スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目処がたった

館山投手が5回1失点と好投も、打線が元気なく完封負け

18日の広島東洋カープとのオープン戦、スワローズは右のエース・館山投手が5回1失点と順調な調整を見せるも、打線がカープ投手陣に2安打に封じ込められ、0対4で完封負けを喫しました。

キャンプ中の右肩違和感から実戦復帰2試合目となった先発・館山投手は、常時145キロ前後のストレートにシュート、カット、フォークボールなど変化球を交えてカープ打線を翻ろう。3回に二死三塁から梵選手のタイムリーで先制こそ許すも、5回までこの回の2安打、そして7三振を奪う好投を見せ、順調な仕上がりを見せました。

試合は6回に2番手で登板したフェルナンデス投手が制球を乱して4四球を与えるなど3点を失うと、4点を追いかける打線もカープ先発・青木高投手の前に6回まで散発2安打無得点に抑えられます。終盤もスワローズ打線にヒットが出ず、完封負けを喫しました。

先発・館山投手は、5回を被安打2、奪三振7、与四球1で1失点と好投ながらオープン戦1敗目。
2番手・フェルナンデス投手は、1回を被安打2、与四球4の3失点。
3番手・加藤投手は、1回を三者凡退。
4番手・橋本投手は、1回を奪三振2を含む三者凡退。
5番手・吉川投手は、1回を奪三振1を含む三者凡退でした。

打線は散発2安打でした。

■右のエース復活! 5回2安打7三振1失点と好投した館山投手
「余力を残して5イニング投げられ少しホッとしました。試合で投げるスタートラインに立てました。前回は(試合で)投げるために練習してたけど、今回は中6日もらって肩も気にせず、シーズンと同じ調整ができました。カット、シュートは試合の中で修正できたし、スライダーは最後までよくなかったけど、スライダーがない状態でどうやって打ち取るか考えながらできたのもよかったです。ある程度、試合を作れる自信はあります。これだけ投げられるからシーズンを通せるんじゃないかと思うし、週に1回、中5日や6日で(先発ローテーションとして)回る自信はあります」

(スワローズ公式ページより)



館山が先発、この内容なら

目処がたった

のではないでしょうか?出陣式の時に、肩は大丈夫と話していただけに、痛みが癒えれば、このくらいはできるでしょう。東京ドーム3連戦での先発登板はおそらくないので、イースタンで調整登板を経ての公式戦になるのではないでしょうか。

フェルナンデス、2週間前の大田スタジアムに続き、四球病が再発…、草薙の時は首の皮一枚残ったのですけどね…。残念です。3回の内2回もこういう結果になってしまうのは、本人の問題ではありますけど、チームもフェルナンデスに対する育成方針が実を結んでいないのでは?という事になってしまいます。

それから打線の方はわずか2安打。デントナが風邪をひいたそうで、出場しなかったのも影響したのでしょうけど、とはいえ、神宮最後のオープン戦でこの内容結果はお粗末です。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。