スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日一昨日

ゴールデン、プライムと呼ばれる時間帯に、TBS系で2つのプロ野球関連の番組が放送されてました。

カリスマ白書

プロ野球戦力外通告 ~クビを宣告された男達~

その何れも見てました。

まずは前者の方。番組のメインはノムさんだったのですけど、林昌勇の所がスワファンとして、興味深かったです。
WBC決勝戦、延長10回にイチローと勝負し、勝ち越しタイムリーを打たれた林昌勇、当初は、敬遠を指示したと金寅植(キム・インシク)監督と試合後述べていた(このコメントで林昌勇が非難を浴びてしまう)のですけど、林昌勇は、敬遠の指示を受けていないと初めて告白します。また、バッテリーを組んでいた姜鎬(カン・ミンホ)もやはり敬遠のサインを受けていないと述べ、ベンチと選手の間に不一致が生じます。真実はどうだったのか?

実は投手コーチが監督の指示を握りつぶし、勝負のサインを送ったとカミングアウト。握りつぶした理由、「イチローを抑えて、日本に勝つ」という気持ちを持っていたそうです。このVTRを見た監督は、「ベンチを掌握しきれなかった私の責任」と言い、林昌勇も決して恨むことなく、イチローに打たれた事を悔いていました。また、この事実を知った韓国政府がわざわざ林昌勇に向けて手紙を出し、お詫びの言葉を述べました。

…副音声では韓国語でも放送していましたが、この真実、韓国内にこそ放送するべき内容だったかもしれません。日本だから、投手コーチもカミングアウトしたのかもしれませんけどね。なお、この番組に林昌勇が出演するついては、スワの公式ページでは一切紹介されてません。確かに、字幕に現ヤクルトスワローズ投手だけ出し、スワローズで投げている所は流れませんでしたからね。この件については、球団は関知せず、あくまで林昌勇個人としての出演だったのでしょうね。

次に後者。福岡ソフトバンクから戦力外通告された的場、同様にオリックスから戦力外にされた山口をメインに、今岡と山田、計4選手をクローズアップしてました。見た感想。的場は危機感を素直に出し、トライアウト後も体を動かす事を忘れずにいた結果が千葉ロッテ入団にこぎつけ、山口は自分のプライドを貫き通した結果、日本の球団からどこも声がかからなかった(自身のブログによると、韓国台湾からはオファーはあった様子)、そんな所でしょうか。

また、山田も千葉ロッテ入団、今岡も千葉ロッテ入りが噂され、偶然か否か千葉ロッテ宣伝番組となりましたかね。現千葉ロッテはフロントトップの瀬戸山、石川両氏が元ダイエー球団幹部だったことから、的場も山田も声をかけやすかったのかもしれませんね。それにしても今岡は、あまり悲壮感を感じませんでした。もっとも今岡自体が、気持ちを前面に出すタイプではないので、そう見えただけかもしれませんけどね。

来週は、元プロ野球選手をクローズアップして放送予定となっています。

今日はクリスマスイブですが、

「兄は夜更けすぎにユキエと変わるだろう♪」

のフレーズを思い出します。これ分かる人、20代半ば以上でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : TBS
ジャンル : テレビ・ラジオ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。