スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5点差をひっくり返した

球場に着いた時点で、0-4。さらに辛い新井弟にソロを浴び、0-5。

いくら苦手意識はないガスタンク1号能見とはいえ、ちょっと厳しい展開でしたが、4回にバレンティンの3ラン、直後に1点を取られますが(バレンティンの攻めた守備故、仕方ない)、中村のプロ初本塁打で再び2点差としたなった所から、もしかしたらという気持ちが出てきました。

7回には宮出のスワローズ復帰後初ホームラン(2007年9月5日の広島戦青木高以来)で1点差とすると、1死1・3塁からミレッジのタイムリーで同点に追い付きます。

8回のピンチはミレッジのダイビングキャッチで凌ぐと、直後の裏で平野のタイムリーエラーでついに勝ち越し、最終回はバーネットが3人ピシャリ(この日の阪神は、最終回以外毎回安打)、7-6の逆転勝ちで終えました。

ヒーローインタビューはプロ初勝利となった山本哲と比屋根の共に初のお立ち台。比屋根の3塁走塁は紙一重のプレーではありましたけど、良く走りました。

後、記録的な事で言うと、この試合の敗戦投手はバレンティン(ホームを踏んだのは、第走となった比屋根になりましたが)へ実際に四球を許した渡辺亮ではなく、福原。この場合、四球が記録されるのがプロ野球規則で福原※とされる為です。レアケースの敗戦投手と言えるでしょうね。

(※2ボール目を投げたのが福原だった為)







スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。