スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野洸貴外野手

東京ヤクルトスワローズ育成枠1位で指名された神奈川大学、北野洸貴外野手(現在人間科学部4年)の画像です。




11月3日、ハマスタで行われていた第6回関東地区大学野球選手権大会(第41回明治神宮野球大会出場決定戦)時のもの。流通経済大戦の試合の様子。バットを短く持って振ってましたね。

ハマスタには7日にアメフトで来ていたのですけど、その4日前も実はハマスタ(この日はマリンとのダブルヘッダー)に来てました。




打撃フォームを後ろから撮影。ちなみにこの日は、1番センターで出場、4打数0安打も守備の方で1刺殺してました。

試合の方は流経大に勝利して、今秋の神奈川大学リーグ2位から、7年ぶりの神宮大会出場を決めました(7年前出場時は現千葉ロッテ荻野忠寛が居た)。




そして、神宮大会1回戦、中四国大学リーグ代表の環太平洋大(来春センバツ出場が濃厚な創志学園が母体)との試合前の様子。環太平洋大、初めて聞く方も多いかと思います。2007年に創立してまだ4年目ですからね。しかし大層な大学名ですよね。略称として「IPU」と呼ばれているそうです。神大応援団のエール交換時の学校名も「IPU」と言ってました。




正面から撮影。ハマスタ同様、1番センターで出場、4打数1安打1四球1盗塁1得点でした。2度好機の場面での打席がありましたけど、いずれも凡退だったのは残念でしたか。前回のハマスタと違って、足を見せてくれました。

試合は、2-3で1点を追う9回表、二死満塁から4番の足立のサードゴロがエラーを誘い、同点に追いつき、さらにファーストが本塁送球した際、キャッチャーが本塁へ向かう走者の進路を妨害したとして、走塁妨害を取り、逆転に成功し、逃げ切りました。ちなみにこの試合、環太平洋大の3点はすべて同一打者の3犠飛、神大の4点はホームランと相手エラーに妨害とタイムリーが1本も出ない試合でした。

環太平洋大は、試合前の守備練習が雑で、試合中も捕球にもたついたり、送球も安定していないなど、守備が安定しない印象がありましたけど、最後の最後で響いた格好になったと思います。また、9人のうち6人が左打者で固めており、神大の右先発1番手の木村は打てていたのですけど、9回に登板した3番手の左腕投手には全く自分のスイングができず、攻守の面で荒っぽさが残るチームでした。




試合後、北野選手に写真撮影をお願いした所、快く応じてもらえました。笑顔が良いですね。

またサインも頂きました。ありがとうございます。

2試合見させてもらいましたけど、今の所、打撃には課題があるものの、守備と足は見る所がありましたね。レベルアップしてもらって、是非とも育成枠から這い上がり、支配下選手になって欲しいですね。ひいき目になってしまいますけど、私の出身校の後輩でもあるので、なおさらです。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。