スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今季初勝利

10-5

昨年同様、2戦目でスワローズ今季初勝利です。勝ち投手はこれまた昨年同様、由規でした。

由規は8回1失点、フルカウントまで行く場面が多かったのですけど、そこから四球で崩れなかったのが好投を呼んだ一因でしょうね。




初回デントナのタイムリーに続き、3回にはレフト巨人応援席へ飛び込む3ランで追加点。その時のビジター席の様子。




3塁側C指定席にも多くのスワファンが駆けつけてました。(6回表小笠原の野選で5点目を奪った時に撮影)




ガイエルが珍しく激昂し、マウンド付近に集まります。2ボール1ストライクからセンターバックスクリーンに飛び込むホームラン(当初は2塁打も公式戦初導入となったビデオ判定により本塁打へ)。私も映像で確認しましたが、カンと音がしたのは、センターバックスクリーンに階段状(緑で塗られてますけどコンクリートなのでしょう)のような所があり、そこに当たった音ではないでしょうか?





最終回、長野の初安打、坂本の今季初ヒットがホームランと云う余計なプレーがありましたが、急きょ登板した押本が代打谷をライトフライに抑え、逃げ切りました。

読売に勝つ方法、投手が抑え、その間にクリーンナップの長打で点を奪う、これなんでしょうね。

結局はロースコアで勝とうと考えない方が、結果として昨年チーム防御率2点台の読売からでも2ケタ取れるわけですから、常に攻める姿勢だけは持った方が良いのでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。