スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神宮のスタンド改修と打線構想

神宮に「マス席」4~5人でゆったり観戦

 ヤクルトの本拠地・神宮球場が年明けから内野席の改修工事を行い、4~5人用の「マス席」新設を検討していることが29日、分かった。関係者は「ゆったりと試合を見られる、ワンランク上の環境を作ろうという話になった。スペシャル感を出したい」と説明。今季の観客動員数がリーグ5位と低迷しただけに、新たなファンの獲得を目指して斬新なアイデアでアピールしていく。

 靴を脱いで座布団に座り、ビール片手に相撲…じゃなくて野球観戦なんていかがですか? 昨秋から議論を重ねてきた神宮球場バージョンアップ計画が、ついに動き出した。関係者によると、内野スタンド一、三塁側ベンチ上付近の約200席を120席程度まで減らして、4~5人用の“マス席シート”や、2人用の“カップルシート”などを設置。また、観戦特別グッズのプレゼントも検討していくという。

 年明けから着工。急ピッチで工事を進め、オープン戦期間前には完成させる予定だ。球団側も現在はスポンサーを募っている状態で、シートの名称や金額などは未定。関係者は「せっかく改修するのだから、たくさんのファンの方に見ていただきたい」と動員増に期待している。今季、神宮で最も高いS指定席は4500円。目玉シートにするためにも、可能な限りリーズナブルな価格で提供したい意向だ。

 こうなると選手も、うかうかしていられない。ふがいないプレーをしようものなら、罵声とともにメガホンではなく、座布団が投げ込まれるかも…。10年ぶりのリーグ優勝へ、相乗効果を生み出せるか。
(スポーツ報知)

ヤクルト神宮ボールパーク計画シート新設

 プロ野球ヤクルトのホームで大学野球の聖地、神宮球場に「ボールパーク計画」が浮上した。12球団では甲子園に次ぐ歴史を誇る球場が、来春の開幕に合わせて内野スタンドの改修を目指していることが29日、分かった。一、三塁側スタンドに、ファミリーシートや、カップルシート(仮名)を新設するプランで、来月にも着工する見通し。

 完成すれば、1926年(大15)に誕生した神宮のスタンドが、大幅にリニューアルされることになる。構想は一、三塁側スタンドの中段にそれぞれ約60席ずつ、机つきのプライベート空間をつくるもの。カップル用の2人席から、ファミリー用の4人席、5人席を予定。ヤクルト関係者は「詳細についてはこれからですが、前向きに検討しています」と話した。

 同様の席はこれまでKスタ宮城、マツダスタジアムなどの新興球場を中心に誕生したが、来年86年目を迎える歴史深い球場に誕生すれば画期的だ。神宮では春秋の東京6大学リーグ戦も開催。完成すれば同リーグの試合でも使用する方針で、大学野球界初のカップル席&ファミリー席の誕生になる。

 今季ヤクルトのホーム入場者数はリーグ5位の133万2928人だった。東京6大学連盟は日本ハム斎藤佑樹投手(22=早大)が卒業する来春以降の観客動員に向けて、活性化委員会を設立した。12球団トップクラスの立地条件を誇る神宮のスタンド改修は、観客増へ、ハード面の新サービスになる。ビールやお弁当を手に、仲間と一緒にゆったり試合観戦。ファンにとっては、来春以降の大きな楽しみになりそうだ。
(日刊スポーツ)

来季はAKB打線ヤ 小川監督が来季構想

 ヤクルトが来季、「AKB打線」でV奪回を目指す-。小川淳司監督(53)の構想では、1番に青木(A)、2番に川端か川島慶(K)、そして3番はチームメートにその風貌から「BOO」と呼ばれ、グラブなどにもそう書き込んでいる畠山(B)が並ぶ。キャンプ終盤からオープン戦にかけてテストする。

 小川監督は来季のオーダーについて、「青木は1番打者が一番いい」と固定する考えで、3番も昨季、ひと皮むけた畠山を起用することが濃厚。問題は2番だが、急成長中の川端が第一候補。川端はバントが得意な上、左投手も苦にしない。2番打者も十分にこなせるとみている。一方で、右ひじ手術で、不本意な1年を過ごした川島慶のパンチ力も魅力。故障はほぼ完治。2009年に12本塁打の長打力を生かすため松山秋季キャンプでは意欲的に遊撃の守備練習に取り組んだ。

 川端か、川島のいずれかが2番になれば、昨季の2番の田中を5、6番に置き、ポイントゲッターとして活用。打線に厚みを増すことができる。小川監督は「田中はサインなしで打たせると併殺になる可能性がある。本当は2番は左打者がいい」とも話した。

 青写真通りなら「AKB打線」が完成する。数々の伝説を残しつつあるAKB48のように、球界に大旋風を起こしたい。
(中日スポーツ、東京中日スポーツ)



スポニチとサンスポは、青木視力回復を目指す記事があり、サンスポだけにはバーネット再獲得という記事もありましたが、注目はこちらですかね。

報知と日刊、表現は違いますけど、少なくとも内野席の一部を改修し、新しい席種を設けると云う事です。ただ、今から3カ月で完成するのでしょうかね。ハマスタのバックネット裏にあるベイブルーシートもそのくらいで完成しているので、考えるほど難しい事ではないのかもしれません。

AKB打線、青木の1番は動かしたくのは分かりますけど、仮に青木が凡退した際、2番の川端と慶三では浩康よりも打撃に安定感がないので、2アウトランナーなしになる可能性もかなりある事を承知して欲しいのですけどね。青木が必ず出塁する、しているという前提はしない方が私は良いと思っているものですから。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。