スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕投手に向け

石川投手がホームランによる6回1失点と好投するも完封負け

19日の中日ドラゴンズとのオープン戦、ブランコ選手の一発で先制を許したスワローズは、打線も5安打無得点に抑えられ、0対1で接戦を落としました。

2回裏、スワローズ先発・石川投手はブランコ選手にオープン戦2号ソロホームランを浴び、先制点を失います。しかし、その後はドラゴンズ打線に攻撃させず、4試合連続の無四球ピッチングで6回1失点と好投を見せました。

一方、反撃したいスワローズ打線でしたが、ドラゴンズ先発・チェン投手の前にランナーこそ出すも、あと一本が出ず。終盤は中継ぎ3投手の前にパーフェクトに抑えられ、2試合連続の完封負けとなりました。

先発・石川投手は、6回を被安打5(被本塁打1)、奪三振4、無四球で1失点と好投ながらオープン戦1敗目(1勝)。
2番手・橋本投手は、1回を被安打2、奪三振1の無失点。
3番手・李恵踐投手は、1回を奪三振2を含む三者凡退でした。

打線は5安打。デントナ選手が3打数2安打と気を吐きました。

■6回を投げてホームランによる1失点に抑えた石川投手
「キャンプからやってきたことを全て試せましたし、いろいろな確認もできました。オープン戦では自分の試したいことにこだわって投げてきましたが、次からは結果にこだわってチームにこだわって投げていきたいです。今日は打席にも入れたし、ナイターのタイムスケジュールでも動けましたし、やるべき事は全てできたと思います。不安はあるけど、自分を信じて、キャッチャーを信じて投げたい。開幕? キャンプインから常にそこを目指してやっている。今日のようなピッチングができればいい」
(スワローズ公式ページより)



石川、今季オープン戦初の失点(ブランコのコメントによると、シンカーと言っているようですが、石川は内角速球を攻め続けて中にいってしまった球と)を許しましたが、この内容は十分でしょう。26日の東京ドーム開幕戦の先発に向け、調整はバッチリだと思います。

一方の打線は…、23イニング無得点…。デントナガイエルが好調なだけに、下位打線がどれだけ機能するかで得点能力は違ってくるでしょう。宮本以下長打の割と少ないタイプの右打者が集まっており、相手から見れば、脅威と感じないかもしれません。一人でも長打のある左打者が居ると打線の厚みが変わってくるのでしょうけどね。

さて、いよいよ明日からはパリーグが開幕します。明日はナゴヤドームの代わりに猫屋敷

西武ドーム

へ行って来ます。一野球ファンとして楽しんでこようと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。