スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イースタン試合日程発表

春季教育リーグ
3月*2日(土) 対埼玉西武(戸田・12:30)
3月*3日(日) 対埼玉西武(戸田・12:30)
3月*5日(火) 対読売(ジャイアンツ・12:30)
3月*6日(水) 対東北楽天(市営浦和・12:30)
3月*7日(木) 対東北楽天(市営浦和・12:30)
3月10日(日) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・12:30)
3月12日(火) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・12:30)
3月13日(水) 対横浜DeNA(戸田・12:30)
3月14日(木) 対埼玉西武(西武第二・12:30)


公式戦・チャレンジマッチ
3月16日(土) 対読売(ジャイアンツ・13:00)
3月17日(日) 対読売(ジャイアンツ・13:00)

3月19日(火) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
3月20日(水) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
3月21日(木) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)

3月22日(金) 対東北楽天(戸田・13:00)
3月23日(土) 対東北楽天(戸田・13:00)
3月24日(日) 対東北楽天(戸田・13:00)

3月26日(火) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)
3月27日(水) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)
3月28日(木) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)

3月29日(金) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)
3月30日(土) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)
3月31日(日) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)

4月*2日(火) 対埼玉西武(戸田・13:00)
4月*3日(水) 対埼玉西武(戸田・13:00)
4月*4日(木) 対埼玉西武(戸田・13:00)

4月*6日(土) 対横浜DeNA(横須賀・13:00)
4月*7日(日) 対横浜DeNA(平塚・13:00)

4月10日(水) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

4月12日(金) 対読売(戸田・13:00)
4月13日(土) 対読売(戸田・13:00)
4月14日(日) 対読売(戸田・13:00)

4月16日(火) 対東北楽天(利府・13:00)
4月17日(水) 対東北楽天(利府・13:00)

4月20日(土) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)
4月21日(日) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)

4月23日(火) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
4月24日(水) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
4月25日(木) 対横浜DeNA(戸田・13:00)

4月28日(日) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

5月*1日(水) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
5月*2日(木) 対埼玉西武(西武第二・13:00)

5月*4日(祝) 対東北楽天(戸田・13:00)
5月*5日(祝) 対東北楽天(戸田・13:00)

5月*6日(休) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)
5月*7日(火) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)
5月*8日(水) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)

5月10日(金) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
5月11日(土) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
5月12日(日) 対横浜DeNA(戸田・13:00)

5月15日(水) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

5月17日(金) 対読売(ジャイアンツ・16:00)
5月18日(土) 対読売(ジャイアンツ・16:00)
5月19日(日) 対読売(ジャイアンツ・16:00)

5月21日(火) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
5月22日(水) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
5月23日(木) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)

5月24日(金) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
5月25日(土) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
5月26日(日) 対埼玉西武(上尾・13:00)

5月28日(火) 対東北楽天(利府・13:00)
5月29日(水) 対東北楽天(利府・13:00)
5月30日(木) 対東北楽天(利府・13:00)

6月*1日(土) 対読売(戸田・13:00)
6月*2日(日) 対読売(戸田・13:00)

6月*4日(火) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)
6月*5日(水) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)

6月*7日(金) 対横浜DeNA(横須賀・18:00予備日)
6月*8日(土) 対横浜DeNA(横須賀・14:00)
6月*9日(日) 対横浜DeNA(海老名・13:00)

6月11日(火) 対埼玉西武(戸田・13:00)
6月12日(水) 対埼玉西武(戸田・13:00)
6月13日(木) 対埼玉西武(戸田・13:00)

6月14日(金) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00予備日)
6月15日(土) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)
6月16日(日) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)

6月19日(水) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

6月21日(金) 対読売(戸田・13:00)
6月22日(土) 対読売(戸田・13:00)
6月23日(日) 対読売(戸田・13:00)

6月25日(火) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)
6月26日(水) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00)

6月28日(金) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
6月29日(土) 対横浜DeNA(戸田・13:00)
6月30日(日) 対横浜DeNA(戸田・13:00)

7月*2日(火) 対東北楽天(利府・13:00)
7月*3日(水) 対東北楽天(利府・13:00)
7月*4日(木) 対東北楽天(利府・13:00予備日)

7月*6日(土) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
7月*7日(日) 対埼玉西武(西武第二・13:00)

7月*9日(火) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)
7月10日(水) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)
7月11日(木) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)

7月13日(土) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

7月15日(祝) 対埼玉西武(戸田・13:00)
7月16日(火) 対埼玉西武(戸田・13:00)
7月17日(水) 対埼玉西武(戸田・13:00予備日)

7月18日(木) フレッシュオールスター(秋田)

7月23日(火) 対横浜DeNA(横須賀・18:00)
7月24日(水) 対横浜DeNA(横須賀・18:00)
7月25日(木) 対横浜DeNA(平塚・18:00)

7月27日(土) 対北海道日本ハム(士別・13:00)
7月28日(日) 対北海道日本ハム(滝川・13:00)

7月30日(火) 対東北楽天(戸田・13:00)
7月31日(水) 対東北楽天(戸田・13:00)
8月*1日(木) 対東北楽天(戸田・13:00)

8月*2日(金) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
8月*3日(土) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)
8月*4日(日) 対北海道日本ハム(戸田・13:00)

8月*6日(火) 対読売(ジャイアンツ・16:00)
8月*7日(水) 対読売(ジャイアンツ・16:00)
8月*8日(木) 対読売(ジャイアンツ・16:00)

8月10日(土) 対フューチャーズ(戸田・13:00)

8月13日(火) 対横浜DeNA(戸田・13:00予備日)
8月14日(水) 対横浜DeNA(戸田・13:00予備日)
8月15日(木) 対横浜DeNA(戸田・13:00予備日)

8月16日(金) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00予備日)
8月17日(土) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)
8月18日(日) 対北海道日本ハム(鎌ヶ谷・13:00)

8月20日(火) 対東北楽天(天童・13:00)
8月21日(水) 対東北楽天(天童・13:00)
8月22日(木) 対東北楽天(天童・13:00予備日)

8月24日(土) 対埼玉西武(戸田・13:00)
8月25日(日) 対埼玉西武(戸田・13:00予備日)

8月27日(火) 対読売(戸田・13:00)
8月28日(水) 対読売(戸田・13:00予備日)
8月29日(木) 対読売(戸田・13:00予備日)

8月30日(金) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00予備日)
9月*1日(土) 対千葉ロッテ(ロッテ浦和・13:00予備日)

9月*7日(土) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)
9月*8日(日) 対千葉ロッテ(戸田・13:00)

9月10日(火) 対横浜DeNA(平塚・18:00)
9月11日(水) 対横浜DeNA(横須賀・18:00)
9月12日(木) 対横浜DeNA(横須賀・18:00予備日)

9月14日(土) 対読売(ジャイアンツ・16:00)
9月15日(日) 対読売(ジャイアンツ・16:00予備日)

9月20日(金) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
9月21日(土) 対埼玉西武(西武第二・13:00)
9月22日(日) 対埼玉西武(西武第二・13:00予備日)

9月24日(火) 対東北楽天(戸田・13:00)
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

試合開始時間発表

3月29日(金) 対阪神(神宮・18:00)
3月30日(土) 対阪神(神宮・14:00)
3月31日(日) 対阪神(神宮・13:00)


4月*2日(火) 対広島(マツダ・18:00)
4月*3日(水) 対広島(マツダ・18:00)
4月*4日(木) 対広島(マツダ・18:00)


4月*5日(金) 対横浜DeNA(神宮・18:00)
4月*6日(土) 対横浜DeNA(神宮・14:00)
4月*7日(日) 対横浜DeNA(神宮・13:00)


4月*9日(火) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
4月10日(水) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
4月11日(木) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)

4月12日(金) 対読売(東京ドーム・18:00)
4月13日(土) 対読売(東京ドーム・14:00)
4月14日(日) 対読売(東京ドーム・14:00)


4月16日(火) 対中日(神宮・18:00)
4月17日(水) 対中日(神宮・18:00)
4月18日(木) 対中日(神宮・18:00)


4月19日(金) 対阪神(甲子園・18:00)
4月20日(土) 対阪神(甲子園・14:00)
4月21日(日) 対阪神(甲子園・14:00)

4月23日(火) 対広島(神宮・18:00)
4月24日(水) 対広島(神宮・18:00)
4月25日(木) 対広島(神宮・18:00)


4月26日(金) 対読売(神宮・18:15)
4月27日(土) 対読売(神宮・18:15)
4月28日(日) 対読売(神宮・18:15)


4月29日(祝) 対横浜DeNA(横浜・14:00)
4月30日(火) 対横浜DeNA(横浜・14:00)
5月*1日(水) 対横浜DeNA(横浜・14:00)

5月*3日(祝) 対阪神(甲子園・14:00)
5月*4日(祝) 対阪神(甲子園・14:00)
5月*5日(祝) 対阪神(甲子園・14:00)

5月*6日(休) 対中日(神宮・18:00)
5月*7日(火) 対中日(神宮・18:00)
5月*8日(水) 対中日(神宮・18:00)


5月10日(金) 対阪神(松山・18:00)
5月11日(土) 対阪神(松山・18:00)
5月12日(日) 対阪神(松山・14:00)


5月14日(火) 対埼玉西武(神宮・18:00)
5月15日(水) 対埼玉西武(神宮・18:00)

5月16日(木) 対埼玉西武(神宮・18:00予備日)

5月17日(金) 対千葉ロッテ(神宮・18:00)
5月18日(土) 対千葉ロッテ(神宮・18:00)


5月19日(日) 対東北楽天(Kスタ宮城・18:00)
5月20日(月) 対東北楽天(Kスタ宮城・18:00)

5月21日(火) 対東北楽天(Kスタ宮城・18:00予備日)

5月22日(水) 対北海道日本ハム(札幌ドーム・18:00)
5月23日(木) 対北海道日本ハム(札幌ドーム・18:00)


5月25日(土) 対福岡ソフトバンク(神宮・18:00)
5月26日(日) 対福岡ソフトバンク(神宮・18:00)

5月27日(月) 対福岡ソフトバンク(神宮・18:00予備日)

5月28日(火) 対オリックス(神宮・18:00)
5月29日(水) 対オリックス(神宮・18:00)

5月30日(木) 対オリックス(神宮・18:00予備日)

5月31日(金) 対埼玉西武(西武ドーム・18:00)
6月*1日(土) 対埼玉西武(西武ドーム・14:00)


6月*2日(日) 対千葉ロッテ(QVCマリン・13:00)
6月*3日(月) 対千葉ロッテ(QVCマリン・18:15)

6月*4日(火) 対千葉ロッテ(QVCマリン・18:15予備日)

6月*5日(水) 対東北楽天(神宮・18:00)
6月*6日(木) 対東北楽天(神宮・18:00)

6月*7日(金) 対東北楽天(神宮・18:00予備日)

6月*8日(土) 対北海道日本ハム(神宮・15:00)
6月*9日(日) 対北海道日本ハム(神宮・15:00)

6月10日(月) 対北海道日本ハム(神宮・18:00予備日)

6月12日(水) 対福岡ソフトバンク(ヤフオクドーム・18:00)
6月13日(木) 対福岡ソフトバンク(ヤフオクドーム・18:00)


6月15日(土) 対オリックス(京セラドーム・14:00)
6月16日(日) 対オリックス(京セラドーム・13:00)


6月17日(月) 共通予備日
6月18日(火) 共通予備日
6月19日(水) 共通予備日
6月20日(木) 共通予備日

6月21日(金) 対広島(マツダ・18:00)
6月22日(土) 対広島(マツダ・14:00)
6月23日(日) 対広島(マツダ・13:30)

6月25日(火) 対横浜DeNA(神宮・18:00)
6月26日(水) 対横浜DeNA(神宮・18:00)
6月27日(木) 対横浜DeNA(神宮・18:00)


6月29日(土) 対読売(静岡・18:00)
6月30日(日) 対読売(静岡・14:00)


7月*2日(火) 対横浜DeNA(平塚・18:00)
7月*3日(水) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
7月*4日(木) 対横浜DeNA(横浜・18:00)

7月*5日(金) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
7月*6日(土) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)
7月*7日(日) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)

7月*9日(火) 対読売(荘銀・日新やまがた・18:00)
7月10日(水) 対読売(福島・18:00)

7月12日(金) 対広島(神宮・18:00)
7月13日(土) 対広島(神宮・18:00)
7月14日(日) 対広島(神宮・18:00)


7月15日(祝) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
7月16日(火) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
7月17日(水) 対横浜DeNA(横浜・18:00)


7月19日(金) マツダオールスターゲーム(札幌ドーム)
7月20日(土) マツダオールスターゲーム(神宮)
7月22日(月) マツダオールスターゲーム(いわき)


7月24日(水) 対阪神(神宮・18:00)
7月25日(木) 対阪神(神宮・18:00)


7月26日(金) 対広島(マツダ・18:00)
7月27日(土) 対広島(マツダ・18:00)
7月28日(日) 対広島(マツダ・18:00)

7月30日(火) 対読売(東京ドーム・18:30)
7月31日(水) 対読売(東京ドーム・18:30)
8月*1日(木) 対読売(東京ドーム・18:30)

8月*2日(金) 対広島(神宮・18:00)
8月*3日(土) 対広島(神宮・18:00)
8月*4日(日) 対広島(神宮・18:00)


8月*6日(火) 対中日(浜松・18:00)
8月*7日(水) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
8月*8日(木) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)

8月10日(土) 対横浜DeNA(秋田・17:00)
8月11日(日) 対横浜DeNA(秋田・17:00)


8月13日(火) 対中日(神宮・18:00)
8月14日(水) 対中日(神宮・18:00)
8月15日(木) 対中日(神宮・18:00)


8月16日(金) 対阪神(京セラドーム・18:00)
8月17日(土) 対阪神(京セラドーム・18:00)
8月18日(日) 対阪神(京セラドーム・18:00)

8月20日(火) 対読売(長野・18:00)
8月21日(水) 対読売(神宮・18:00)
8月22日(木) 対読売(神宮・18:00)


8月23日(金) 対広島(マツダ・18:00)
8月24日(土) 対広島(マツダ・18:00)
8月25日(日) 対広島(マツダ・18:00)

8月27日(火) 対中日(神宮・18:00)
8月28日(水) 対中日(神宮・18:00)
8月29日(木) 対中日(神宮・18:00)


8月30日(金) 対横浜DeNA(神宮・18:00)
8月31日(土) 対横浜DeNA(神宮・18:00)
9月*1日(日) 対横浜DeNA(神宮・17:00)


9月*3日(火) 対読売(富山・18:00)
9月*4日(水) 対読売(福井・18:00)

9月*6日(金) 対中日(ナゴヤドーム・18:00)
9月*7日(土) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)
9月*8日(日) 対中日(ナゴヤドーム・14:00)

9月10日(火) 対広島(神宮・18:00)
9月11日(水) 対広島(神宮・18:00)
9月12日(木) 対広島(神宮・18:00)


9月13日(金) 対阪神(神宮・18:00)
9月14日(土) 対阪神(神宮・18:00)
9月15日(日) 対阪神(神宮・18:00)


9月17日(火) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
9月18日(水) 対横浜DeNA(横浜・18:00)
9月19日(木) 対横浜DeNA(横浜・18:00)

9月21日(土) 対阪神(甲子園・14:00)
9月22日(日) 対阪神(甲子園・14:00)
9月23日(祝) 対阪神(甲子園・14:00)

9月24日(火) 対読売(神宮・18:00)
9月25日(水) 対読売(神宮・18:00)
9月26日(木) 対読売(神宮・18:00)


※読売戦1試合、阪神戦1試合、横浜DeNA戦1試合と讀賣主催2試合の計5試合未発表。

注目事項は今季最初のハマスタ、4月30日と5月1日の平日ながらのデーゲーム、一つ前のカードとなる読売戦が18時15分開始、7月30日~8月1日の18時半開始、9月1日の17時開始ですかね。神宮のデーゲームは6試合です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

つばさんぽが

「ヤクルト、つば九郎、卵焼き」 国技館で意気込み

 プロ野球ヤクルトのマスコット「つば九郎」が20日、東京・両国国技館を訪れ、日本相撲協会のマスコット「ひよの山」、陸奥親方(元大関霧島)とともにファンサービスに努めた。

 先着100人と写真に納まり、土俵入りの形を見せたり、陸奥親方に戦いを挑んだりと喜ばせた。目指すのは国民的スターという。

 前日に昭和の名横綱、大鵬が亡くなったばかり。今後の意気込みを聞かれると「やくると、つばくろう、たまごやき」と画用紙にペンで書き込んだ。
(朝日新聞)



とうとう、つば九郎が一般紙の記事で紹介される日が来るとは、ね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日も戸田

昨日は新人選手がお休みだったので、出直しとばかりに今日も行ってました。昨日と違って、風が吹いていて、体感温度は寒かったのですけど、見学者も50人以上は居ましたか。




サブグランド。昨日よりは雪が解けてますが、まだまだです。




新人選手らのティー打撃。様子を見た限り、ドラ1の石山は打撃は少し苦手そうな感じでした。もっとも、大学以降バットを持つ機会がほとんどなかったでしょうから、仕方ない部分ではあります。一方で、ドラ7の大場は投手ながら、打撃スイングは悪くなかったように見えました。




練習後、新人選手達はファンにサインと写真攻めにあってまして、私もその一人。こちらはたにうちではなく、やち(谷内)の画像です。

新人選手以外では、浩康、村中、藤本、赤川、野口、三輪、由規、佐藤貴他と結構いましたね。珍しく、戸田に浩康が居たのは驚きました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

戸田に行ったものの

ルーキーはこの日は姿を見せず、でした。それを知ってか知らずか、見学者も10人いませんでしたね。

なおルーキー以外では、山田、新田、日高らが居て、スコアラーの志田(一部スポーツ紙の情報で藤浪の担当スコアラーをする予定。ただ、個人的に外様選手の入替え補強を進めた阪神を分析する必要はあっても藤浪にはそこまでマークする必要はない気も)がノッカーしてました。




14日に降り積もった雪、この日の戸田のサブグランドにかなり残ってました。水も相当浮かんでいる為、当面使えなさそうです。

メイングランドの方は、内野は人工芝の為、雪カキは済んでましたけど、外野の天然芝の部分は、全く行ってません。




バックネット裏のスタンド、可動式の屋根を設置する為の工事を行ってます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

久しぶりのドカ雪

うちの近所から撮影したものですけど、ここまで積もる雪が降ったのは久しぶりです。

夕方から雨に変わりましたが、雪は残るでしょうし、明日の朝、気を付けて歩かないといけませんね。





テーマ : 雪のある風景
ジャンル : 写真

新人合同自主トレ

昨日から始まったようですね。私自身は今週末ではなく、来週末に行ってくる予定にしています。さて、小川監督は今の所、ドラ2の小川に注目をしているようです。



 僕を「ライアン」と呼んでください! 埼玉・戸田市内で9日、ヤクルトの新人合同自主トレがスタートした。ドラフト2位小川泰弘投手(22=創価大)は、小川淳司監督(55)と同姓。ファンも選手も「小川!」と呼び捨てにするのは抵抗が…。同監督が「呼びづらいね。どうやって呼ぼうかな」と苦笑いしたと聞くと、間髪入れず「ライアンさんに失礼でなければ、呼んでいただければうれしいです」と声を弾ませた。

 由来は大リーグの奪三振王ノーラン・ライアン。小川は171センチと小柄だが、大学3年夏に著書に感銘を受けた。「自分も体を大きく使い、球の出どころを見えにくくしたい」と手本にし、豪快なフォームを手にした。キャッチボールを見た小川監督は「投げ方は本人が言ってたイメージ。(投球を)見てみたい」と期待感を口にした。

 ジャイアン、さかなクン、バカボンなど、キャラ豊富なヤクルトに、新たに登場したライアン。希代の名投手の呼び名希望は、小川監督を「ライアン、とは呼べないよね…。一応覚えておきます」とまたもや苦笑させた。だが本人は至って真剣だ。「1日でも早く1軍で貢献することが最初の目標。優勝して新人王を取りたい。しっかり鍛えていきたい」と結んだ。定着には何が必要か。小川は分かっている。
(日刊スポーツ)



由規の2軍スタート。これについては、予想通りでした。昨年末で遠投50メートル程度では、1軍云々をいえるレベルではないですからね。

蛇足。DeNAが陸上部に参戦、ということはプロ野球に続いて、陸上(駅伝)でも競合することになりました。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

土日

18きっぷをメインに使って、貧乏旅行してました。




土曜日は、今年の大河ドラマ「八重の桜」の舞台の一つ、会津若松(磐越西線乗車)。




日曜日は、小海線に乗ってました。

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

第66回ライスボウル

昨年と同じ対戦となった「オービック対関西学院大」の一戦。

21-15でオービックがライスボウル3連覇を達成した訳ですけど、関学のスペシャルプレーに翻弄され、昨年以上に苦戦しました。ただ、ゴール寸前で2度もファンブルでターンオーバーを許すなど、オービックの拙攻があったからというのもありました。

関学については、逆転した直後のオービックのシリーズをインターセプトし、勝利をつかみかけたのですけど、そこでのシリーズで中途半端な攻めをしてしまった為の隙を生んでしまい、再逆転を許す羽目になりました。







ちなみに関学のRB望月は、卒業後オービックに入るとの事。ベテラン古谷やルーキー原らと共に切磋琢磨していく事でしょう。

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

あけましておめでとうございます

東京ヤクルトスワローズのファンの皆さま、あけましておめでとうございます。

昨年中は、我がスワローズにたくさんのご声援を賜り、ありがとうございました。

2012年は、昨年の悔しさをバネとして、「今年こそ優勝」の強い決意を以て臨みました。戦力的には整った陣容で、夢を描いておりましたが、皆様ご存じの通りペナントレースの初め頃から、主力選手に加え、控えの選手にもケガが相次ぎ、十分な戦力が整わないまま、シーズンを終えることとなりました。
しかし、そのようなチーム状況にも関わらず、セントラル・リーグAクラス、3位を確保してくれました。
これは、正に、小川監督を中心に、東京ヤクルトスワローズのチームスローガンであります「心をひとつに」の大きな、大きな結果であったと思っております。様々なチーム状況の中でも、絶えず応援を頂いたファンの皆さまには、重ねて心より感謝申し上げます。

改めて昨シーズンを振り返りますと、いろいろな個人記録が達成されたシーズンでもありました。具体的に申し上げますと、宮本選手の三塁手連続守備機会無失策215でセ・リーグ記録更新(4月)、プロ野球40人目、球団史上4人目の2000本安打達成(5月)、2000試合出場(6月)、400犠打達成(9月)、福地選手の1000試合出場(9月)、250盗塁達成(10月)、石川投手の1000奪三振達成(8月)、田中浩康選手の250犠打達成(6月)が挙げられます。
中でも、宮本選手の2000本安打達成時には、小雨まじりの明治神宮野球場で多くのファンの方々に祝福して頂き、私自身心に込み上げるものがありました。これらの記録が多く達成できたことは、チームにとっても大切な財産です。このような財産をたくさん積み上げながら、2013年ペナントレースも小川監督を中心に戦い抜いて「優勝」を目指します。

そして、ドラフトでは1位の石山投手(ヤマハ)をはじめ7選手を指名し、おかげさまで全員入団してくれました。今回スカウトのみなさんにお願いしたのは、今年優勝するために即戦力の選手を獲ってほしいということでした。彼らが春のキャンプを経て、開幕と同時に一軍で活躍をし、大きな戦力になってくれることを強く願っています。

一方、フロント部門ですが、多くの選手がケガをして戦線から離脱していきました。今年は件数がより少なくなるようにチーム組織としてヤクルト球団のトレーナー部門の改革を実行しています。これで一人でもケガ人が少なくなるようにしたいところです。
施設面としましては、昨年来より進めてまいりました戸田球場の改良工事が終了します。今年2月中にはすべてのフェンスが取り替えられ、加えてレフト側には15mのポールネットが立ち上げられ、より選手にとって安全で使いやすい球場に生まれ変わります。観客席には可動式の天井が完成予定で、男女別の最新式トイレ、ビジター用の更衣室の新設など環境と整備しています。ぜひ、イースタン・リーグの公式戦にも足をお運びください。また、同時進行として来年の春先に戸田寮の隣りに機能性を持った新しい室内練習場が立ち上がる予定で、すでにその作業にも着手しております。

また、ファンクラブを新たに『Swallows CREW(スワローズクルー)』と名称も改め、「ポイント制の導入」や「チケットの割引販売、先行販売」等、内容の充実を図るべく大幅にリニューアルし、ファンの皆さまによりご満足頂けるようにしました。ぜひ多くの方々に入会していただき、球場での応援にご活用ください。そして、忘れてはいけないのは、球団マスコットのつば九郎です。昨年末のFA宣言も「残留」という結果で一安心しています。今シーズンも『つばさんぽ』をはじめ広い分野で八面六臂の活躍をしてくれるものと期待しています。

最後に、今年こそ、セントラル・リーグ1位を目指して頑張ってまいります。毎度のお願いになりますが、ファンの皆さまにはぜひ明治神宮野球場へご来場いただき、熱いご声援をよろしくお願い申し上げます。

2013年 元旦
株式会社ヤクルト球団 代表取締役社長兼オーナー代行 衣笠 剛
(公式ホームページより)



本年もよろしくお願いいたします。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。