スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東都に衝撃走る?

タイトル通りです。

青山学院大学

1984年春以来の

二部降格

です。河原井監督就任してから初めての事になります。私は青学OBではないですけど、一野球ファンとして、今日の結果は衝撃的でしたね。

20091108164509


試合の方ですけど、青学5回までに5安打と6四球をもらい、塁上をにぎわせるのですけど、あと1本が出ず、5回まで10残塁。

国士舘の方も中盤まで3度の得点圏のランナーを返すことはなかったのですが、7回2死2塁で花島が昨日に続き、サード線を抜けるタイムリーを放ち、先制。投げては、松村、屋宜、樋口の3投手で完封リレー。青学は6回以降一人も走者を出すことができませんでした。

20091108164507


国士舘が一部昇格を決めた直後。選手たちがマウンドに駆け寄ってます。一方青学の最後の打者となった4年生の長島(樋口の前に全くタイミングが合わず三球三振)、膝を抑え、その後しゃがみこんでしまうなど、明暗がくっきり。

20091108164504


私の座った席に近くは、青学OBの選手がおり、負けた瞬間、信じられないといった表情を見せてました。私よりも身近なわけですからね。

20091108164502


勝った国士舘、3塁ベンチ前で、高橋智之主将、永田監督、1部昇格の立役者岩澤、入替戦の殊勲者花島と次々と胴上げ。

20091108164458


試合後、負けた青学の選手たちはバスのカーテンを閉め切った(中の様子が容易に想像できそうです)まま、神宮を後にし、勝った国士舘は永田監督をはじめ、球場外で友人らと記念撮影に応じ、意気揚々とバスに乗車。

また国士舘大のOBで、花巻東の佐々木監督がいらっしゃってました。

これで、国士舘大は95年春以来の

一部復帰

となりました。

しかし、来春の東都二部、青学をはじめ、日大、駒大と数年前まで一部常連だった学校が二部(神宮第二・通称ゴルフ場)で戦うのですからね。また、読売に育成ドラフト3位で指名された金光大阪の陽川は指名を拒否し、同じ東都二部の東農大に進学するなど、二部とはいえ、豪華ですよね。

国士舘は今春リーグ戦は最下位で、3部との入替戦を行ったチームが来春から一部(昨年の國學院と同じケース)、今日の結果を受け、やっぱり

戦国東都

です。
スポンサーサイト

テーマ : 社会人野球、大学野球
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。