スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

館山対吉見

セ・リーグでは防御率共に1点台、1位と2位の対戦とあって、ロースコアの試合になるかと思いきや

館山 6回3失点(自責点2)

吉見 5回5失点(自責点3)

と予想外(!?)の結果に。

吉見が降板した後の6回〜8回まで、中日中継ぎ陣に踏ん張られ、9回森野に同点に同点弾を浴びてしまい、裏も浅尾に完璧に封じ込まれ、苦しい試合となりましたが、延長10回に相川のサヨナラタイムリーで連勝を果たしました。




1-3でリードされた4回に畠山の同点2ランで追い付いた所。この一発で吉見を崩すきっかけになったのは大きかったです。




二死満塁から相川がライトへのサヨナラタイムリー。浅尾の2イニング目を上手く捕まえましたかね。最後に打たれたのは岩瀬だったのですけど、敗戦投手はサヨナラのランナーを許した浅尾となっています。




ヒーローインタビューは相川。9回表で終わってないといけなかったと反省のコメントを言ってましたね。

22時を回っていたためか、音声のボリュームを少し下げてました。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。