スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対応の悪さが

ヤクルト、神宮の4月ナイター見送り セ・パ同時開幕にらむ

 ヤクルトの鈴木正球団社長は23日、文部科学省などから22日に改めてナイター自粛を要請されたことを受け、4月中は本拠地・神宮球場でのナイター開催を行わない考えを示した。

 「(関係省庁から)指導を受けたことを覆すことはできない。それを前提に作業をしている」と話した。

 神宮球場では4月から六大学と東都大学のリーグ戦が始まるため、日中開催に制約がある。鈴木社長はすでに両大学連盟と試合開始時間の変更などについて折衝を始めたことを明かした上で、「(神宮で開催できない場合の)地方球場のあたりもつけている」と話した。ロッテの本拠地・QVCマリンフィールドなどパ・リーグの球場も選択肢に入れるという。

 セは29日開幕と4月5日以降について節電しながらのナイター実施を決めたが、文科省の再要請により24日に2度目の緊急理事会を開く事態となっている。ヤクルトは以前から開幕延期を希望しており、鈴木社長は「(セ・パ同時開幕を)英断する最後のチャンス」と主張した。
(サンケイスポーツ速報)

<大学野球>東六、東都日程変えず 神宮球場

 プロ野球のセ・リーグが文部科学省から東北・東京電力管内でのナイター自粛を要請されたことに関連して、ヤクルトの本拠地・神宮球場を使用する東京六大学、東都大学両連盟は23日、ヤクルトの事情に合わせて春季リーグ戦の日程を変えることはないとの方針を明らかにした。

 東六は4月9日開幕予定。連盟の内藤雅之事務局長は「福島第1原発の影響などが予測しきれないこともあり、日程の変更が絶対にないとは言えない。ただ、プロのナイター自粛が、変更の理由にはならないだろう」とした。

 4月5日開幕予定だった東都は、大震災を受けて日程発表を延期しており、今月30日に理事会・監督会を開き、開催の可否も含めて最終決定する。連盟の白鳥正志事務局長は、「加盟大学の選手は全員無事で、被災した実家の人々などからは『元気なプレーを見せて』という声が寄せられている」といい、リーグ戦実施に前向きだが、プロのナイター自粛問題については「球場側から協力を要望されれば、理事会・監督会にはかる。だが、球場を移れと言われても困る」と話す。

 神宮球場は戦前、東京六大学連盟が中心となり建設された。大学のリーグ戦期間中は、土~水曜日は東六、木、金曜日は東都が優先的に使用し、主に日中に試合を行っている。
(毎日新聞)

ヤクルト神宮どうしよう…松山代替も

 ヤクルト鈴木正オーナー代行兼球団社長(69)が22日、神宮の代替ホームゲーム候補地に、秋季キャンプを行う松山・坊っちゃんスタジアムを挙げた。この日、関係各省庁からナイター自粛要請を受けたことで、ヤクルト本社で堀オーナーらと約2時間半、今後の対応を協議した。

 神宮は昼間、週末は東京6大学連盟、平日は東都大学連盟が使用している。戦前からプロより先に東京6大学が使用してきた歴史背景からも、ナイター禁止ならば、即デーゲーム移行とはいかない事情がある。

 ナイター開催ができない場合、同社長は(1)神宮で未開催の試合をシーズン後半に回す(2)各大学連盟と協議をした上で、神宮でデーゲーム開催(3)地方開催の3点を挙げた。地方球場の候補地は試合経験がある地とし、「松山ももちろん候補になる」と説明した。

 今季松山では5月に2試合を予定している。地方開催は移動費など経費がかさむことなど、実現へのハードルは高い。早速「いろいろ球場を模索するように」と指示は出したが、「各球団、各地に手を出している。(松山も)もうみんなかなり手を付けてるんじゃないの」と、争奪戦も起きているようだ。球団としてはこれまで同様、セ、パ同時開幕を訴えていく方針で「節電しろという発想から、ナイターやめてくれとなったんだから」と対応に追われた。
(日刊スポーツ)



現時点で分かる事は、4月行われる神宮はすべてデーゲーム、ということになりました。ただ、2つ目の記事でお分かりの通り、六大学、東都の両リーグとも日程の変更はしないということなので、デーゲームの実現は厳しいのが現状。強いていうなら、プロ併用日の10時半開始を1時間半早めて9時開始、第2試合開始を11時半開始(いずれも延長なし)にして、プロ野球は14時半または15時開始にするくらいでしょうか。電力需要のピークである18時から19時に終了時間がかかってしまう可能性があるもナイター照明は使えない。

次に、代替開催となりますが、サンスポに記載しているQVCマリン、同球場での主催となれば6年ぶりとなりますけど、千葉ロッテの日程を見ると、被らないのが、4月12日以降の試合(それ以前の神宮の試合では大学野球側との調整は不要)では15日から17日の横浜3連戦のみと19日からの中日、26日からの讀賣各3連戦の開催は不可能となります。

そこで、地方開催となりますが、日刊の記事通り、経費面での問題があり、例に挙げている松山だと、中日戦なら都合は良い(次はマツダなので)のですけど、讀賣だと28日がナイターで組めない(讀賣は29日からハマスタ、おそらくデーゲーム)、松山では日程面(基本的に広島以外への移動は飛行機)で厳しいですか。中電管内の静岡又は長野・松本の方が負担は少なそうです。

選手会側も144試合戦うので、日本シリーズが延びてもかまわない姿勢を見せており、現実に出来ないと判断されれば、4月の神宮の試合は中止にした方が良い感じもします。

でも、セリーグの某球団の3バカトリオのおかげで、政治介入による日程の見直し(させたのも3バカトリオ)をさせることになろうとは、世論を形成させている業界人の割に、自らに対する世論へは何も感じないとは、なんともはや。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。