スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連敗

14日の広島東洋カープ5回戦、プロ初のスタメンマスクとなった中村選手のプロ初安打初打点となるタイムリーなどで3点を先制したスワローズは、先発・石川投手が味方エラーなどで逆転を許すと、その後も追加点を奪われ、3対6で敗れました。これで今季初の4連敗となり、借金1となりました。

2回表、スワローズはカープ先発・齊藤投手からデントナ選手の四球、藤本選手の二塁打で無死二、三塁のチャンスを築き、この日プロ初スタメンマスクの2年目・中村選手が、プロ初安打初打点となるタイムリーをセンター前に弾き返し先制。なおも一死一、三塁から青木選手、田中浩選手の連続タイムリー長短打で2点を追加し3点をリードします。

一方、今季初勝利を狙うスワローズ先発の石川投手は、序盤3回を1安打に抑えるピッチングを披露します。ところが4回裏、エラーのランナーを一塁に置き、梵選手の1号2ランで1点差に迫られると、6回裏にはカープ・齊藤投手の代打ヒューバー選手に1号ソロを浴び、試合を振り出しに戻されます。なおも一死から梵選手の内野安打と盗塁で一死二塁とピンチを招くと、廣瀬選手の左中間への大きな当たりを、前進守備から必死に追いついたレフト飯原選手が落球。不運なタイムリーエラーが記録され逆転を許し、代わった増渕投手もフィオ選手にタイムリーを許して3対5と引き離されました。

何とか反撃したい打線は、先制点を奪った2回から7回まで毎回先頭打者が出塁するも、3併殺などで得点を奪えず。8回表にも、藤本選手のこの日2本目となる二塁打などで二死一、二塁のチャンスを築きながら後続を打ち取られると、逆にその裏、またもエラーから1点を失いリードを広げられ、3対6で逃げ切られました。

先発・石川投手は、5回1/3を被安打4(被本塁打2)、奪三振3、無四球の5失点(自責2)で4敗目。
2番手・増渕投手は、1回2/3を被安打1、奪三振2、与四球1の無失点。
3番手・松岡投手は、1回を被安打1、与四球1の1失点(自責0)でした。
(スワローズ公式ページより)



4連敗

ですか…。投攻守、すべてにおいて崩れてますかね。16残塁をした横浜戦あたりから何か歯車が狂い始めているような…。それとも、相川離脱が響いているのでしょうか。

投手陣の方では、先発の石川がいまだ勝ち星なしの4敗(目標の16勝には赤信号)、打線の方では3併殺、石川のバント失敗2度、クリーンナップを大きくいじるも目立った成果はなし、守備においては、一つの失策がことごとく失点に結びつく、今のままでは大型連敗もありえる(その兆候が出ているが)チーム状態の悪さです。

そんな中、プロ初スタメンとなった

中村悠平

プロ初ヒット初打点で2安打、盗塁も1度刺す(1度成功)など随所にアピールしてました。明日以降も同じような活躍できるよう頑張ってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。