スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝のサンスポの

野村克也氏が昨日の試合についての評論コラムがあったのですが、その中で

出塁しようという意識は見られるが、点をどうすれば取れるのかの方法を知らない、またそのような人材がいない、つまり主役不在が現在のスワローズの苦しさである、一方の読売に対しても脇役がいないので、ラッキーパンチ(ホームラン)頼みになっている、と書いてあるのですけど、今日の試合、両者ともまさにそんな試合だったのではないでしょうか。

東京ヤクルトは3点を追う7回1死満塁で内野ゴロの1点のみ、8回も1死1・2塁から凡退と終盤の絶好のチャンスを活かしきれず、一方の読売の得点はすべてホームラン、退院したばかりとはいえ、試合に対する嗅覚、洞察力は健在です。流石というべきですね。

今日の試合は、ラミの勝ち越しソロより、長野の2ランが非常に効いてしまいました。

こちらの収穫は火曜日以来の登板となった、うちのナベツネですかね。今日も左の阿部をきっちり抑え、役目を果たしました。今日のような投球を次回以降もお願いしたいですね。




今日の画像。背番号「17」の方はこのまま徹夜でしょうか?お疲れ様です。この方に限らず、スタンド内、結構見かけましたけどね。

ちなみに、私は起きれたら見ます。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。