スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2試合連続




引き分けに終わりました。川端の同点タイムリーで良く追いついたと云う試合になった訳ですけど、少なくとも荒木のソロは防げてましたね。まぁ、ソロを浴びなかったらサヨナラできたという訳でもないでしょうけどね。

赤川は6回3失点、よくこれで凌げたなという内容でした。

また、一軍復帰の比屋根はプロ初の猛打賞、しっかりリードオフマンの役目を果たしてくれましたね。

今日からの3連戦は、グレートセントラルということで、スコアボードも当時のロゴで表記されてます。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

追いついても

その上の逆転までは行かなかった、そんな試合でしたか。ただ、今日は初回の好機を活かせなかった事で、重い試合にさせてしまったのは事実ですかね。タイムリーなしだったのもその裏返しかもしれませんしね。松井のソロは良く打ちましたけどね。

もちろん、8回の武内、10回の福地のそれぞれの打席は、酷い内容と言わざるを得ませんけどね。

先発のロマンを早めに交代するも、中継ぎ陣が今日も無失点で抑えてくれたのは良かったです。

また、畠山の状態が心配です。わき腹を痛めたらしいのでね。

広島との3連戦は、1勝1敗1分けで3連戦前と変わらず2.5差のまま。最低でも勝ち越したかった広島に対して、そう簡単にAクラスは許さないぞという結果でしたかね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

見えない「力」の部分で

で勝った試合と云う所でしょうかね。

家に戻り、NHKの「Spo+」を見たら、宮本のジェスチャーを映してましたからね。

今日の野村は、コントロールが悪かったと云うのもあったのでしょうけど、一気に逆転できたのは良かったです。

後、今の松井は、先発が走者をためた際の火消しで無失点を続けている訳ですから、今日はそのご褒美ですね。







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

同じようなパターンで

石川はつかまってしまいますね。二桁失点はあくまで結果で、こうなったのも石川に責は多分にあります。

ミレッジのエラーはありましたが、同点に追い付かれたり、6回も先頭の堂林、1死後天谷に四球から石原に左中間オーバーの勝ち越しタイムリーを打たれ、さらにマエケンにまで鋭い三塁線頭上を越すタイムリー、6回までに4~5点を失って降板する、こんな試合がもう何試合続いているのでしょうか?

首脳陣が石川に対して信頼を寄せるのも結構ですけど、今の石川は5回まで、それ以降はおまけのつもりで行かせないと、ズルズル失点を重ねてしまう気がします。統一球になってから、石川の制球力が下がり、ある程度粘られると根負けして四球のパターンが増える、これが今年さらに顕著になっていますかね。

7月4日以来勝ちがなく、なんとか勝たせたいと首脳陣の配慮は感じますけど、個人よりチームの事を考えれば今の石川に対して、そんな余裕はないはずです。

ただ裏を返せば、石川がこんな状況だからチームも後退していると云えるので、石川自身が不振から脱しないとね。

→続きを読む

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季のナゴヤドーム公式戦終了






昨日は館山、今日は村中が連続完投完封勝利。村中はつい先月の今頃は3回2/3、11失点と云う伝説(!?)を作ったのですけど、ミニキャンプ後は3回連続の好内容。最後まで続けて欲しいですね。

これで今季のナゴヤドームでの公式戦は終了。6勝3敗1分け(+豊橋1敗、岐阜1敗)で終えてます。

今日の結果、対中日の今季の負け越しが無くなっています。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

打てなかった事には

変わりなかったのですけど…








野球は、ヒット数を競うスポーツではありませんのでね。昨日は3安打で負けましたが、今日は2安打で勝ちました。館山の完投完封がすべてでした。

チームの連敗もつば九郎の遠征連敗も止まりました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

秋風が徐々に

近づいてきてしまうのか…。

0-2

日曜日以来の先発のQSでしたけど、打線が3安打2四球と奮わず、ナゴヤドームでは2試合連続の完封負けです。チームとしても引き分けを挟み、5連敗。また、今季のつば九郎ビジター遠征試合が、5月1日以来勝ちが付かず、9連敗、どれも止められませんでした。

バレが抜けているとはいえ、ミレッジだけに頼らない日本人野手の奮起に期待したいところなんですけどね…。

こんなチーム状況ですけど、明日明後日、今季3度目のナゴヤ遠征してきます。公式戦ではこれが最後となります。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

点差以上の差

を感じた試合だったと言わざるをないです。

2-4

チーム防御率が12球団1位をまざまざと見せつけてくれちゃいましたから。

小川監督は、矢野に繋がれたのが痛かったと言ってますけど、その前の實松でしょう。打率1割台の捕手に打たれてはダメです。しかも猛打賞、一昨日の石川と言い、抑えられる可能性の高い實松に打たれては話になりません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

スクイズ失敗が

後々響く結果になるとはね。

ただ、スクイズを失敗してしまった七條も後を抑えていれば、問題なかった訳ですから、そのプレーだけで云々ということはないでしょう。個人的には、1点を勝ち越した後の七條に対しては、スクイズと云う策ではなく、1塁の中村を送るバントでミレッジに期待した方が良かったとは思ってますけどね。

上田の後逸については、ちょっと高い勉強代になってしまいましたか。もう少し打球判断を見極めて欲しかったです。無理する必要のない所でしたしね。

競り合いになったら、今の讀賣に勝つのは難しいのを改めて感じましたね。特に山口と西村はそう簡単に打てませんのでね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

痛み分け

今日から読売との3連戦、その初戦は

6-6

引き分けでした。両チームとも先発が役割を果たせず、3回裏から6回表まで毎回得点、最後は両チームの抑えが走者を許すも無失点で抑える、引き分けに相応しい試合だったと思います。

こちらからすれば、勝ち越せるチャンスはありましたけど、今日については、先発の石川が中10日の休みをもらっておきながらこの体たらく、酷過ぎです。特に1点を先制した直後の4回表、坂本に簡単に盗塁を許し、谷に同点タイムリー後に村田に無駄な四球、その後この回は抑えてますけど、この辺りが今年の不振につながっている感じがしますよね。通算1000奪三振をしてもこの内容ではとてもとても…ね。

「Ondo」のインタビュー記事で、貯金できるようにしたいと述べてましたが、先に触れた内容では貯金なんて作れるわけありません。貯金するためには、勝てるピッチングではなく、負けないピッチング(無駄な四球を防ぐ、無駄な失点をしない)の方が大事な気がします。勝ち負けについては、5回6失点でも勝ち投手になったり、9回1失点でも負け投手になったりと、自分ではコントロールできない部分もある訳ですからね。







今日は、ロンドン五輪レスリングの銅メダリスト松本隆太郎さん(群馬ヤクルト販売)が来場し、メダルも展示されてました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ミスが続けば

負ける

ということです。

ただミスの仕方が…、あまりにお粗末と言わざるを得ないですね。一応、山田の悪送球については、攻めた結果だったと思ってましたけど、コメントを見た限り、ギャンブルで投げたというのなら、あの場面を考えれば、自重する勇気も欲しかったかな。

村中は前回に続き好投、特に7回の無死満塁のピンチをよく凌ぎました。今回は勝ち負けつきませんでしたが、この内容が続くようならもっと勝ち星も増えてくるはずです。森岡もよく守りましたね。

しかし、負けてしまっては良いプレーも報われません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

投げ勝った

1-0

館山がメッセンジャーとの投げ合いを制し、連敗を止めてくれました。

浩康も上手く打てましたね。







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

マートンのおかげもあって

得点自体は7点奪えた訳ですけどね。7回の畠山が打ってれば、展開は変わったかもですけど、今日は流石に投手陣でしょう。

14四死球はお話になりません。特に試合前.160の小宮山に対して4四球って…。

この打率は、基本的にプロとしての打撃技術が足りてない事を意味していて、ストライクゾーンをキッチリ投げておけば、少なくとも4出塁を許すような打者ではないはずなんですけどね。後、一昨日追浜で投げていた平井(結果敗戦投手)を投げさせるのは良いのですけど、何故同点の5回からの登板なのか、起用法もどうかと。


いくら野手陣が戻ってきても、投手陣が安定してこない限り、打線頼みの試合は続きますね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

逆転負け

昨日は外出していて、ネットからの文字観戦だったのですけど、帰りの電車の中、2-1で再び勝ち越した所で一旦寝て、数十分後、目が覚めて再び開いたら、逆転負けしていました。

逆転された8回ですけど、ロマンの球数、中継ぎ陣の不安(コメントから、押本は当初から投げさせる予定はなかった様子)もあって、引っ張ったのでしょう。ただ結果が悪かったというだけでね。

むしろ、好機にうまく点に絡めなかった打線と初回の3塁コーチの方が問題だったのではないですかね。離脱中の宮本は「守りのチーム」と言ってますけど、チームの実態はどちらかというと、投手陣の失点を一発頼みでひっくり返す「打のチーム」な訳ですからね。

優勝争いは無視すれば、3位のチームに負け越した事は、少し痛い結果に終わりましたけど、広島とはまだ試合を残してますし、3位なら十分に届く範囲にはあります。もちろん、その上の順位も可能性がある限り、戦って欲しいです。

…しかし、昨年の盛り上がりから一転した屈辱に対し、怪我人が多く出てしまったとはいえ、何も今季に生かされてないのは寂しいものがありますね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日は追浜へ

行ってました。

結果については、古久保ブログやスワの公式ページで更新されるでしょうけど、

4-8

で敗れました。

先発の木谷は2回5失点、2番手加藤も1回3失点、先代と今の「16」番が揃ってダメな試合でした。被安打13もチームとしては、15奪三振(相手のベイ打線も大味なスイングで、くさい球をカットできない打者が多かった)をしているのですけどね。

後今日については、6点を追う7回に2点を返し、さらに1死1・3塁(その後比屋根の盗塁で1死2・3塁)。投手は代わったばかりの左腕の佐藤祥万、打者曲尾にはそのまま(結果は見逃し三振)、続く松井淳に代打宮出(結果は遊ゴロ)という所があったのですけど、これって育成をしたかったのか、それとも勝負を賭けたかったのか、真中監督の起用意図が分からなかったです。

勝負を賭けたければ、曲尾の所で宮出(曲尾は右打者とはいえ、所謂育成選手)、松井淳の所で楠城を起用するべきだったと思いますし、育成ならば、曲尾をそのまま使ったなら左打者とはいえ、松井淳もそのまま打たせるべきだったのではないでしょうか?

個人的には、まだ点差もありましたし、曲尾、松井淳はそのままの方が良かったと思います。特に松井淳は、今後一軍で復帰した際には打撃を磨きつつ、そして守りも上達させるという狙いもあったはず、そうなると佐藤のような現時点でのエレベータークラス(失礼!?)の左腕位、打たせる機会を設けないといけない気がしますし、スワの中でも数少ない「日本人で長打力が期待できる選手」、そしてこの日の4番を務めた選手にあっさり代打を送る真中監督の選手起用に疑問を抱かせましたね。

この場面で仮に宮出が3ランを打った所で、まだ1点差な訳でしたし、尚の事です。

最後に一軍については、ルーキー野村にあっさり捻られた試合だったようで…。マツダでの対野村はこれで3連敗(神宮と松山で1勝ずつで2勝3敗)です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

激動の週末でしたので

スワの事は一旦離れて(日曜日はチケット持ってましたけど、先の理由から参戦せず)ましたが、再びメインテーマであるスワローズの土日。

土曜日については、仕事だったので、ネットからの文字観戦でしたが、以前の読売にやられまくっていた頃の試合と似たものでした。石川も昨年まで東京ドームで勝ててなかったですけど、館山も6年東京ドームで勝ってなかったのですね。

日曜日については、村中が10日のミニキャンプの成果がでたおかげで、勝てましたね。降板となった寺内への無駄な四球(この部分はテレビで見てましたが)、あれは修正しないと、同じ過ちを辿ることになるので、やめてもらいたいですね。打線では福地と上田がそれぞれ複数出塁してくれたおかげと畠が機能しなかった分を4安打の川端が補い、6得点が生まれました。古久保氏のブログによると、飯原が一軍に戻ってくるみたいなので、バレが不在でも外野の層と右の代打が多少良くなりますかね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

このブログでは

全くと言ってよいほど、一度も触れてなかったを書きます。

実は私の家に、2007年8月より母親の知り合いの飼い主さんの都合で、1匹のイヌを預からせてもらっていました。そのイヌの名前は「テンテン」、パピヨンをベースとした雑種犬で、家では「テンちゃん」、「テン」と呼んでました。そのテンテンが今日の午前1時40分、心不全による呼吸困難で息を引き取りました。9才でした。イヌの平均年齢からすれば、若い旅立ちとなってしまいました。

数年前から心疾患が認められ、心臓の薬を服用しながら我が家で一緒に暮らしていたのですけど、1週間ほど前から食欲が低下し、徐々に衰弱してきていました。土曜日20時頃に容体が悪化、夜間専門の救急動物病院に連絡し、私と母親でテンテンを車で運びました。

その時点で心肺機能が停止し、危篤状態に陥りました。獣医師の懸命の救命治療が施され、23時30分頃、一旦は持ち直してくれました。その後別室で、医師からテンテンの容体の説明を受け、依然予断は許さない状態、もう一度同様の事態に陥れば、体力面から命の保証はないと伝えられました。その場合に対して、飼い主への選択の説明も受け、私らは「(そうなった場合)、テンテンを楽にさせてやりたい」と申し出、日曜日の0時過ぎ、テンテンの入院手続きと携帯番号を書いて、病院を後にしました。

家に戻ったものの、当然気持ちが張った状態で、ほとんど眠りに着く事は出来ませんでした。家に戻ってきて約1時間後の1時35分、携帯に病院から再度危篤状態になったと連絡が入り、今度は父親も車に乗せて、3人で病院に向かいました。病院に着いたのは2時過ぎでしたが、すでに臨終しましたと言われました。いったん持ち直してくれた際に酸素室から私らを目で見つめてくれたのが、生前最後の姿となってしまいました。母親が言うには、我が家に来た時の表情にそっくりだったと。

テンテンの亡き骸は家に持ち帰り、ペット専門の火葬業者に朝連絡、午前中にかかりつけの動物病院とトリマーさんの所に挨拶、午後1時過ぎ、火葬業者さんへ運び、荼毘に付されました。遺骨は今回は持ち帰り、今後どうするかは決めていきます。

さて、テンテンと私の主従関係ですけど、私を下に見ていたようで、元気な時は常に吠えまくられ(朝食後に家を出る際と自転車に乗っている私の姿を見ると特に)、私には最後まで懐いてくれませんでした。それもそのはず、テンテンが最初に家に来た際、私は不在で、後から私が帰って来たので、テンテンからすれば、私を後から来た他所者と判断したのでしょう。私も別にそれほどテンテンを構ってなかった(家に居る際に朝の散歩等に連れて行く位)ので、彼からすれば本当に他所のおっさんだったんでしょう。でも、それがまた心地よい部分ではあったので、いざ居なくなってしまうと、ポッカリした寂しいものを感じます。

ありがとう、テンテン。テンの事は忘れません。

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

チームも負け、私自身も

負けてしまいました。具体的な言及は避けますけど、自己嫌悪に陥ってます。大人の対応が出来なかったというか…



テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

浪漫様々

「あんたは、エライ!」
↑これギャグなんですけど、30代以上の人じゃないと、分からないか?

ビートたけしのギャグを披露したので、私も昔のギャグで応えてみました。




3試合連続完投、2試合連続完封。どこの大エースでしょう。

営業的な話で言ってしまうと、この日はビールデーでしたが、2時間30分で終わってしまい、やや不発?に終わってしまいましたかね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

後半戦開始から初めての

継投

での勝利となりました。オールスター明けから勝った試合はすべて完投でしたからね。

今季2度目の先発七條は、7回1/3を被安打3と安定した内容で今季初勝利。ヒーローインタビューでも言ってましたけど、低めに丁寧に投げていたのが好投した要因でしょうね。

打線については、5回に川端の勝ち越しソロ、7回には畠山の犠飛で貴重な追加点。なお中村紀には相変わらず(!?)、打たれましたが、今日は逃げ切りました。







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

追加日程

9月28日(金) 対阪神(神宮・18:00)
9月29日(土) 対中日(神宮・18:00)
9月30日(日) 対読売(神宮・18:00)

10月2日(火) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
10月3日(水) 対横浜DeNA(横浜・18:00)

10月4日(木) 対広島(マツダ・18:00)

10月5日(金) 対阪神(甲子園・18:00)

10月6日(土) 対広島(神宮・18:00)
10月7日(日) 対広島(神宮・18:00)


いつもより2週間程度早く出ましたね。

現時点での神宮最終戦は、10月7日の広島戦となってます。

また、10月3日のハマスタは現時点での当球場最終戦となっているので、例年通りなら外野自由は無料で開放されると思われます。ただし親会社が変わり、球場内の収益構造の変化もあるので、無料開放が継続されるかどうかは未定です。

中止となっていたマツダと甲子園はいずれも平日、どうやら縁はなさそうです。

今日の試合については、…暦の上での立秋を感じたと云うべき内容でしたかね。このままでは「熱い秋」は訪れません。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2週続けて

館山と山内の投げ合いでしたが、

2-4

初回の畠山の2ランのみ、前回同様山内を打ち崩せませんでした。

館山は大島に4-4、最終回にも安打が出てますので、5-5で4点のホームをすべて踏む、まさかにリードオフマンに相応しい働きをされてしまいました。

館山のコメント、3回の好機でそれが打てなかった某選手に対しての皮肉なのでしょうか?もちろん、そのつもりで言った訳ではないのでしょうけど。ただ、何か自分自身の投球に満足出来てない日が多い中での焦りというのか、苛立ちのようなコメントに感じます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

投手陣は総力戦…も

4-8

プロ初先発となった八木、初回は相手の走塁ミスで助かり、2回は井端にプロの洗礼を浴びせられ1失点、3回は無安打に抑えるも4回に四球で自滅し、3回0/3で3失点という内容でした。球審のストライクゾーンがやや狭かったように思えましたけど、正直、現段階ではこんなものでしょう。

ヤギ降板後2試合連続完投もあって、投手陣は総力戦に持ち込めたのですけど、中継ぎ陣、特に左腕投手が期待に応えられず、次々に失点を重ね、点に取るもすぐに突き放される後手後手の展開となってしまいました。

今日のようにもつれた展開となると現投手陣では、踏ん張り切れず少し苦しい部分があるのか、連勝を伸ばしにくい状況になってますね。

打線については、森岡と福地が活躍できていて、点が取れない状況にはなってないのは救いです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

先週の金曜日と

9-2

先週の金曜日も同じスコアで勝ったのですけど、対戦相手は今日と同じ中日と云うのは何か「縁」なんでしょうかね。

神宮では7月11日以来、約3週間ぶりの勝利となりました。

赤川が完投、チームとしては2試合連続完投と中継ぎを休ませる結果は有難かったでしょう。今日の予告先発は、プロ初先発初登板となる八木亮祐、好投してくれれば、今日は投手陣ついては総力戦となる可能性が高いでしょうしね。

これで08年入団のドラフトでの高卒左腕投手3人全員(1位赤川、2位日高、八木は4位)が一軍経験者となり、さらに捕手の中村(3位)と社会人からの新田(5位)含め、全員が一軍経験者。一軍に上がることなく終わってしまう選手も多い中で、この快挙はスカウト陣も嬉しいと思いますね。







テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

初完投の次は

一昨日からの阪神戦、石川、村中で連敗したスワローズでしたが、今日は一矢報いました。ロマンが前回登板では来日初完投、そして今回は

来日初完封

3塁を踏ませない投球と素晴らしい内容でした。四球もブラゼルの1つだけ、今季一番だったのではないでしょうか?

昨年は日本より暑い台湾でプレーしていましたし、梅雨時は苦手でも本来の暑い時期は得意なのかもしれませんね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。