スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の練習試合(対サムスン)

19日、浦添で行われた韓国・サムスンライオンズとの練習試合、4点を先制されたスワローズは、2点差で迎えた6回裏に吉本選手の2点タイムリー二塁打で勝ち越しに成功すると、8回裏にも森岡選手の2点タイムリーなどで5点を奪って突き放し、10対5で快勝しました。

スワローズ先発・川島亮投手は初回、先頭から連続三振を奪う立ち上がりを見せるも、2回表、4本の長短打を浴び4点を失います。

打線は3回までノーヒットに抑えられていましたが、4回裏、宮出選手、飯原選手の連打をきっかけに二死満塁のチャンスを築くと、上田選手がセンターへ2点タイムリーを放ち、2点差に。守っても、川島亮投手の後を受け3回から登板した高市投手が、3回、4回こそヒットを許しながらも無失点に切り抜けると、調子の出てきた5回、6回を三人ずつに斬って取り、味方打線の反撃を待ちます。

すると6回裏、畠山選手の四球、田中浩選手のライト前ヒットで築いた二死一、三塁のチャンスから上田選手が二打席連続のタイムリーとなる内野安打を放ち1点差に迫ると、なおも一、三塁から途中出場の吉本選手が左中間突破の2点タイムリー二塁打を放ち、5対4と逆転に成功。

なおも8回裏には、田中浩選手、新田選手の連打から、上田選手のこの試合4打点目となる内野ゴロで1点を追加。なおも吉本選手の2打席連続の二塁打で一死二、三塁から森岡選手がライト前へ2点タイムリー、飯原選手にもセンター前タイムリーが飛び出し、この回一挙5得点と試合を決めます。9回表に1点こそ奪われましたが、結局10対5でスワローズが鮮やかな逆転勝ちを飾りました。


先発・川島亮投手は、2回を被安打4、奪三振2、与四球1の4失点。
2番手・高市投手は、4回を被安打2、奪三振2の無四球無失点と好投。
3番手・高井投手は、2回を被安打1、奪三振2、与四球1の無失点。
4番手・松岡投手は、1回を被安打2、無四球の1失点でした。

打線は13安打。森岡選手が3打数2安打2打点、飯原選手が5打数2安打1打点、田中浩選手が4打数2安打、上田選手が4打数2安打4打点、途中出場の吉本選手が2打数2安打2打点と大活躍しました。


韓国サムスン 0 4 0 0 0 0 0 0 1 5
東京ヤクルト 0 0 0 2 0 3 0 5 x 10

(バッテリー)
東京ヤクルト…川島亮、高市、高井、松岡-福川、新田、川本

【先発メンバー】
1.左 福地
2.遊 森岡
3.一 武内
4.DH 宮出
5.右 飯原
6.三 畠山
7.二 田中浩
8.捕 福川
9.中 上田
(公式ホームページより)



川島については、増渕と違って、結果を求める時期ではないので、これから調子を上げていければ、良いでしょう。今日は、

高市

ですね。紅白戦では2回3失点も2イニング目は良かったとの事で、この投球を今日の試合に結びつけたのでしょう。先発6番手に高田監督にアピールできたと思いますが、この投球を続けていく事が重要です。

野手陣は、レギュラーの浩康、飯原をはじめ、若手の上田、新加入の森岡と吉本も結果を出したようです。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。