実質のタイムリーなし、でも

7-3

広島の自滅という見方(特に2回は)もありますけど、7点も取れるものなんですね。

7点の内訳は

1点目…1回無死3塁から浩康、ショートゴロの間
2点目…2回無死満塁から増渕、押し出し四球
3点目…2回無死満塁から青木、セカンド内野安打
4点目…2回無死満塁から浩康、押し出し四球
5点目…2回一死満塁から畠山、サードゴロの間
6点目…9回無死2・3塁から野口、ショートゴロの間
7点目…9回一死3塁からバレンティン、ライトへの犠牲フライ

タイムリーは内野安打が1本だけで、実質のタイムリーは生まれていないのですけど、なんともイヤらしい取り方とも言えますかね。

先発の増渕は毎回のようにランナーを出すも5回3失点、なんとか5回まで投げ切れた感があります。2番手の渡辺が三者凡退と好投、試合を落ち着かせることに貢献し、今日の登板した投手陣の中では1番でした。久古、バーネット、林昌勇とも走者を許す(特に林は満塁の一打同点のピンチに)ものの、相手の拙攻に助けられました。

マツダ遠征は2勝1敗と勝ち越し、ビジター6連戦は3勝1杯2分けと十分な結果で終えることになりました。

さて、週明けはすべて主催試合ですが、明後日は今季4戦目となる静岡、水木が神宮、土日が秋田と地方試合の週になります。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる