スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年連続

館山の危険球退場

というアクシデントがありましたが、松岡、久古、押本、バーネット、林昌勇のリレーで

3-1

で勝ちました。




均衡が破れたのは7回表、宮本のライト戦へのツーベースで好機をつかみ、続く藤本が右中間オーバーのタイムリースリーベースで先制、代走野口を用意し、相川がレフトのへの犠牲フライ、やや浅かったのですけど、野口の快走で、楽々ホームイン、2点を奪います。




9回表には、代走福地が2塁盗塁を決め、宮本が狙いすましたレフトオーバーのタイムリーツーベースで3点目、試合の趨勢を決めました。




林昌勇は、松中にソロを打たれましたが、逃げ切り。




ヒーローインタビューは藤本でしたけど、宮本の攻守に渡る活躍は見逃せません。ヤフードーム、ビジターチームでも場内に流すのですね。以前はテレビ用だけでしたけどね。




ちなみに2年連続、交流戦のヤフードームでセのチームが勝ったのは我が東京ヤクルトだけでした。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。