スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆転勝ち

最後の最後まであきらめてはいけない

そんな試合でしたね。

バーネットは毎回のように走者を許す苦しい投球というより、勝手に無駄なランナーを出す自滅投球だったと思います。結果として、5回1/3、2失点と云うものでしたけど、相手の中日打線に助けられたかなという内容です。土日とも登板した松井光、8回に投げた押本は三凡と好リリーフ。無駄な失点を許さなず、最少得点差だった事が最終回の逆転に結びつく事ができました。そういう意味で松井光、押本の投球が実った形です。

打線の方は、この3連戦3番5番、今日に限れば4番もクリーンナップが全く機能しない中、最終回同点に追いついた場面で3番飯原が打ってくれました。結局、いくら15打席ノーヒットでもわずか1回の安打がチャンスの場面ならば、その試合のヒーローになれる訳です。一方で畠山は全く打てず、途中交代されてました。火曜日以降、スタメン起用に変化があるかもしれません。相手の横浜は、現時点で先発左腕投手がいませんしね。




この日は、CBCの協力で「堂上兄弟」の応援ボードを作成し、攻撃開始前に掲げてました。堂上兄は最終回に代打で出場(8裏に代打で出す場面はありましたが、落合監督の深い考えもあったのでしょう)し、中飛、堂上弟は、無安打で9回表に岩崎に交代するなど、今一つ盛り上がり欠ける結果に。




9回逆転した時のもの。




林昌勇も二死満塁のピンチを背負いましたが、藤井を三振に仕留め、ゲームセット。




勝利の二次会。




某所で祝勝会。

ナゴヤドームは本来なら今日で日程終了だったのですけど、岐阜の中止分があるため、もう1試合残ってます。24日に発表されます。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。