スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xリーグ・ファイナルステージ

アメフト、見に行ってました。

ハマスタは、10月6日以来です。

セカンドステージBブロック1位の富士通と同Cブロック2位ながらファーストステージのイーストディビジョン1位でワイルドカードとなったアサヒビールが対戦。

試合の方は、序盤から富士通が優位に進め、ハーフタイムまでに2TD2G2FGの17点、アサヒビールは2FGのみの6点に抑えます。第3Qの最初のプレー(進士のラン)で残り敵陣2ydにし、次のファーストダウンでタッチダウンで24-6、同じ第3Qのアサヒビールの攻撃で、残り1ydという所がありましたが、富士通のディフェンスを崩すことが出来ず、フォースダウンのギャンブルも失敗し、タッチダウンならず、また第4Qにもアサヒはギャンブルを仕掛けますが、失敗し万事休す、

31-21

すべてのクォーターでタッチダウンを奪った富士通が着実に加点し、アサヒの追い上げを許しませんでした。

20091206205501


1塁側(アサヒビール側)で観戦。ハマスタの特性上、1塁側に西日が当たるので、野球シーズン時には辛いのですが、今の時期なら日が陰るまで少しは温かく見られます。

20091206205459


ハーフタイム時には、21日に東京ドームで行われるJAPAN X BOWLの宣伝を兼ね各チームの有志チアを紹介。中には、X3の相模原ライズ(昨季限りで解散となった、X1チーム旧オンワードラークスのメンバーが大勢)のチアも選ばれてましたね。

20091206205457


途中からナイター照明が灯ります。プロ野球と違い、照明の半分程度の明るさでした。それでも、だいぶ明るいですけどね。

20091206205454


試合終了直後の様子。

20091206205451


スコアボード。10月6日のブログで最後と書いてしまいましたが、これが本当に今年最後です。

昨日、大阪の長居で鹿島ディアーズとパナソニック電工インパルスが対戦、大方の予想では昨年の社会人覇者で3連覇を目指すパナ電が勝つだろうと思っていました。しかしパナ電のパス・キックともミスがここ一番で連発。パナソニック電工は奪ったヤードは大きくリードしていたのですけど、ミスに付け込んだ鹿島が突破口を上手く突き、34-26で勝利しております。パナ電が30点以上奪われたのは、ここ最近ないのではないでしょうか?

これで、今年のJAPAN X BOWLは

鹿島ディアーズ対富士通フロンティアーズ

今年のセントラルディビジョン、1位(富士通)2位(鹿島)の対戦となりました。

10月25日の対戦では、タッチダウンの数では鹿島が上回りながら、フライングゴールを含めた総合力で富士通が勝ちましたが、今回はどうなりますか。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。