マートンのおかげもあって

得点自体は7点奪えた訳ですけどね。7回の畠山が打ってれば、展開は変わったかもですけど、今日は流石に投手陣でしょう。

14四死球はお話になりません。特に試合前.160の小宮山に対して4四球って…。

この打率は、基本的にプロとしての打撃技術が足りてない事を意味していて、ストライクゾーンをキッチリ投げておけば、少なくとも4出塁を許すような打者ではないはずなんですけどね。後、一昨日追浜で投げていた平井(結果敗戦投手)を投げさせるのは良いのですけど、何故同点の5回からの登板なのか、起用法もどうかと。


いくら野手陣が戻ってきても、投手陣が安定してこない限り、打線頼みの試合は続きますね。
スポンサーサイト

テーマ : 東京ヤクルトスワローズ
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる