スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプ打ち上げ

キャンプ最終日はあいにくの雨だったようですけど、日程はすべて消化しました。

小川監督のコメントにもある通り、川端と飯原が離脱してしまいましたが、あとは故障もなく、終えられたようです。

キャンプの成果を出して、ぜひとも
リーグ優勝

そして

日本一

を目指してほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

わたらせ渓谷鐵道

2月17日、旧国鉄足尾線ことわたらせ渓谷鐵道に乗ってきました。これで、関東を走っている鉄道、全乗車と相成りました。

画像は、上1枚は間藤駅。下3枚は足尾銅山観光です。足尾銅山については、日曜日の14時過ぎに来たのですけど、客は私含め数人でした。冬場はこんなものなんでしょうか?









テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

オープン戦とオーストラリア戦

今日からオープン戦が開幕、初戦は東北楽天と

4-3

で勝ちました。

館山が順調な仕上がりを見せましたね。一方で赤川がやや不安が残る出来だったかと。

それから、壮行試合のオーストラリア戦、日本代表に唯一選出されている相川が、

逆転3ラン

基本的に控え捕手でそれほど出番がないと思っているだけに、本番ではないにせよ、活躍が見られたのは良かったです。

古田の「(オーストラリア)のこの投手は、打てる」と予言し、見事に当たりました(外れていたら、フラグと呼ばれたでしょう)。実況の清水アナ、「Qさま」とか「怪しい噂の図書館」などにも出ているだけに、野球の実況(本業はこちらなのだが)もしているんだと思った方も多かったのでは?

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

喜多方

過日のブログで、会津鉄道に乗ったことを記事にしてますけど、JR系の「ウィークエンドパス(同鉄道は乗車可能)」ではなく、東武系の「ゆったり会津東武フリーパス」で向かいました。したがって、東武→野岩鉄道(ウィークエンドパスでは両社乗車不可)経由で会津に行ったことになります。

下記5枚は、喜多方を訪れたもので、

上2枚は、坂内食堂(こちらでもチェーン展開している坂内の本家)

下3枚は、ほまれ酒造(唐橋ユミの実家)

です。










テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

今季のGSDB企画

4月26日(金)~28日(日) 対 読売ジャイアンツ戦においてセントラル・リーグ首都圏3球団合同企画“GSDB”で予定しておりましたイベントは諸般の事情により「応援傘付きチケット」の販売も含め中止とさせて頂きます。

セントラル・リーグ首都圏3球団合同企画“GSDB”につきましては、日程・内容を変更して実施予定ですので、詳細が決まりましたら別途告知致します。
(公式ページより)



この企画そのものを否定はしませんけど、この件については、営業側がコラボするポイントを誤り、既存ファンの反感(ツイッターやブログ)を買ってしまい、中止にせざるを得なかったというところですかね。

「傘」は、ツバメ軍団の団長だった故岡田氏が「ファンの数が少なくても、傘というアイテムで人が多くいるように見せたかった」アイデアから来ているものですからね。まぁ球団側にも、岡田氏の事を知らない人も多くなっているでしょうから(亡くなって10年経ちますし)、それについて、改めて岡田氏の事を勉強してとは言いませんけど、声を出した一部のファンの心理を誤ってしまった感は否めませんかね。

もっとも読売ファンが「傘」が欲しいから、このチケットを買いたかったという人、ほとんどいないと思うんですよね。うちのファンが東京ドームの試合で、オレンジのタオルをスワ色用のタオルを出したら、買うかというのと同じことで。

新しくスワローズファンになった方で、いわゆる「アンチ巨人」ってどのくらい、居るんでしょうかね。私も普段一般的な呼称「巨人」ではなく、「読売」(球団では北海道日本ハムのHPだけが表記している)と書いている時点で、アンチではない人にとっては、その辺りが「考え方の古いファン」という事になるんでしょうね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ある画家



ツバメ愛全試合描く

一歩届かぬ優勝 人生重ね

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの全試合を描き続ける画家がいる。東京都瑞穂町のながさわたかひろさん(40)だ。チームに自らの人生を重ねた一方的な偏愛だったが、ついに小川淳司監督から「一緒に優勝を目指しましょう」と激励された。

神宮球場に、ながさわさんはヤクルトのユニフォーム姿で現れた。「途中出場 6番森岡 スクイズ」「村中 今季初 2安打完封」「バレンティン ソロHR!! バックスクリーン左 二試合連続」…。広げた紙には、昨シーズンの名場面がびっしり。

ペンと色鉛筆で、B3判の紙に三連戦を収める。「単なる応援ではなく、記録作品」なので、相手選手も登場する。

時間の許す限り神宮球場に行く。行けないときや遠征の試合はBS、CSテレビの生中継を見る。ペナントレース百四十四試合、クライマックスシリーズ全試合を描く。外せぬ用事で数試合はニュース映像で済ますが、その場合は線だけで着色しない。「一緒に戦っていない」からだ。

試合中はプレーにだけ集中する。興奮から冷めた翌日、最低六時間かけ描く。生活資金は、開幕前にアルバイトしてためておく。

以前は楽天イーグルスを描いていた。「負けてばかりの寄せ集め集団」に自分を重ねた。山形県で生まれ育ち、東京芸大を目指し三浪した末に武蔵野美術大に入る。「油彩画から逃げ版画に転向」したが、絵だけでは食べてられず美術講師をした。弱くても懸命な楽天は「自分の負け犬根性に希望を与えてくれた」。

金銭成就で騒動の末、明大から入団した一場靖弘投手に肩入れした。新人ながら先発ローテの一角を占めたものの泥沼の七連敗。「弱い楽天の象徴でいろんなものを背負って投げる姿」に声援を送った。

〇九年に一場投手はヤクルトにトレード。敬愛する野村勝也監督も退任したことで、断腸の思いで「ヤクルト」に「移籍」した。地味ながら選手を大切にするチームカラーを知ると、熱烈なファンになった。

ヤクルトは健闘しても優勝に一歩届かない。「自分が変わらねばチームも変わらない」。銅版画、シルクスクリーン、ペン画とシーズンごとに画風を変えた。

一場投手は昨シーズン後、戦力外通告を受けチームを去った。ながさわさんもいったん引退を考えたが、年明け、イラストを見たマスコミ関係者の紹介でヤクルトOB会に招かれた。そこに小川監督がいた。「一緒に優勝を目指しましょう」。直接声を掛けてもらったことに感激し、再びともに闘う決意をした。

ヤクルトのキャンプ地・沖縄県浦添市の商店街から作品制作を依頼された。練習の様子を描き現地で展示する予定だ。「初めての春季キャンプ訪問。気合が入る」。いまは一場投手の将来だけが気掛かりだ。
(1月24日付東京新聞)



この方、ヤクルト浦添協力会のブログでも紹介されてます。

>外せぬ用事で数試合はニュース映像で済ますが、その場合は線だけで着色しない。「一緒に戦っていない」からだ。

「一緒に戦っていない」、この言葉、ファンの鑑です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今後のスワローズに

影響があるのかどうかわかりませんけど、我が東京ヤクルトがキャンプを行っている浦添市の市長選挙で、新人候補が現職候補の4選を阻んだそうです。



浦添市長選、松本氏が初当選 若さ武器、無党派層支持

【浦添】任期満了に伴う浦添市長選挙は10日投開票され、新人で元NPO法人代表の松本哲治氏(45)=無所属=が1万9717票を獲得、新人で前市教育長の西原廣美氏(65)=無所属、自民、社民、社大、民主推薦=と、現職の儀間光男氏(69)=無所属=を破り、初当選を果たした。政党に頼らず、若さを武器に「市政のリニューアル」を掲げた松本氏は、無党派層から支持を得た。投票率は63・3%で、前回(64・78%)に比べ、1・48ポイント下回った。
 
松本氏は1万6997票を得た西原氏に、2720票の差をつけた。儀間氏は1万5501票だった。選挙の争点になった、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設は見直しを求める。
 
今選挙は軍港移設のほか、米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)沖合を埋め立てて、産業振興を図る市西海岸開発事業の手法、待機児童解消などの子育て支援策が争点となった。

松本氏は軍港移設を「現実的でない」とし「県や那覇と連携し、移設なき返還を目指す」と主張した。西海岸開発は埋め立てを終えた第1ステージ以降は、自然海岸を観光に活用するため「海岸を埋め立てない」との方針を示していた。若さを前面に、市政刷新を訴えたことが浮動票の獲得につながった。

浦添市の当日有権者数は8万3533人(男性4万173人、女性4万3360人)。
(琉球新報より)



沖縄県内2番目の人口を誇る浦添市で、現市長や政党推薦候補者に勝ったのですから、凄いですよね。

ただ、弊ブログは、政治について語る所ではないので、背景についてどうこう書くことはしませんけど、現市長だった儀間氏、公示前だったので、歓迎式や協力会主催の選手との交流会にも出席されていたのが、ブログでアップされてましたね。敗れたことにより、支援体制がどうなるのか。

まぁ、新市長が野球に理解が全くない方ではない限り、浦添撤退という事はないとは思います(キャンプ地を決めるのは球団側ですし)が、とりあえずキャンプ中に挨拶には伺うことになるでしょうね。

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

正捕手争い

中村 狙いは正捕手

走攻守すべて向上 目標

 正捕手の座をつかむ―。ヤクルトの5年目、22歳の中村悠平の今季の目標は明確だ。グラウンドの内外で、信頼を勝ち取る作業が始まった。

 グラウンドの監督として、気配り、目配りが求められる女房役。ブルペン捕手を務めた後、中村は必ず投手に歩み寄り、気付いたことを伝える。「普段から意思の疎通を図り、認識を共有することが大切だから」。先輩投手にも遠慮せず自分の考えをぶつける。

 正捕手、相川のけがをきっかけに昨季は91試合と出場機会が増えた。盗塁阻止率はリーグ2位の4割6分7厘を記録。30回仕掛けられて、このうち14回刺した。「特に最初の盗塁を防げば、リードも打撃も乗っていける」。盗塁阻止は投手との共同作業とはいえ、大きな自信になった。

 内角を大胆に使うリードが持ち味だ。「バックの野手は、バッテリーの姿勢を見ている。結果的に打たれたとしても、攻めていれば野手も分かってくれる」。そして相手打線に対しては、「こいつがマスクをかぶるとしつこいな、という印象を植え付けたい」。と理想の捕手像を描く。

 試合に出続けるためには打撃の向上も必要だ。昨季の打撃は2割5分4厘。走攻守すべての面でレベルアップすることがキャンプのテーマだ。

 ワールド・ベースボールクラシック(WBC)日本代表候補の相川は、間もなくチームを離れる。中西バッテリーコーチは「相川がWBCから帰ってきても、〝相川さんの居場所はないですよ〟というぐらいの気概を持ってやってほしい」とエールを送る。
(2月5日付東京新聞より)



キャンプ真っ盛りの時期ですね。今年も沖縄キャンプ・オープン戦には行けませんので、もっぱらスポーツニュースや新聞でのチェックの日々となります。

さて中村ですけど、相川が年齢からくるのか離脱するような怪我が増えているため、チャンスが増えました。そのチャンスを活かしているわけですから、今年はさらに一歩上を目指すのは当然ですよね。どんぐりの何チャラではなく、レベルの高い正捕手争いを期待しています。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今年も一つ

年を重ねることになりました。

今年の年始は、おみくじこそ大吉を引いたのですけど、その後に個人的な不注意で凹んだ事もありました。

まぁ、悪いことはそれで終わったとして、残りは良い1年にしないといけませんね。

どうも、これから積もりそうな雪になるようで、今日は早め早めの行動になりそうなのですね。

では寝ます。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

会津鉄道

今週末は会津へ、東武~野岩~会津鉄道での鉄旅でした。




会津田島駅に、『お笑いマンガ道場』(これを知っている人、30代以上でしょうけど)でお馴染みの富永一朗氏の画があります。なんでも、母親の生まれ故郷で2年ほど住んでいた事もあって、協力したのでしょうね。大分のイメージがあったので、これは知りませんでした。




芦ノ牧温泉駅には、「ばす駅長」が居るのですけど、僅かな停車時間があったので寄ったのですが、やはりというか、残念ながら寝てました。

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。