スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村中にアクシデントも

6-2

昨日のスコアと逆にしての勝利です。

今日の先発は村中でしたが、右わき腹痛を訴え、わずか14球で降板。軽度の腰痛と云う事で、一度抹消し、再び再登録、満を持しての先発だったはず、なぜこうなってしまうのか?最初から状態が良くなかったというのなら、選手自身の自己管理、またトレーナー等の異変察知力等、問題ありです。

急遽二死一塁から2番手松井光介がマウンドで、初球を新井貴に2ランを浴びてしまいますが、これは肩が出来あがってなかったと云う事で仕方ない部分もあります。初球に2ランを打たれたのが逆に良かったのか、それ以降4回まで安打1本、四球1つと危なげない内容。5回に1死から林威助にヒットを打たれた時に、足をつった為降板することになりましたけど、松井光がスクランブル登板で試合を建て直した事が大きかったと思います。また3番手久古、4番手押本、5番手松岡、最後はバーネットもそれぞれが仕事してくれました。

初回に2点を先制されたものの、2回にバレンティンの右中間へのソロと青木タイムリーで同点に追いつき、5回には宮本のタイムリーで勝ち越しに成功、7回には代走福地の二盗(リーグトップの7個、しかし10打数0安打)後に畠山のタイムリーと続くバレンティンが2本目となるライトへ8号2ラン(浜風があったら、ライトフライだったでしょう)と畳みかける攻撃で試合を決めました。




スタメンオーダー。ホワイトセル、バレンティンは1行で収まっているのに、スタンリッジはなぜか2行表示。カタカナで共に6文字同士なのに、何故なんでしょうね。




7回表、バレンティンの2ラン時のもの。ジェット風船が一部フライングしてしまう程、良い攻撃でしたね。




勝利でベンチに戻る様子。




勝利の二次会、やさしい西日が勝利を祝福してくれているようで心地よかったです。




簡易な祝勝会を開き、帰浜しました。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。