スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島ディアーズ、今季限り

<アメフット>鹿島、活動停止へ 会社側が支援断念

 アメリカンフットボール社会人Xリーグに所属する「鹿島ディアーズ」が、今年度限りで活動を停止することになった。会社側の支援打ち切りのためで、鹿島建設の中村満義社長がチーム側に意向を伝えている。

 鹿島ディアーズは89年に創部し、日本選手権(ライスボウル)を2度制した。同社広報室は支援断念の理由を「創部から四半世紀経過し、一定の成果を上げて日本のアメフット振興に役割を果たせた」としている。今月7日、中村社長がチームの新年度初の会合で会社支援断念をチーム幹部や選手らに報告したという。

 アメフット部は選手全員が社員で構成されており、チーム存続を模索するものとみられるが、クラブチームとして再出発しても支援しないという。
(毎日新聞)



鹿島は日本のアメフトでは強豪チームだけに、衝撃的な発表となってしまいました。

チーム存続としては、近年の例で2008年にオンワードオークスが相模原ライズ(現・ノジマ相模原ライズ)となって活動してますけど、新しいスポンサーを見つけることができるかどうか。日本ではすそ野が広がっていないスポーツゆえ、道のりは厳しいものがありますけど、良い方向に持って行ってほしいです。

怖いのは、同じ実業団チームのパナソニックインパルスと富士通フロンティアーズの連鎖反応を起こしてしまう事ですかね。特にパナソニックは本業が不振でもあり、昨年度で支援を打ち切ったスポーツもありますしね。

先月は法大・青木監督が1年間の資格はく奪処分を受けるなど、暗いニュースが目立ってしまってます。
スポンサーサイト

テーマ : アメリカンフットボール
ジャンル : スポーツ

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

ジャン

Author:ジャン
横浜在住のスワファンです。
2010年代はスワローズの年に。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター
無料カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。