スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6連勝




明日明後日は平日ながらデーゲームという珍しいケースとなる今日から3連戦のハマスタ、序盤から土屋を攻略、2回までに試合を決めました。

打の方では、なんといってもバレンティン、2打席連続のホームラン(内1本は場外)、昨日の打席から3打席連続のホームランで、第3打席は凡退するも第4打席ではバックスクリーン左横を抜ける場外弾、スワローズファンを喜ばせました。バレンティンは来日してから3年連続ハマスタでの1試合3本を達成したことになります。




ヒーローインタビューは投のヒーロー、松岡。6回1失点。正直5回まで持ってくれれば何とかと思っていたのですけど、私の予想をいい意味で裏切ってくれました。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

やり返した




2-1

同一カード3連勝、チームも6連勝です。




8回バレンティンがマシソンから逆転の2ラン。バレンティン様様ですね。

先発した八木、前回は6回に捕まってしまいましたけど、うまく修正できていたと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

小川対菅野




4年前の関東地区大学野球選手権以来の投げ合いとなった小川(当時1年)と菅野(当時2年)。勝ったのは前回同様小川でした。

試合は、初回バレンティンのあわや併殺の内野ゴロの間の1点を小川が5回まで1安打で守ります。しかし、6回に松本に四球後、坂本の打球が風に乗ってしまい、ライトへ2ランで逆転を許します。直後の裏、浩康が四球で歩き、森岡が犠打、ミレッジがレフト前で1死1・3塁でバレンティン、イン攻めされた4球目、インローの難しい球を捌き、強烈なレフトへの弾丸3ランで逆転。小川は7回まで投げ抜き、8回石山、9回山本哲の昨日と同様のリレーで勝利しました。




ヒーローインタビューは神宮で初となる小川




バレンティンでした。

さて、山本哲哉の登場曲が、先週から米米CLUBの「浪漫飛行」になり、口ずさむファンが増えましたね。慶三の「今夜はブギー・バック」(こちらはリメークですが)など、懐かしめの曲が流れるようになってます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ホールトンから白星




を奪うことができました。初回、バレンティン、宮本、武内のタイムリーで3点を奪い、試合の主導権を握ることに成功、投げては石川が6回まで無失点、7回に味方の失策を足掛かりにされ2点を失い、この回で降板しましたが、直後にミレッジのタイムリーで再び突き離し、8回石山、9回山本哲のリレーで逃げ切りました。

石川は今季初登板となった3月30日以来の2勝目、前回は見殺しに近い内容だっただけに、報われました。




ヒーローインタビューは石川と




4打数4安打1打点の宮本。宮本は昨日の最終打席から5打席連続安打となっています。

ちなみに、「地上波で放送(この日は東海テレビ、関西テレビ、テレビ新広島を除く)されてますが」の部分は、すでに地上波の中継は終わっていましたので、聞いてない方も居るでしょうね。




明日の予告先発は、小川と菅野、ルーキー対決です。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

2週続けての長時間試合の為か




スコアボードの方も故障してしまいました。

11回裏、森岡の打席時でした。今年から画面に、今日の打撃結果を字幕に乗せて(こんなサービス、以前から他球場ではほとんでやってますけど)紹介してますけど、その字幕が消せずに、4分ほど中断。結局、消すことには成功しましたが、最後まで画面を消したまま、試合を行いました。




試合の方は、延長12回8-7で今季初のサヨナラ勝利。途中出場の三輪が決めました。この回は田中雅の移籍後初安打、川崎のプロ初安打と初物尽くし。

もう一つの見どころは、江村登板のところでした。前田智を死球で骨折させてしまい、広島ファンからブーイング、ただ広島ファンの気負いが梵に移ってしまったのか、左邪飛、ミスショットだったと思います。




今日も帰りが23時過ぎ、平日に長時間試合は体にも堪えます。勝ったから良かったですけどね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

不穏な空気になった中




7回裏までは広島は拙攻、こちらはいつものように貧打(2回に上手く繋がったので1点先制)という試合でした。

8回、1-1と追いつかれ更に2死1・2塁で代打は前田智。投手は3番手江村、2-2からの6球目を左手首に当てる死球。その際、前田が少しだけ江村に近寄り、一触即発。2球目にも危ない内角の球があった為、それが伏線となってしまったのでしょう。

小競り合い中、選手ではなく、コーチがエキサイト、古沢コーチが退場という事態、この日だけでも4死球となり、警告試合となります。満塁のピンチで江村はルイスを空振り三振に仕留め、勝ち越しを許しませんでした。

その裏、二死後、森岡、ミレッジがヒットとツーベースで続きバレンティン。2-2から今村が真ん中に入った球をしっかり捉え、センターオーバーのツーベースで再度勝ち越しに成功。9回は山本哲がプロ初セーブをマークし、連敗を5で止めました。




ヒーローインタビューはバレンティンのみ。江村はプロ初勝利をマークしましたが、恐らく、前田に死球退場をさせてしまった事で、遠慮したのでしょう。

その前田、左手首を骨折させてしまい、申し訳ない気持ちです。ところで、診断結果を発表するのがうちと違って早かったですね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

甲子園に行ってきましたが




特に見どころのない土日の試合となってしまいました。何せ、土日でヒット5本、いずれも完封負けだったわけですからね。

唯一の画像は、つば九郎だけです。




こちらは、土曜夜の京セラドーム、近鉄対南海を観戦。ヒットを打つことは、プロならそれほど難しくないものだと改めて実感(自虐)。

南海の秋山監督、現役時代はそのユニを対戦相手としていて、近鉄の森脇監督は、現役時今日の対戦相手のユニを着ていた事があった訳ですから、軽い錯覚を覚えます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

なかなかない負け方

延長12回裏、2アウト2ストライクからのサヨナラ満塁ホームランで負けてしまったわけですからね。

選手も然ることながら、現地で見ているスワファンには、4時間40分の長時間ゲームを負けてしまったことで堪える試合になってしまいました。3-0からの逆転負けが今季早くも3度目です。

同点に追いつかれた後、江村、石山、古野がよく抑えてくれて、試合にはなりましたけど、元をただせば、6回3点を先制しさらに1死満塁、7回の無死2塁からの好機で突き離せなかった事が大きかったでしょうね。特にロマンが2塁打を打った時、ロマンが拒否したかどうかは定かではありませんけど、ウインドブレーカーを着用せず、そのまま塁にくぎ付け、肩が冷えてしまった可能性もあります。昨日もそうでしたけど、投手がヒットを打った次の投球で被弾し降板、ここでは打撃は控え、3点を守り抜く考えが欲しかったです。ロマンも赤川と一緒で、後半に被弾しているようでは勝てる投手にはなれません。

さて明日明後日、甲子園に行ってきます。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今日で達成




本当なら昨日、達成できたはずなんですけどね…

それはさておき、ラミレスと同じで積み重ねてのものですから、何だかんだ長い間クローザーをやってきているわけですしね。

岩瀬の事はこの位にして、先発の赤川、こんな投球していたら、勝てません。打線の援護がないなら1-0で投げ勝ってやる位の投球をしないとね。打線も打線で先発が降板後に追加点(今日も3塁コーチャーの無茶な突入サインで逸する場面がありましたが)を奪えていれば、赤川も楽に投げられたと思います。

投打がかみ合わず、中日に2カード連続で負け越しです。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

無駄に長かった試合




という事になりましたか、結果的に。

追いついた事までは良く、10回裏サヨナラの場面で、三輪のレフト前ヒットも上田がホームタッチアウト。2アウトだったから回したのかもしれませんけど、次の打者がバレンティンで、相手の井上も恐らくアップアップ、止めても良かったような気がしましたね。

現地で見ているものの立場として、5時間を超える試合(特に平日)は、翌日に差支えが出かねません。私も決して若くありませんし。

もちろん観戦は自己責任の範囲ですから、だったら何時までと決めたらと良いじゃないかという考えもあるでしょうけど、結果はどうであれ「試合終了」まで見届けるのをファンの務めだと思ってますからね。だからと言って、長時間ゲームをするべきと思ってるわけでもないので、複雑な心理ではあります。

誤解を恐れずに言えば、3時間半ルール撤廃の弊害が出た試合だったと思います。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

今季初の逆転勝ち




5-2

1点を追う7回裏、バレンティンが逆転の2ランを放ち、さらに8回にも2ラン。何れも右中間へのホームラン、特に2本目のは入るとは思いませんでしたね。

13試合目にして今季初の逆転勝利となりました。




ヒーローインタビューはバレンティンと村中。村中は7回1失点とQS(先制を許しているので好投かどうかは別)でした。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

攻守に高井が目立った試合

6回表、高井の逆転2ランが出たのですけど、その裏、坂本の打球を自身の目測誤りがきっかけとされ、再逆転を許してしまいました。

そういう意味で、高井が主役だったかもしれません。




今日は橙魂デーだったらしく、オレンジユニを配布していたのですけど、このユニ、白いユニの上にオレンジのビブスを着けているように見えましたね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

ナゴド3連戦

0-5

4-2

1-4

ナゴド3連戦は、1勝2敗と2カード連続の負け越しとなりました。

火曜日は、村中が打ち込まれ5失点、序盤で試合を決められてしまいました。

水曜日は、ルーキー小川がナイスピッチで2勝目をマーク。畠は走者一掃の2ベースを打たれるも4打点。

木曜日は、5回1死2・3塁を活かせなかったのが勝負を分けたかと思います。

明日金曜日は、ロマンとバレンティンが合流します。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

鹿島ディアーズ、今季限り

<アメフット>鹿島、活動停止へ 会社側が支援断念

 アメリカンフットボール社会人Xリーグに所属する「鹿島ディアーズ」が、今年度限りで活動を停止することになった。会社側の支援打ち切りのためで、鹿島建設の中村満義社長がチーム側に意向を伝えている。

 鹿島ディアーズは89年に創部し、日本選手権(ライスボウル)を2度制した。同社広報室は支援断念の理由を「創部から四半世紀経過し、一定の成果を上げて日本のアメフット振興に役割を果たせた」としている。今月7日、中村社長がチームの新年度初の会合で会社支援断念をチーム幹部や選手らに報告したという。

 アメフット部は選手全員が社員で構成されており、チーム存続を模索するものとみられるが、クラブチームとして再出発しても支援しないという。
(毎日新聞)



鹿島は日本のアメフトでは強豪チームだけに、衝撃的な発表となってしまいました。

チーム存続としては、近年の例で2008年にオンワードオークスが相模原ライズ(現・ノジマ相模原ライズ)となって活動してますけど、新しいスポンサーを見つけることができるかどうか。日本ではすそ野が広がっていないスポーツゆえ、道のりは厳しいものがありますけど、良い方向に持って行ってほしいです。

怖いのは、同じ実業団チームのパナソニックインパルスと富士通フロンティアーズの連鎖反応を起こしてしまう事ですかね。特にパナソニックは本業が不振でもあり、昨年度で支援を打ち切ったスポーツもありますしね。

先月は法大・青木監督が1年間の資格はく奪処分を受けるなど、暗いニュースが目立ってしまってます。

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

ラミレス、2000本安打達成

試合が成立し、雨の中の6回表でした。石川からレフトスタンドへ飛び込むホームランで、2000本安打達成。通算44人目、外国出身選手として初めての偉業を達成することになりました。

2001年からの来日当初、この時後に2000本安打するとは、思いもしませんでした。それだけ息の長い選手ということですね。(東京)ヤクルトで7年、読売で4年、横浜DeNAで2年目、7040打席目での達成です。








今まで長期離脱がほとんどなく、起用する側からすれば、信頼できる選手ですよね。ウチにいた頃からですけど、特に守備面や本塁突入などで無理なプレーを避け、怪我を未然に防ぐ努力していることは、良し悪し含め見習う部分はあると思います。

ラミレス、おめでとうございます。

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

8本のアーチ合戦




今日はつば九郎デー。ただ着いたのが10時半過ぎ(この撮影は11時過ぎ)でしたので、筆談ショーは見れませんでした。




試合の方は、風の影響もあってか、8本のホームランが飛び出す空中戦、制したのは、我が東京ヤクルトでした。




ヒーローインタビューは畠山と




岩村。ようやく「ただいま」と言えるようになった、行楽旅行してたとは違って、重みがありますね。

でも、この2人が同時にヒーローインタビューされるとは、10年前では考えられなかったですね。その頃の岩村は一軍バリバリ、畠は所謂戸田の帝王と呼ばれていた頃でしたからね。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

揃うことはないのか…

【ヤクルト】相川ブラと激突!全治2カ月

 ヤクルト相川亮二捕手(36)が左肩に、全治2カ月の故障を負った。4回2死一、二塁、DeNA中村の右前打で二塁走者のブランコと本塁で激突。

 相川はブロックで走者をアウトにしたが、左肩を負傷。6回の守備から途中交代した。川端チーフトレーナーによると、都内の病院で検査を受け「左肩鎖関節の亜脱臼」で全治2カ月と診断された。

 また、同トレーナーは、この日群馬県内の病院で検査を受けた館山昌平投手(32)の検査結果を説明。04年3月に受けた「右ひじ内側側副靱帯(じんたい)の再建手術」で再建した靱帯に変性が認められたという。今後の治療方針は未定で、全治も未定。
(日刊スポーツ速報)



相川とブランコとの激突が、それほどの重傷だったとは…。直後の打席でタイムリーを放ってました(半分モーガンのおかげでもありますけど)からね。前半戦は厳しいかもしれません。川本をトレードに出さなければは結果論にせよ、昨年同様中村の負担は大きくなりましたか。

後注目は、昨日緊急降板した館山の事を触れている点です。個人的にはこちらの方がよりショックが大きいです。
恐らく今シーズンは残念ながら絶望的な状況、館山に対して、あまりに無情な診断結果でしょうね…。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

マツダ3連戦

火曜日…5-3

終盤まで1-0で迎えた9回表、満塁から上田が走者一掃のスリーベースで突き放しに成功、裏に廣瀬にスリーランを浴びるも逃げ切り。村中は好投、松岡の調子が上がりませんね。

水曜日…6-2

ルーキーの小川が7回途中まで2失点で抑え、勝ち投手。ルーキーでは一番乗りです。先制中押しダメ押しと効果的に点を奪いましたね。

木曜日…0-1

3つのミス(記録上ではミレッジの悪送球も岩村が後逸、赤川のカバーミスも見逃せない)が重なったのが、痛かったです。こちらは3回の1死3塁を最後に好機がありませんでしたね。

3連戦共通として、浩康と畠山が機能しませんね。両選手ともオープン戦の好調さを維持できずにシーズンに入ってしまいましたかね。特に畠については、開幕6試合会心の当たりが全くないだけに、4番として物足りなさばかりが残ります。浩康もせっかくの1番起用、ここで応えないと今年も2番でバント専門で終わってしまいますよ。

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。