって終了しました。

まずは、選手たちの皆様

お疲れ様でした。

今夜から来季こそは優勝できるよう、鋭気を養いつつ、練習にも励んで欲しいですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

まだ、終わってない

今日は土曜日ということもあってか、昨日より多くの神宮の常連さんが来てましたが、試合の方は、初回で決まってしまいました。先発の赤川、前回と違って、球が上ずってましたか。

結果としてビッグイニングにさせてしまったきっかけの一つ、ルーキーの山田、ミスを取り戻そうとタイムリーを含む2安打、特に浅尾から放った左中間へのクリーンヒット、良かったと思います。本来なら高卒ルーキーの選手に1番ショートというポジションでスタメン出場するということが、有り得ない事(それだけ層が薄い)なんですけど、山田にとっては、ポストシーズンとはいえ、良い経験をしているでしょうね。






追い込まれてしまいました。しかし、まだ終わったわけではありません。連勝するぞ!

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

これでタイ

2-1

三者凡退に抑えたのが3イニングしかなく、ピンチの連続でしたけど、なんとか大島のタイムリー1本のみにして、凌ぎきりました。現ルールに改められた2008年以降のCSセでは、ビジターチームが初めて2勝を収めた事になります。

決勝打を放ったのは青木でしたけど、ホームを踏んだルーキーの山田、若いということにあるのでしょうが、意外と速かったですね。










これでタイ、明日からが本当の勝負です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

1勝2敗へ

3-1

0-0で迎えた8回2アウトから石川の代打飯原がレフトスタンドへ先制ホームラン。9回にはスタメンから外れ途中出場の畠山が2点タイムリー(先の代打藤本が凡退するも3塁走者上田が時間を稼いでくれたおかげで、2・3塁に出来たことも大きい)で突き放し、投げては石川→館山のリレーで逃げ切りました。

飯原の一発(ニッポン放送より。ファーストステージの練習前、元千葉ロッテの堀幸一氏が伊勢コーチの要望で臨時指導が行なっていたことが判明)は大きかったのですけど、、中3日の石川が7回まで1安打の好投があったればこそだと思います。前回は実質のノックアウトで不本意な投球だっただけに、面目躍如でしたね。

打線については、打順変更が功を奏した訳ではありませんので、明日以降もいじりながらとなるでしょう。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ファイナルステージ初戦は

1-2

中日に敗れ、アドバンテージを含め0勝2敗となりました。

先発の増渕が3回までに2失点と試合を作れず、打線も特に主軸が機能しませんでした。負けるべくして負けた試合でした。

こちらは挑戦者、気持ちを切り替えて明日から戦って欲しいです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

昨日のおまけ

昨日はポール寄りの席だったので、スーパーカラービジョンがぼやけてしまってます。このケータイ、2年以上使っていて、最新のケータイ・スマートフォンではないものでして…










余韻は今日だけにして、明日からナゴヤドームでのファイナルステージ最大6連戦です。私は全試合というわけにはいきませんけど、金曜日と土曜日、応燕してきます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。