スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後のスワローズに

影響があるのかどうかわかりませんけど、我が東京ヤクルトがキャンプを行っている浦添市の市長選挙で、新人候補が現職候補の4選を阻んだそうです。



浦添市長選、松本氏が初当選 若さ武器、無党派層支持

【浦添】任期満了に伴う浦添市長選挙は10日投開票され、新人で元NPO法人代表の松本哲治氏(45)=無所属=が1万9717票を獲得、新人で前市教育長の西原廣美氏(65)=無所属、自民、社民、社大、民主推薦=と、現職の儀間光男氏(69)=無所属=を破り、初当選を果たした。政党に頼らず、若さを武器に「市政のリニューアル」を掲げた松本氏は、無党派層から支持を得た。投票率は63・3%で、前回(64・78%)に比べ、1・48ポイント下回った。
 
松本氏は1万6997票を得た西原氏に、2720票の差をつけた。儀間氏は1万5501票だった。選挙の争点になった、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設は見直しを求める。
 
今選挙は軍港移設のほか、米軍牧港補給地区(キャンプ・キンザー)沖合を埋め立てて、産業振興を図る市西海岸開発事業の手法、待機児童解消などの子育て支援策が争点となった。

松本氏は軍港移設を「現実的でない」とし「県や那覇と連携し、移設なき返還を目指す」と主張した。西海岸開発は埋め立てを終えた第1ステージ以降は、自然海岸を観光に活用するため「海岸を埋め立てない」との方針を示していた。若さを前面に、市政刷新を訴えたことが浮動票の獲得につながった。

浦添市の当日有権者数は8万3533人(男性4万173人、女性4万3360人)。
(琉球新報より)



沖縄県内2番目の人口を誇る浦添市で、現市長や政党推薦候補者に勝ったのですから、凄いですよね。

ただ、弊ブログは、政治について語る所ではないので、背景についてどうこう書くことはしませんけど、現市長だった儀間氏、公示前だったので、歓迎式や協力会主催の選手との交流会にも出席されていたのが、ブログでアップされてましたね。敗れたことにより、支援体制がどうなるのか。

まぁ、新市長が野球に理解が全くない方ではない限り、浦添撤退という事はないとは思います(キャンプ地を決めるのは球団側ですし)が、とりあえずキャンプ中に挨拶には伺うことになるでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 政治・地方自治・選挙
ジャンル : 政治・経済

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。