スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8回の攻防がすべて

今日の試合は、タイトル通り、それだけです。

後、2番に起用された福地が5打数3三振、久々のスタメン起用もこれでは…ね。青木が4出塁しても繋がりません。

さて、10月6日の神宮の試合、とあるカープファンがこんな行動を行うとか


親愛なるカープファンの皆さんへ

「赤ヘルファンに告ぐ!! 今こそ声を上げよう!!」

「カープ球団の現状を憂う会」の○○・○○・○○です。
「燃えるようなファイトの象徴、水平線から力強く登る太陽だ。」
赤ヘルにはそんな思いが込められていました。しかし91年の優勝を最後に
チームはゆっくりとそして着実にその輝きを失っていきました。
今年、球団がいうところの「最後の切り札」が投入されたにもかかわらず、
チームは13年連続Bクラスに沈んでしまいました。我々がBクラスという屈辱を
強いられている期間は、何と常軌を逸したものなのでしょうか。
これはもはや看過できる状態ではありません。球団による我々ファンに対する背
信行為です。

・・・・まともじゃないだろ、この状態!! 例えば・・・・

1.プロ野球の球団は公共財です。カープファンにとってカープは誇りです。
当然のことながら松田家の所有物ではありません。その点を球団は
理解しているのか?

2.創成期に低迷していたカープの黄金時代の礎を築いた松田恒次オーナーの
「しばらく面倒を見るが、決して私しない」という発言と
現在までオーナーの世襲が続いている実態は、矛盾してはいないか?

3.12年に1度の日本一、6年に1度のリーグ優勝、2年に1度の優勝争いが
出来ないのなら球団経営の根本に問題があるとしか考えられない。
だから球団経営を抜本的に見直すべき。

このようにカープは球団として深刻な問題を抱えています。
そしてこの10何年の球団の動きからはそれと正面から対峙した形跡を
見出すことはできません。今、声を上げなければ、また2~3年後に
新しい監督に変わりそして失望するという不毛な状況が延々と
り返されるだけです。球団に問題解決のための真の努力を促すことは
「悪」ではありません。カープという球団を真っ当なものにする、
その為にはたとえ小さな一歩でもまずはファンが立ち上がり、
その思いを表わさないことには何も始まりません。今こそカープファンとして
赤ヘル魂の心意気が問われる時なのではないでしょうか。

・・・負のスパイラルに陥っているカープを救うのはファンしかいない!・・・

<ファンが立ち上がる日>
10月6日(水曜日)対スワローズ戦(神宮球場外野席レフト側)
抗議メッセージボード(縦60cm・横60cm以内、手で持つ形状のもの)を掲げます。

抗議行動における注意点
1.暴力厳禁
2.アルコール厳禁
3.他者の人格への攻撃厳禁

思い思いのメッセージボードを各人持ち寄り、カープ再生のために
カープ球団に抗議しましょう。ファンにはしがらみがありません。
ファンだからこそしがらみ無く、正論を吐けるのです。

興味がある方は、XXXXXXXX@XXXXX.XXXまでご連絡ください。

カープ球団の現状を憂う会 発起人
○○ ○○ 
○○ ○○
○○ ○○
(メールアドレス、名前部分は伏字にしてます)



カープファンのブログ等でも紹介している所があるので、そちらをご参照ください。

個人的、というよりスワファンとして悪いですけど、神宮ではなく、

やるのなら自分(マツダ)とこでやれ!

と否定的見解をさせてもらいます。第一抗議をした所で、目の前で試合をしている選手に失礼です。

マスコミ、メディアに取り上げてもらいたいという発想自体が、また地元では黙殺されるから東京でと云うのも、邪な考えです。

では神宮で行ったとして、内容が伝わるのでしょうかね。去年の9月、マリンスタジアムでもスタンドでマリサポの某団体が抗議活動してましたが、共感を得られましたか?
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。