スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーンナップ、働かず

館山投手が投手戦を演じるも、今季初のサヨナラ負けで3連敗

13日の広島東洋カープ4回戦、田中浩選手の今季1号2ランで同点に追いついたスワローズは、先発・館山投手が8回3安打2失点と好投を見せるも、延長10回裏、3番手・高木投手が石原選手に一発を浴び、2対3で今季初のサヨナラ負けを喫しました。今季初の3連敗で勝率5割に後退しています。

初回、スワローズ先発・館山投手は、一死二塁から末永選手にセンター前タイムリーを浴び、先制点を失います。さらに末永選手の盗塁で一死二塁とピンチが続き、栗原選手にもセンター前タイムリーを打たれ、リードを2点に広げられました。

しかし、スワローズ打線も3回表、一死から飯原選手がレフト前ヒットで出塁すると、続く田中浩選手がレフトスタンド2階席へ今季1号2ランホームランを叩き込み、2対2と試合を振り出しへ戻します。

立ち上がりが不安定だった館山投手ですが、2回以降は変化球を低めに散らし、カープ打線に的を絞らせません。2回から8回までノーヒットピッチングとエースらしい落ち着いた投球を展開しました。

9回表に四球を足がかりに二死二塁のチャンスを築いたスワローズは館山投手に代打を送るも、得点ならず。2対2のまま今季初の延長戦に突入し、迎えた10回裏、この回から登板した3番手・高木投手が二死から石原選手に2号ソロホームランを浴び、悔しいサヨナラ負けを喫しました。

先発・館山投手は、8回を被安打3、奪三振6、与四球2の2失点と好投。
2番手・押本投手は、1回を被安打1、奪三振1の無失点。
3番手・高木投手は、2/3を被安打1(被本塁打1)の1失点で1敗目を喫しました。

打線は6安打。田中浩選手が4打数2安打(1本塁打)2打点、宮本選手が4打数2安打と奮闘しました。
(スワローズ公式ページより)



今日の試合は、打撃陣の不調、特にクリーンナップですからね。青木、デントナ、ガイエルで

14打数0安打

だったわけですからね。

特に8回無死二塁と終盤での好機に、クリーンナップは揃って抑えられ、中軸がこれでは、機能しませんよね。そして、先週対戦したばかりの青木高に2度続けて好投を許した打線に

喝っ!

です。

スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。