スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕投手候補同士の投げ合い

石川投手が5回無失点の粘投見せるも、完封負け

6日の北海道日本ハムファイターズとのオープン戦、前半は石川投手とダルビッシュ投手による投手戦で0対0が続きましたが、6回に坪井選手のタイムリーで均衡が破られると、スワローズ打線の終盤の反撃も実らず、0対3で完封負けを喫しました。

スワローズ先発・石川投手は毎回ランナーを出しながらも持ち味の打たせて取る投球で、ファイターズ先発・ダルビッシュ投手と両者譲らぬ投手戦を展開。しかし0対0で迎えた6回裏、この回から登板したスワローズ2番手・橋本投手が小谷野選手、中田選手の連続安打で一、二塁のピンチを招くと、代打・坪井選手に左中間を破る2点タイムリー二塁打を浴び、ついに均衡を破られました。

2点を追うスワローズ打線も8回表に一死から途中出場の三輪選手、藤本選手と2本のヒットを集めましたが、盗塁死などで得点に結びつかず。8回裏には4番手・林昌勇投手が鶴岡選手のタイムリーでリードを広げられます。最終回に途中出場したルーキー荒木選手のライト線二塁打、田中浩選手のレフト前ヒット、ユウイチ選手の四球で一死満塁と粘りを見せましたが、あと一本が出ませんでした。

先発・石川投手は、5回を被安打7、奪三振2、無四球の無失点。
2番手・橋本投手は、1回を被安打3の2失点でオープン戦1敗目(1セーブ)。
3番手・押本投手は、1回を被安打1の無失点。
4番手・林昌勇投手は、1回を被安打3、奪三振1の1失点でした。

打線は5安打でした。

■先発して毎回ランナーを出しながらも5回無失点の粘投を見せた石川投手
「シーズンと同じ気持ちで投げた。シーズン同様粘れたけど、シュートが中に入って打たれた。もっとガチッといければよかった。ダルビッシュはすごい。いい緊張感で投げられた。タイプは違うけど、いい勉強になった。球持ちがいい。なんとか開幕に合わせていきたい」

(スワローズ公式ページより)

石川とダル、両チームとも開幕投手候補の投げ合い、両者とも持ち味を出した内容だったのではないでしょうか。ダルが万全なら、打てませんから(特に札幌ドームでのダルは)ね。石川については、被安打が多くても粘れる投球でやってきた投手ですから、これで良いと思います。まぁ、ファンの立場からすれば、ダルのように走者を出さない許さない絶対的投手の方が安心できるのですけど、石川もコメントしている通り、タイプが違いますからね。

今日登板した林昌勇の被安打3、失点1、少し気になりました。

打線の方は、わずか5安打、しかも2度の好機を作りながら逸している事から、問題ではあります。とはいえ、相手の北海道日本ハムも14安打放ちながら3得点と決して効率良い攻撃だったとは言い難い(公式戦でもありうるでしょうけど、これはダルだからこそ許せる)ので、両チームとも効率よく得点を奪う事には課題を残した形でしょう。

今日、東京ドームの開幕3連戦のチケットが一般発売されました。私は土日、ビジターチーム応援席を購入(金曜日は立ち見の予定)しました。今年から2000円となっています。

ビジターチーム応援席は、ドーム発売所が28日、ローソンチケットは3日間とも残っていますので、ぜひお買い求めください。また、3塁側内野も残っていますので、一人でも多くのスワローズファンの声援で、東京ドームの開幕戦をスワローズ選手とともに戦いたいですね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。