本塁打は出なくても

12点

取れるんですね。

と言いながら、相手の拙守(6回のホワイトセルに対する岩本、8回の福地に対する廣瀬の打球判断など)もあってのものですけどね。




それでも今日の主役は

川端慎吾

でしょう。まだ球場についてなかったのですけど、3ボール0ストライクから「打て」のサインを出してキチンと応えた辺りは立派です。後は、途中からサード守備に回されたように、ショート守備は鬼崎>川端という判断をされているという事、守備面での信頼を得る事ですね。それでも、まずはコンスタントに打てる事をアピールするのが大事です。




広島は毎回安打ながら、2点しか奪えずの敗戦。8回まで投げた石川はこれで6勝目、負けとの差を2つまで縮めました。

後の3枚は、外から見た花火。6回表から中に入りました。







スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる