札幌で連勝

6-4

4月3日以来の連勝です。

3回まで得点圏の走者を返せず、嫌な展開となったのですが、4回に相川、鬼崎がソロを放ち2点を先制すると、5回に二岡のまずい守備と相川のタイムリーで2点、6回にも浩康がタイムリーで5点差とします。1点差に追い上げられた7回は、宮本のタイムリーで再び突き放し、逃げ切りました。

投手陣ではバーネットが痛風により、急遽先発となった中澤、5回までは2安打投球、6回につかまってしまい、4点を失いますが、押本、増渕、松岡、林昌勇が同点逆転を許さず、中澤は5月1日以来の4勝目をマークしました。6回のようなつかまり方だと、交代時期が難しくなってしまいますので、この辺りは反省して欲しい所です。急遽先発の投手に言う事ではないのかもしれませんけどね。




札幌ドーム2連戦2連勝は、現行方式の交流戦となってからは、初めての事です。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる