スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川島亮は…

ガイエル選手、2打席連続弾! シーソーゲームの末、逆転負け

17日の阪神タイガースとのオープン戦、スワローズはガイエル選手が2試合連続の4号ソロ、2打席連続の5号ソロを放つなど3安打3打点の活躍を見せましたが、投手陣もタイガース打線につかまりシーソーゲームの末、7対8で接戦を落としました。

初回、スワローズ先発・川島亮投手は一死二塁から鳥谷選手にライト前タイムリーを浴び、先制を許します。しかし、スワローズ打線もその裏、一死一塁から青木選手がレフトオーバーのタイムリー三塁打、デントナ選手がオープン戦2号2ランホームラン、ガイエル選手が2試合連続の4号ソロホームランを放ち、4対1とすぐに逆転に成功しました。

ところが3回表に川島亮投手は3連打で無死満塁のピンチを招くと、鳥谷選手に押し出し四球、金本選手に犠牲フライ、新井選手にタイムリーを浴び、試合は振り出しへ。スワローズもその裏、ガイエル選手の2打席連続となる5号ソロホーマーで勝ち越すも、直後の4回表に桜井選手の3号ソロで再び同点に追いつかれます。それでも4回裏には福地選手の左中間二塁打と相手エラーで無死一、三塁から青木選手の内野ゴロの間、そしてガイエル選手のライト前タイムリーで7対5と再びリードを奪いました。

しかし、この試合のシーソーゲームは終わらず。6回表、川島亮投手はブラゼル選手、桜井選手に連続ホームランを浴びて三度同点に追いつかれると、7回表には2番手・李恵踐投手が城島選手のタイムリー二塁打でついに逆転を許します。スワローズも終盤は毎回ヒットのランナーは出すも、あと一本が出ませんでした。

先発・川島亮投手は、6回を被安打11(被本塁打3)、奪三振4、与四球1で7失点。
2番手・李恵踐投手は、1回を被安打2、与四球2の1失点でオープン戦1敗目(1勝)。
3番手・松岡投手は、1回を三者凡退。
4番手・吉川投手は、1回を三者凡退でした。 打線は14安打。福地選手が5打数2安打、デントナ選手が3打数2安打(1本塁打)2打点、ガイエル選手が3打数3安打(2本塁打)3打点、宮本選手が3打数2安打と奮闘しました。
(スワローズ公式ページより)



川島亮、先発争いから一歩後退…といった感じの内容ですね。スワローズが優位に進めていながら、簡単に失点してしまう、公式戦でもこのような展開されると信頼をなくしますからね。話では明日より二軍合流という事なので、脱落なのでしょう。

一方の打線の方は、デントナガイエルで3本塁打、ただ3本とも打ったのが、すでに怪しい評判のあるフォッサムからだったので、素直に受け止めない方が良いでしょう。青木は、いつでもシーズンに入れると昨日の出陣式でも言ってましたけど、昨日今日と結果は出てませんね。残しも少ないですし、内容とともに結果も出して欲しい時期ですからね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。