スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは先勝

モバプロプレゼンツ・クライマックスシリーズ・セ・ファーストステージ、「東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ」1回戦は、

3-2

4回表に読売に先制を許すも、5回に同点に追いつき、6回に2点を勝ち越し、最終回に1点差とされるも逃げ切りました。

先発の館山は、それほど調子が良くなかったと思います。良い時なら初回の坂本、4回の古城に粘られることなどなかったでしょうからね。それでも、4回に先制されさらに1死1・3塁、5回無死2塁のピンチを凌いだ訳ですし、粘りの投球でした。6回からは村中、序盤から準備してましたし、館山の出来から見て出番はあるかもなと見てました。その村中、6回の先頭小笠原と9回の大村以外走者を許さず、これが6回の勝ち越しにつながったと思います。

打者では、5回は2死無走者から森岡、相川と藤本で同点、6回は1死満塁から宮本犠飛とバレンティンがつまりながらもセカンド頭上を越すライト前タイムリーで2点勝ち越し、長打は出ずとも3点を奪いました。少ない好機でキッチリ得点できたのは大きかったですね。

一方の読売は、澤村に代打は同点のままではダメなわけですし、勝ち越していたら、展開も違ったでしょうから、結果論でしょう。ただ、8回に東野は、失礼ながらシーズンの開幕投手を務めた投手に敗戦処理させるんだと言うことで判断しました。








スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。